見出し画像

「女性と打ち解けられない。」そんなあなたはきっと素敵な人。

女性とお付き合いをした経験がないという男子校出身の投稿者さん。
どのように打ち解けたらいいかというご質問にお答えしました。


画像1


お手紙ありがとう。
投稿者さんからの手紙を読んで、率直で素直で、素敵な方だなと感じました。
 すごく正直に手紙を書いてくれていますよね。

私なんかがそうなのですが、たとえ匿名でも、どこか自分をよく見せたくて格好つけてしまったり、そもそも誰かに自分の弱みを見せたくなくて、相談してアドバイスをもらったりできなかったりします。

投稿者さんはご自身のことを「臆病」って書いていましたけれど、等身大で勇気がある方だなと私は感じました。  私だったら、あなたのような人と友達になりたいし、話してみたいなって思います。

画像2

相手と距離を置いてしまって、目の前にすると固まってしまうところも、
相手を尊重して、無神経に入り込んだりしない配慮が感じられて素敵です。
相手に嫌な気持ちを与えないように気をつけすぎて、固まってしまうのかなと、感じました。

実は私は、異性に限らず、人と話すことがちょっと苦手で、緊張してしまいます。
そんな私が、いろいろな人と話す仕事をしているのは、人と話すのが好きだからです。

ちょっと矛盾しているように感じますか?

好きと緊張は、反対じゃなくて、実はとても似ています。
相手が好きだから、興味があるから、その人との関係をうまくやっていきたくて緊張してしまうのです。
 きっと、質問者さんも、打ち解けたいなと思っている相手に少なからず好意があって、それで緊張してしまうのですよね。

相手に好意をもち、打ち解けたいと願う気持ちと緊張してしまう気持ち、
両方を活かすコツがあるので、ぜひ試して見てください。

それは、相手の話を大切に、丁寧に、聞くことです。

投稿者さんは、
仲良くなるために、「自分から話しかけなきゃ。」とか、
楽しませるために、「何か面白いことを言わなきゃ。」って思っていませんか?

その気持ちは相手を思いやる気持ちで素敵ですが、
自分が話し手になって場を盛り上げる必要は、必ずしもないのではと思います。

きっと、投稿者さんのように相手をよく考えてくれる人は、
聞き上手なのではと思います。

画像3

今回のご質問は、女性と打ち解けるにはということなので、
女性がそばにいるとき、「何を話そう。」「なんて言おう」という気持ちは一旦置いておいて、心を傾けて、相手の話を聞くことに徹してみてください。

その時、頷いて、相槌を打つと、
相手に聞いていることが伝わり、安心して話してくれると思います。

話を聞くことに徹すると、相手がどんな人なのかもわかって、もっと知りたいと思うと興味が出てきます。
それでも、そのまま、聞くことに徹してだただた聞いているだけでいいと思います。 「気の利いたこと言わなきゃ。」と思うと緊張してしまいますよね。

会話の間が出てきてしまった時。
その時は、質問者さんから、相手に、一つ質問をしてみてください。

相手がペットの話をしていたら、
「名前はなんていうの?」
とか、「いつから飼ってるの?」とか。

相手がサークルの話をしていたら、
「いつからそのスポーツをやっているの?」とか、
「ポジションはどこ?」とか。

きっと、話を聞いていたら質問も自然と浮かんでくると思うのですが、
もし緊張して浮かばなくなってしまった時は、
5W(when,where,who,what,why)を質問するといいと思います。

相手の話に耳を傾けること。
会話に困ったら、相手に関する質問をすること。

今度女性と話す機会があった時、ぜひ試してみてくださいね。

投稿者さんとお友達になる方が羨ましいです。

では、今日はこの辺で。やどかり保健室に手紙をくれてありがとう。
話せて嬉しかったよ。
 いってらっしゃい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるととても励みになります。いただいたサポートは、記事を書くための軍資金にさせていただきます。

嬉しいです!
20
保健室の先生だった写真家。二児の母。第14回名取洋之助写真賞奨励賞を受賞。質問受付中▷https://t.co/mEPLAL0Oys?amp=1やどかり保健室▷https://www.youtube.com/channel/UCP4RG8J_v453lreIXaA6bmA/

この記事が入っているマガジン

「やどかり保健室」
「やどかり保健室」
  • 38本

あなただけの保健室のように、好きな時に遊びにきてください。

コメント (2)
やどかりみさおさん
いつも読ませていただいています。

男子校出身の男の子ではないですが、とても参考になりました!

「相手の話を大切に、丁寧に、聞くこと」

おもしろいことなんて言えないのに、何か話さなきゃ!と焦って、無理してしまった経験があり、わたしも話すことが苦手なもので。

「やどかり保健室」は、保健室にいることが多かったわたしにとって、ものすごーく居心地が良いです。

また遊びに来させてください!
ももさん
いつも読んでくださりありがとうございます!
コメントいただけてとても嬉しかったです(^^)
私も「なんか面白いこと言わなきゃ!」と焦ってから回ることがあったので、そんな自分に向けても話して見ました。
ももさんは保健室っ子だったのですね。親近感です!
またやどかり保健室で待っています(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。