見出し画像

【note初投稿】持たざる者の命と使い道

むつ

こんにちは。むつです。


noteに言葉を並べるのは初めてです。

初めてはこの瞬間だけですから、特別な気分でいて。難しい顔でしばらくパソコンを覗き込んでいました。

とはいえ個人的なブログは既にあるので、まっさら、ではありません。

兎も角。いたずらに黒歴史を増やすのもシャク。まずは「#初投稿」で様子を見ました。

傾向としては、自己紹介に、ヒストリー紹介。そんなところでしょうか。


「なるほど」


そう頷き、真似して書き出せばよいのです。何も問題はありません。ですが、それができません。陳腐に聞こえるかもしれませんが、私は「大多数と同じ」を、良しとしません。それはもう「無意識に」です。

もし、私がプロフィールを真剣に書いたとして、誰が「読みたい」と、思うのでしょう?

そう思えてならないのです。

なにかに挑戦し、成し遂げたわけでも、強烈なコンプレックスがあるもわけでもありません。

気がつくと、暗くてジメジメした路地裏のような文章を書き、感傷に浸るのがオチです。

ですから、どこで、どれくらい、どんな頻度で、文章を残していくかはわかりません。けれども、少しでも、興味を持ってくださったのであれば、これから生み出される言葉一つ一つから「むつ」という一人の人格を、味わっていただけたらな、と。

そう思う次第です。


そんな私にも、一つだけ目標があります。

「プロの言葉使い」です。

ここでのプロとは、ライターさんや作家さんなど職業という意味ではなく、「言葉に、文章に、命を懸ける」人のこと、です。

どうしたらなれるのか。

そんなことができるのか。

わかりません。

今はまだ3流以下の身。

でも、目指さずにはいられないのです。

いつか、誰か一人「私の言葉」を「読みたい」と、心の底から願い、求めてくれたのなら、こんな幸せなことはありません。


これから、淡々と。

日々、「言葉」と向き合って参ります。

どうぞよしなに。


▼エッセイ本のようなもの作りました。



この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
むつ
一般人。