見出し画像

こどもと旅をすること

今、娘とふたり、車で西へ向かう旅をしています。(詳しくは、インスタに日々アップしているので、そちらをご覧ください。)

娘が赤ちゃんのときから、取材旅には一緒にでかけていたので、それを「すごい」といってもらうこともありました。子どもと一緒に、それも母ひとりで旅することのハードルが高いと感じる方が多いようです。

私はというと、もちろん子どもがいることで、大人だけの旅やひとり旅とは格段に、できることや行ける場所は減るし、ストレスを感じる場面もあります。
要は、それでも旅に出たいか、それに尽きるのだと思います。

旅に出るからには、出来るだけのストレスを減らす。そのためには、自分はどんな場面でストレスを感じるのか、どんな状況が心地いいのかを考える必要があります。

今回、車での旅を選んだのも、ストレスを減らすことが大きな理由のひとつでした。

①子連れ旅の荷物の多さ!
子連れ旅は荷物が多い。洗い替えの洋服、オムツ、お菓子。そして、私はカメラ機材がずっしり。これをすべて担いでの電車移動は本当に大変。娘も歩いてくれるとは限らず、だっこをせがまれることがほとんどです。

②お昼寝どうする?問題
例えば、電車移動中。もしくは街中で。眠たくなってぐずっちゃうことも。0〜1歳児のときは、抱っこ紐でどうとでもなるけど、2歳すぎると体重も増えて腰が…!
車があれば、いつでもどこでも、自分の部屋と一緒に移動しているようなもの。長距離移動をお昼寝時間に充てると、静かなうちに高速も運転できるのでとっても楽チンです。(運転中に、おなかすいたー!おもちゃとってー!と駄々をこねられるのって、ものすごいストレス。)

そんなわけで、今回は車移動を選択してみました。これがものすごく快適です。

子連れ旅の私的tipsは色々あるので、気が向いたときにでもシェアしようかなと思います。


◉Instagramはこちら◉


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださって、ありがとうございます! いただいたサポートは、新しい働きかた&暮らしかたを模索する実験に使います。

素敵な1日になりますように!
6
Photographer based in Tokyo(⇄Matsumoto)✈︎everywhere 生活を感じる旅、暮らしのあれこれ、健やかな食&住が興味の対象。雑誌・書籍・広告・web媒体で撮影&執筆しています/ http://www.miyukishimizu.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。