マガジンのカバー画像

Anatomy Special Magazine

解剖学に関する記事を月に最低3記事更新していきます。 トレーナー及び運動指導者、健康に関する従事者が楽しめる内容となっております。 レベル的には通常ネットで調べるレベルとは一線を…
単発の有料記事を月に3本以上読まれるのであればこちらのマガジンに登録されたほうがお得です。 月額1…
¥1,980 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

膝関節の可動性を支える「膝蓋骨」の動きを阻害する要因〜骨の問題、靭帯の問題、筋肉…

膝の屈曲伸展がここまでスムーズに動くのは、動物でも人間だけであり、その要因が膝蓋骨(パテ…

内反膝へのアプローチ。O脚が原因で膝が痛い原因と筋・骨・皮膚によるアプローチ方法

今回は、膝にまつわるさまざまなトラブルの1つである「内反膝」がテーマです。内反膝のメカニ…

膝の内側が痛い…!鵞足炎の特徴とストレッチ、トレーニング、リリース方法

鵞足とは膝の内側に位置する部位で、三つの筋肉の停止部の形がガチョウの足の形に似ていること…

さらにしなやかな背中を手に入れる。エクササイズとリリースで脊柱の後弯形成を促す方…

前回のnoteにて、私たちの身体の中心を走る脊柱の可動性を高める方法の1つとして、後弯可動域…

より柔軟な背中を生み出す。脊柱の後弯可動域を高める2つのエクササイズ

私たちの身体の中心を走る脊柱は、安定性と可動性という2つの機能を持っているとてもユニーク…

胸椎の可動域を高める!簡単にできる2種目のエクササイズで「胸を動かす感覚」を養う

前回、胸椎を伸展できることの重要性を解説しました。今回は実践を含めて、胸椎の回旋がうまく…

胸椎伸展に必要な要素はなに?骨格筋・骨・関節の3要素から重要な組織を考える

パフォーマンスや健康において、胸椎の可動性が重要というのは皆さんもご存知だと思います。今回のnoteのテーマは「胸椎の伸展可動域を高める」です。胸椎伸展と一言で言っても、それを獲得するために必要な可動性・筋力は多岐に渡ります。この能力を獲得・向上するに当たって、具体的にどの部位が重要なのかを「骨格筋・骨・関節」の3要素から考えていきたいと思います。 胸椎の伸展は加齢で失われる人間は加齢によって脊柱の稼働性に制限が起こります。年齢を重ねていくと、例えば頚椎では過伸展、ストレー

「肩を上げるのが辛い」を科学する Par2:肩関節外転で生じる痛みの解消方法。外転動…

前回のnoteは、肩関節の屈曲動作に痛みを覚える人をケアするための、食っ挙行動作の骨の動作に…

「肩を上げるのが辛い」を科学する Par1:肩関節屈曲で生じる痛みの解消方法。肩の動…

パーソナルトレーニングの現場において、クライアントの疼痛で特に多いのが「肩の痛み」です。…

膝の痛みの2大巨頭。「腸脛靭帯炎」と「鵞足炎」の特徴と評価方法を解説します。

パーソナルトレーニングジムを訪れるクライアントで、慢性的な痛みに悩まされている人は多いで…

大腿骨のポジションから骨盤・股関節のアライメントを見る〜大腿骨の前方突出をどう判…

骨盤と股関節の両方のアライメントをチェックするとき、いくつかの手順を踏むことになります。…

股関節を徹底解剖。周辺組織の特徴と運動連鎖を知る

このnoteではこれまで、たびたび股関節に関する記事をあげてきました。今日は股関節のバイオメ…

反り腰・腰痛にも有効?股関節伸展可動域チェックと改善アプローチ

パーソナルトレーニングをしていると、クライアントに反り腰や腰痛の方がものすごく多いことが…

下腿外旋が起こす身体のイレギュラーと痛み②〜股関節・下腿の評価とアプローチ

合計2回に分けて「下腿外旋」について解説する本シリーズ。今回は引き続き、下腿外旋を評価する時のポイントを紹介したいと思います。後半は簡単なアプローチについても紹介したいと思います。 股関節の評価股関節の評価では、主に「股関節の屈曲位」と「股関節の中間位」という2つの方法で評価します。つまり股関節90°屈曲位の状態と、股関節の伸展・屈曲が0°の状態の2つで股関節を評価するというわけです。 股関節屈曲位での評価 屈曲位での評価でよくあるやり方は、まずクライアントを仰臥位にし