見出し画像

「mm(ミリ)」とSNSと、女性美容師と。

最近、女性美容師さんがますますパワーアップしていますよね。今回は大人気スタイリング剤「mm(ミリ)」の開発やプロモーションに携わっている4名の女性美容師さんたちが夢の競演!4人それぞれのリアルなサロンワーク&トークセッションが繰り広げられました!

第1部 「眉毛を出したいキッカワさん、ロングをばっさり!の赤井さん」

第1部はCocoonのキッカワミワさんと、joemi by Un amiの赤井希望さんが登場。カット&スタイリングと、アイロンワークを披露してくれました。

キッカワ 頭の丸みに合わせてマッシュショートにカットします。ノンブローで簡単に再現できるスタイルを作ることを心がけています。

画像1

赤井 私もブローはしないです!乾かすだけでできるスタイルのほうがいいですよね。最初はシザーでアウトラインを作り、レザーで量を取って長さを調節していきます。

画像2

キッカワ このモデルちゃん、眉毛が可愛いから出したい!!後頭部には丸みを出して、えり足が浮かないようにカットしていきます。

――お2人に質問です。サロンワークで大事にしていることは?

キッカワ お客様に居心地よく過ごしていただくことですね。お客様第一。

赤井 当たり前のことを当たり前にやる。自分が大切にしていることを崩さないことですね。

――女性美容師だからこそ言えるアドバイスを。

キッカワ 芯を強く持つことが大事だと思います。

赤井 女性が強いほうが、しっくりきますよね(笑)。

カットが終わり、ドライ&スタイリング。キッカワさんは「mm(ミリ)」のオイルモイストをつけてドライ。バターを手にのばして根元につけて完成。頬にかかる毛が可愛いスタイルになりました!

画像3

赤井さんはナチュラルに外ハネに巻き、「mm(ミリ)」のクリームバターを毛先につけてなじませました。「自分でも巻けるくらいがちょうどいいと思います。クリームバターがいい仕事してくれますね~ペタ毛でも髪がつぶれないんです!」

画像4

続いて2スタイルめ。キッカワさんはアイロンで巻いて雰囲気を変えました。「ロレッタ」のジェルを全体につけて完成!「デザインの幅を広げるために、コンテストに挑戦したり、SNSにヘアスタイルをアップしたり。いつも挑戦する気持ちを持つことが大事だと思います」

画像5

赤井さんは流行りの波巻きも入れながら、撮影用のアイロンワークを披露。「作品撮りは自分の感性を鈍らせないために必要なんです」そして、驚くべき速さでスマホで撮影をする赤井さん・・・!!(あまりに早くボタンを押す赤井さんに、阿形さんがびっくり!)

画像6

画像7

第2部「骨格を意識してカットした小池さん、クセを生かしてモードに仕上げた阿形さん」

第2部は、MINX銀座店の小池茜さんと、NORA Journeyの阿形聡美さんが登場。小池さんは骨格を意識したウェット&ドライカットを、阿形さんはウルフベースのモデルさんをモードっぽくチェンジさせました。

小池 まずはウェットカット。レイヤーを入れて、後ろはバイアスに取りながら切り進めます。アンダーの毛量や長さ、セニングがどれくらい入っているかを必ずチェックすることが大事です。

画像8

阿形 私はドライカットからスタート。サイドはディスコネにして、バックは水平ラインにカットして角を残し、モードな雰囲気にしようと思います。

画像9

――お2人に質問です。最近、心がけていることは?

小池 原宿店から銀座店に異動になった時、可愛いだけではリピートにつながりにくいことに気づいて・・・。確かな技術をお客様にしっかり説明することを徹底しています。

阿形 前髪カットです。アシスタントに、”前髪を切ってる時は話しかけないで!”って言っています。集中あるのみ!

小池 同感です!顔周りを失敗したら終わり・・・ですよね~

――SNSを通じて、感じることは何かありますか?

小池 だんだん自分と共通点が多い人が増え、新規の方でも最初から気が合うことが増えました。

阿形 SNSを好きになって、楽しむことが大事。もはやSNSは息をするのと同じくらいのことなんです!

続いてドライ&スタイリング。小池さんは「mm(ミリ)」のバターを中間から毛先につけました。

画像10

小池 MINX銀座店の店長から今は代表となり、数字のことも含め色々大変なことも多いですが、ある時、カットを学び直したのが大きかったです。

阿形さんはクセを生かして「mm(ミリ)」のトリートメントフォームをつけて完成!

阿形さんは2スタイルめでアイロンワークを披露。「mm(ミリ)」のワックスを毛先とトップにつけてなじませました。

画像11

第3部「女性美容師の強みと悩みを、みんなで共有~トークセッション」

最後は4人の女性美容師さんとトークセッションタイム。

――女性美容師の強みとブランディングについて

小池 お客様の失敗やうれしいことに共感できる「共感力」が強みですよね。

阿形 私は”エロ髪美容師”をやっていまして、異性をドキッとさせるヘアを得意にしています。それを追求したら、共感してくれる人が増えました。

――逆に男性美容師の強みは?

阿形 男性から可愛いって言われると素直にうれしいので、そこが強みですよね。私は男性に切ってほしいです!

キッカワ 男性のほうがハッキリ言ってくれる気がします。

――美容師を続けてこれた理由は?

キッカワ 周りの方たちの支えがあってやってこれたのだと思います。自分が必要とされることが増えるほど、もう続けるしかないという・・・(笑)

赤井 でもつらい時もありますよね。そういう時はお客様の顔を思い出したりします。

――家庭ができたら、どうしたいですか?

阿形 私はバリバリやりたい派。お客様との時間は大事にしたいです。

小池 まだわかりませんが、うちには週3~4日勤務の正社員もいますし、パートさんもいますから、色々ある選択肢の中から選びたいですね。

画像12

話はつきませんが、今回はこの辺でお開きに。「mm(ミリ)」をお客様とのコミュニケーションツールにしつつ、参考にしてみてくださいね!

ライター 森永泰恵

#ミリ #ミリ活 #大人にキレイと未知を #mmと日々 #ケアスタイリング #女性美容師




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
15
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。