見出し画像

こち亀の街

4月21日の「おもしろい警察の採用募集ポスター」の原稿を読んで感化されたわけではないが、『週刊少年ジャンプ』で1976年から連載された警官ギャグマンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の銅像がたくさんたてられている町を紹介したい。

それは、主人公・両津勘吉が勤務する交番がある東京都葛飾区亀有。

その亀有には駅を起点として、いくつかの「こち亀銅像」がたてられているのだ。なぜ「亀有公園前派出所」を起点としていないかというと、実は「亀有公園前派出所」というのは存在しない架空の派出所だからである(ちょっとショック)。

あ

以前、亀有で打ち合わせをした時に、駅の南口で両さん・中川・麗子の像が迎えてくれたので、思わずテンションが上がってしまい、写真をパチリ。


これは2016年に連載40周年を記念して作られた「ようこそ こち亀の街へ! 両津・中川・麗子がお出迎え!像」で、命名は著者の秋本治先生ご本人。


ぱっと見には繊維強化プラスチック製に思えなくもないが、れっきとしたブロンズ製! 秋本先生たっての希望でカラー化が実現したそうである。しかし、「両さんのホルスターの拳銃を抜けるように」という先生からのリクエストは、盗難の恐れがあるため却下されたとか……。

あああ


三人の足元にさりげなくいるのは、大原部長。しゃがんで顔を確認しないと、なかなか分からない。

ああ


駅の北口には両さんの像。これは連載30周年を記念して2006年に作られたもの。

ああああ


亀有には仕事の打ち合わせで訪れただけだったので、見れたのはここまで……。
ただ、「こち亀銅像」自体は大小合わせて15体もあるそうなので、機会があれば再び彼の地を訪れて、全制覇を目指したい!




累計100万部突破!あなたの街もきっとある!北海道から鹿児島まで、全国各地のあんな問題やこんな問題を一刀両断!地元民も知らない新たな街の一面も!

大人気地域批評シリーズ!のホームページはこちら ↓

https://chiiki-series.jp/





この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご丁寧にありがとうございます!これからも宜しくお願い致します。
地域本!チイキマニアクス【マイクロマガジン社第一編集部】
累計100万部突破の地域批評シリーズ『これでいいのか〇〇』の情報や作成の裏側をお届け! 熱意ある面白くかっこいい本の新規企画も続々構想中です!