ウイルスは怖いけど、より強く、生存本能に訴えてくるのは。 byみつばち1号
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ウイルスは怖いけど、より強く、生存本能に訴えてくるのは。 byみつばち1号

昨日から、電車に乗っての仕事場への出勤を控えて、自宅や地域のカフェで仕事することにしました。新型コロナウイルス。わたし自身は健康だけど、取材でインタビュアーを務めることも多く、自分がうつしてしまうような可能性はできるだけなくしたい。
カフェを利用するのは、気分転換半分、あとの半分は、自宅に籠城するばかりではなく、少しでも誰かのスモールビジネスにお金を落としたいからです。親切心ではありません。自分たちを含めて停滞する危機感がすごくあるんです。

みつばち社えいが部活動で、週に2〜3回ペースで通っていた映画館。出勤のほかに、これも控えています。大きな資本のところはさておき、ミニシアターを心配しながらです。映画のつくり手、配給会社、映画館…。映画ファンとしてとても心苦しい。
ほかにも、いつも利用させてもらうような、個人経営の、飲食店や小売店、旅先の宿を心配しつつ、自分たちの仕事への影響にも不安が募ります。
日頃ごいっしょすることの多い、フォトグラファーさんやライターさんのような仕事は、多くがフリーランスです。わたしたちも、ほぼ変わりはありません。ドタキャンにも、補償はありません。さまざまなイベントの中止で、ステージに上がる方々のほかにも、スタッフのみなさんや会場関係者が嘆いているように、同じような立場の人たちは少なくないと思います。一時的なものなら仕方がないけど…と、みんな思っているはず。

やっていく中で「いまがピンチのとき」というのは、あります。もちろんあります。こんな形で仕事をしている以上、覚悟もあります。でもでも、わたしたちの愛する、スモールビジネスは、小商いは、もとよりなんとかやっているところがほとんど。「なんとかやってます」の言葉が笑顔で出るうちはいいですが、不安です。直接、間接、つながっていますから、どこかが元気じゃなくなると、ほかも元気じゃなくなります。現に、ここ数日わたしが行かなくなった映画館、カフェ、銭湯もだろうか、わたしのようなお客さんはほかにもいるでしょう。それでもしも立ちゆかなくなってしまったら、そこが持っていた文化もなくなってしまいます。

文化と言いました。これは決して大げさな話ではありません。
食べることも、飲食店も好きなわたしは、以前は、いろんなお店に行きたくて、「開拓」に喜びを感じていました。それがいつからか、同じお店に繰り返し行くことのほうに、もっと喜びをおぼえるようになりました。好きなお店にはずっと続いてほしいからです。大人として、いくばくかでもお金を落とすことで、守りたいからです。何十年と続く喫茶店に行くと顕著ですが、地域の、もしかするとまちの、文化の担い手なんです。そこでの会話が、コーヒーが、音楽が、誰かの日常になり、思い出になり、いつか自分でお店をやりたいと考える人、そこでジャズでもクラシックでも、好きになったという人を輩出します。映画館も宿も銭湯も同じです。

お金が落ちなくなれば保てない。好きなものがなくなるのは、自分の世界がひとつ失われることですが、パーソナルなそれのほかに、良いもの(あるいは多様なものでもいい)に触れる機会が減れば、良いものを認めることのできる人も減るわけで、それって文化的損失です。
世の中にいよいよ余裕がなくなったなら、わたしたち、みつばち社がテーマとする“small is beautiful”だって、きっと絵空事のように響くようになるでしょう。世の中は、わたしたち自身も含んでいます。まだ前向きになる力を残してはいますが、やっぱり、不安になります。

こんなこと、この国のエラい人たちは、考えたこともないでしょう。わたしたちが望む豊かさは、無理くり開催されるオリンピックや、カジノなんかでもたらされるものではない。
ウイルスは怖いけど、生存本能により強く訴えてくるのは、いまのところウイルスそのものではないです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ユニットで活動するみつばち社の、みつばち1号・小林奈穂子、2号・小野寺洋です。”small is beautiful”をテーマに、コミュニケーションデザインの仕事をしています。自らを実験台に、働き方の研究もしています。 http://mitsubachisha.com