新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

あの日があったから、今も希望をもって応援ができる。

2020年、ヴィッセル神戸は初めてのアジア(ACL)にチャレンジする権利を得て、既に開催した2試合は勝利している。そして、初めてのゼロックススーパーカップでも勝利し、既に美味しいお酒(祝杯)を仲間と交わした。2020年は期待いっぱい、楽しいことがたくさんある1年のはずだった。

Jリーグ開幕初戦、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、私たちは歌(チャント)や肩組みをやめ、手拍子だけで応援した。引き分けで試合は終わり、その後Jリーグは開催延期が決まった。

画像1


サッカーのある日常が失われた

期待いっぱいの今シーズンだったし、開催延期になってもイニエスタは神戸にいるし、サッカーの無い日常に慣れてきていることも少し辛い。選手がインスタライブをするのを見るのもいいけれど、やっぱり見たいのはライブ観戦。サッカーのある週末が、サッカーのある日常が、いかに幸せなことだったのかと感じるばかり。


それでもやはり、あの日のおかげで頑張れる

画像2

2020年の元旦。いつかこの場に立ちたいと思っていた、天皇杯元日決勝の国立競技場ゴール裏にわたしたちはいた。

2020年の初日を、あの国立競技場で。優勝を経験し、仲間たちと喜び、泣いた。

その時に感動を詰め込んで書いたブログは、たくさんの人に読んでもらった。みんなで喜びを分かち合った。


応援してくれるスポーツ

本当は試合が見たいし、日常に戻ってほしい。でも、あの感動を元旦に経験したおかげで「次に試合が見られる日まで頑張ろう」って思えるのです。#応援したいスポーツ であるのと同時に、またあの日と同じ感動を共に分かち合おうというように、私たちを「応援してくれるスポーツ」でもあるのかもしれません。きっとサッカーを見る日常がなかったら、こんなに穏やかに過ごせていなかったかもしれません。

今は何より、次に仲間と共に笑顔で(時には悲しい、辛い日もある)試合が見られる日まで、健康で過ごしていること。穏やかに暮らしてその日を待つこと。

その日がくるまで。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
どうもありがとうございます。
11
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。家事ラクで心地良い家、主婦・母目線で家族の暮らしから住まいをデザインしています。高校生兄妹、年子の母。家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。https://www.miyudesign.com/

こちらでもピックアップされています

サッカー観戦が好き
サッカー観戦が好き
  • 23本

息子が好きになったサッカーを一緒に観戦するようになって早数年。気づけば息子以上にサポーターになってしまったママ建築士のサッカー観戦に関するあれこれ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。