見出し画像

旅先での思い出をきれいに残せるサービス「Flytographer」

わたしはFlytographerというサービスの、東京拠点フォトグラファーとしての撮影もさせていただいています。Flytographerチームメンバーとしての撮影を開始して、もう4年になるのかな。

Flytographerとは、旅行先でローカルのプロフォトグラファーに家族やカップル(もちろん一人旅もOK!)の撮影をしてもらえるサービスです。

在籍しているフォトグラファーは、普段から雑誌や広告でお仕事をしている方が多く、またポートフォリオ提出や面接が必要なため、Flytographerの基準を満たす、美しい写真と人柄を兼ね備えたフォトグラファーのみ。

普段は撮影する側の私ですが、いつか海外を旅行する際にはFlytographer を利用したいと考えていたのですが、ついに先日のLA旅で叶えてきました!

今回、利用を決めた理由は3つ。

1. 娘とあちこち旅をしてるのに、ふたりの写真がない。ほしい!

2. はじめてのFlytographerは、海辺の夕日での写真がほしい!と決めていた(=サンタモニカでの写真、最高かも!と思った)

3. ここ数年の葛藤が一段落したため、新しいスタートとして記念に娘とふたりで写った写真がほしかった。


ということで、撮ってもらった写真はこちら!!!

(Photographed by Bree for Flytographer)

もう、このサービスにフォトグラファーとして関わって4年という歳月が経過しているにもかかわらず、「東京にいながらにして世界中から来た人に会える最高に楽しい仕事」という、フォトグラファー目線での認識でしかなかったのですが、実際に写真を撮ってもらうという経験を通して、本当に本当に最高に素晴らしいサービスだと思うに至りました。

1. 撮影中からわいわい!
ローカルのフォトグラファーと待ち合わせをして、まだ慣れない街の中で写真を撮るのにぴったりな場所を案内してもらいながら撮影。
現地の人に会える機会ってなかなかないし、撮影スポットを知り尽くしてるから安心。(世界で散らばって活躍するFlytographerチームメンバーにはじめて会えたのもすっごくうれしかった!)
最初はもじもじしてた娘も、どんどん楽しくなってノリノリでした。
サービスの内容を理解している私ですら、とってもわくわく!高揚感!

2. 写真が届くまでのわくわく!
正直、写真を撮っている身なので、「この場所で、この光で、こう撮ったらこんな雰囲気で撮れるんだろうな〜」ってのは想像がつくんです。が、どんな表情を収めてくれてるのかは分からないし、なにより、娘とふたりで過ごしたサンタモニカでの楽しい時間を、写真という形で見ることにとってもわくわく!
「早く見たーい!」っていうお客さんの気持ち、よくわかりました笑

3. 写真を見返してはニヤニヤ!
旅先らしい背景で、楽しそうに笑う娘と私。これは、この旅を象徴するものだし、今まで娘の写真はたくさんあっても、ふたりで撮った写真が少なかった私にとってはとてもうれしいこと。しかも、何がうれしいって、自分の好きなテイストのフォトグラファーに撮ってもらえた写真だから!

そんなわけで、これまで4年も知っていた私にとっては当たり前のサービスを今さらご紹介したくなっちゃった、そんなnoteでした笑
(ちなみに私は次の旅行でも撮影をお願いするつもり♡)


ぜひ海外に行く予定のある方には利用してほしい!
http://flytog.co/m2eNCdNこのリンクから行くと、フォトグラファー割引があるのでどうぞ。
(CODE66815)


海外から東京にくる予定の方はぜひ私を予約してね♡笑

Flytographer Miyuki



2017年に「みゆきの東京案内」的に取り上げてもらった記事はこちら。

Miyuki’s Local Guide to Tokyo


▼Instagramには、LAで撮ってきた写真載せてます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださって、ありがとうございます! いただいたサポートは、新しい働きかた&暮らしかたを模索する実験に使います。

いい人すぎる(うるうる)
20
Photographer based in Tokyo(⇄Matsumoto)✈︎everywhere 生活を感じる旅、暮らしのあれこれ、健やかな食&住が興味の対象。雑誌・書籍・広告・web媒体で撮影&執筆しています/ http://www.miyukishimizu.com

こちらでもピックアップされています

旅と暮らしの交わるところ
旅と暮らしの交わるところ
  • 139本

OLから転身し、写真の道へ。結婚・妊娠・出産を経て、女性がライフステージや環境に左右されずに(もしくは、変化に応じて自由自在に形をかえて)はたらくことや暮らすことについて考えてきました。 私にとっては旅は、自由や刺激、新しい価値観に出会うこと。そして暮らしは、安心とリラックス、心地よさを守ること。その両方を味わうことのできる、旅と暮らしの交わるところに身を置きながら、自分の心にフィットする生き方を見つけて生きたいと願っています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。