宮口和義(石川県立大学教授)

金沢市出身。身体運動学・トレーニング論を専門とし、規制概念に捉われず、常に新たな発想で…

宮口和義(石川県立大学教授)

金沢市出身。身体運動学・トレーニング論を専門とし、規制概念に捉われず、常に新たな発想で一般人の健康・体力づくりをサポート。またトップアスリートの競技力向上のために日々奮闘している。最近はYouTubeを活用し、体育教材動画の他、真宗大谷派住職として仏教に関する動画も配信している。

最近の記事

幼児期こそ運動遊びを!敏捷性の発達に好影響があります

皆さんこんにちは、石川県立大学教授の宮口です。主に「子どもの成長と人々の健康のための研究結果」ついて発信しています!今回は「幼児の反応時間と遊びとの関係性」についてお話します。 現代の幼児は「敏捷性」が鈍くなっている!?最近、幼児が転んだ際に手をつく反応が遅れ、上体を保護できず、頭や顔をケガしてしまうケースが多いことが報告されています。コロナ渦以降、この傾向は特に目立つようになりました。 とっさの場面で手足を伸ばして頭を保護したり、姿勢を安定させようとしたりすることを「保

    • 立ち幅跳びが上手だと他の運動能力や認知能力も高い⁉︎レベルアップの秘訣も紹介

      皆さんこんにちは、石川県立大学教授の宮口です。主に「子どもの成長と人々の健康のための研究結果」ついて発信しています!今回は、「跳ぶ運動の大切さ」についてお話しします。 「跳ぶ」より「着地」の動作を先に習得しないと大怪我しちゃう⁉︎自分の力で体を空中に投げ出すジャンプは、人種や文化の違いに左右されることなく2歳ごろに可能になると言われています。ただ、最初は「跳ぶ」というより「落ちる動作」に近いと言えるかもしれません。 「踏み切り動作」より「着地動作」を先に習得することは、ケ

      • 子どもは転んだ数だけ強くなれる!たくさん遊んで転んで運動神経をアップさせよう

        皆さんこんにちは、石川県立大学教授の宮口です。主に「子どもの成長と人々の健康のための研究結果」について発信しています!今回は、遊びの中で転んで覚えることの大切さについてお話しします。 1985年頃から子ども達の体力は低下傾向… 「今の子ども達は体力や運動能力が低下している」と言われています。 文科省が昭和39年から実施している「体力・運動能力調査」の結果からもこのことは明らかで、昭和60年(1985年)頃から長期的な低下傾向が続いているのです。 逆に言えば、この時代に子

        • 保育士さん必見!子どもの「投げる力」を伸ばすには5歳までの運動経験がキーポイント

          皆さんこんにちは、石川県立大学教授の宮口です。主に「子どもの成長と人々の健康のための研究結果」について発信しています! 今回は「投げる運動の大切さ」についてお話しします。 最近の子どもたちは「投げる力」が低下している「最近の子どもたちは体力が低下している」とよく言われますが、実際にそうなのでしょうか? 今の子どもたちとそのお父さん・お母さんが子どもだった頃の時代の体力の違いを比べてみたグラフがあるので一緒に見ていきましょう。 まずは身長・体重などの「体格」についてです。こ

        幼児期こそ運動遊びを!敏捷性の発達に好影響があります

          小学校の先生に伝えたい!縄跳びは子どもたちのスタミナだけでなく運動能力全般をアップさせます!

          皆さんこんにちは、石川県立大学教授の宮口です。主に「子どもの成長と人々の健康のための研究結果」について発信しています!今回は、子どもたちの運動能力アップが期待できる「縄跳び運動」についてお話しします。 すべての運動の基本は「〇〇」すべての運動の基本は「走り」です。速く・かっこよく走る子は運動能力が高いと言われています。また、子どもの走りは、体の使い方を少し修正するだけで大きく変化することもわかっています。 ところで、皆さんは「歩く」と「走る」の違いを知っていますか? 答え

          小学校の先生に伝えたい!縄跳びは子どもたちのスタミナだけでなく運動能力全般をアップさせます!

          幼少期に有効な「ラダー運動」とは?楽しいステップで運動能力アップを目指そう!

          皆さんこんにちは、石川県立大学教授の宮口です。主に、「子供の成長と人々の健康のための研究結果」について発信しています! 今回は、幼少期に有効な「ラダー運動プログラム」についてお話しします。 「子どもロコモ」って知ってる?2020年に行われた東京オリンピックでは、ベテラン選手に交じって若手選手の素晴らしい活躍がありましたね。しかし彼らはスポーツ界の超エリートであり、一般の多くの子どもたちや若者たちの体力・運動能力は、低下の一途をたどっています。 皆さんは「子どもロコモ」とい

          幼少期に有効な「ラダー運動」とは?楽しいステップで運動能力アップを目指そう!

          履き替えるだけで運動能力アップ!?スポーツ選手も注目する『草履サンダル』の効果とは?

          皆さんこんにちは!石川県立大学教授の宮口です。主に、「子供の成長と人々の健康のための研究結果」について発信しています! 今回は、人間の土台である「足」の力を育むことができる『草履サンダル』について紹介します。 草履サンダルとは?その名の通り、鼻緒がついた草履型のサンダルです。私は運動学を専門に研究していますが、そのなかで、草履が健康の維持・増進に効果的であることが分かりました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 研究成果を活かして、 スクールシ

          履き替えるだけで運動能力アップ!?スポーツ選手も注目する『草履サンダル』の効果とは?

          紙芝居で運動意欲アップ!?保育士と一緒に作った紙芝居が子どもたちに大好評

          皆さんこんにちは、石川県立大学教授の宮口です。主に、「子供の成長と人々の健康のための研究結果」について発信しています! 今回は、保育士と連携して制作した『運動遊び推進紙芝居』について紹介します。 現代の子どもたちの体力事情とは?遊び場や遊び仲間の減少、車での送迎など、子どもたちを取り巻く環境は大きく変わり、体を動かす機会が減ったことで子どもたちの体力は低下傾向にあります。 保育園でも「よく転ぶ」「転倒したときに手が出ない」といった子どもたちをよく見かけるようになりました。

          紙芝居で運動意欲アップ!?保育士と一緒に作った紙芝居が子どもたちに大好評

          【自己紹介】子供の成長と人々の健康のための研究結果+αを発信していきます。

           はじめまして。運動指導アドバイザーの宮口和義と申します。  石川県立大学 教養教育センター教授で、専門は身体運動学・体力トレーニング論です。  「子どもの姿勢を良くしたい」「スポーツがもっと得意になってほしい」、「アスリートのパフォーマンスを高めたい」「年齢を重ねても元気でいられるよう応援したい」など、子供の成長、そして運動能力の向上や健康に関して、私が今まで研究してきた内容を発信したいと思い、noteを始めました。 【略歴】  昭和39年 石川県金沢市生まれ 金沢泉

          【自己紹介】子供の成長と人々の健康のための研究結果+αを発信していきます。