見出し画像

誰かに決めてもらうのではなく、自分たちで決められることが大切だと思う  ティール組織×コクレオの森

「コクレオの森さんって、ティール組織に近いですね」とか、「ホラクラシー経営をしていますよね」などと言っていただくことがあり、ティール組織とホラクラシー経営って何なんだろう~と、ずっと気になっていました。

でも、分厚い本を読む気にもなれず、「どうしようかな~」と思っていたところ、home's viの大森雄貴さんがオランダでホラクラシーの研修に参加されたことから連絡をさせていただき、コクレオの森でティール組織についての学習会を開催することになりました。

画像1

今回は、13時~18時という計5時間にもわたる長丁場の研修で、前半は大森さんから「ティール組織とは何か」というレクチャーをいただき、後半は「自主経営組織のはじめ方」のABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)を行いました。

画像2

今回のことでわかったことまとめると…

ティール組織とは、組織を一つの生命体としてとらえていて、構成員全体が信頼に基づき、独自のルールや仕組みを工夫しながら目的実現のために組織運営を行っていく形態を指します。

画像3

そして、この生命体という形態の特徴をもつ組織の共通点として、「組織の存在目的」「全体性」「自主経営」という3点があるとされています。

まず、大切なことは、組織の存在目的。
ティール組織では、「この組織が何のために存在していて、何を目指しているか」が、メンバー全員と共有されています。そして、メンバー一人ひとりが、組織の存在目的を現実化させていくことを目指しています。

次に大切なことは、全体性。
ティール組織では、メンバー全員がありのままの自分で安心していることができます。そして、それぞれの力を最大限発揮できる環境が整っています。

最後に自主経営。
組織の存在目的が共有され、全体性が保障されている組織では、それぞれのメンバーが主体性をもって、存在目的の実現のために、具体的な行動を自分の裁量で決めていくことができます。その際に、さまざまな情報は共有されていて、決める過程で必要な人に助言を求めながら進めていきます。

このティール組織の3つの特徴に加えて、私たちコクレオの森が常日頃から大切だと思っていることが2つあると思うので付け加えると、
1つ目は、メンバー全員が存在目的に共感して集まっていることに加え、組織の存在目的の実現がメンバー一人ひとりの自己実現と大きく重なっていること。
2つ目は、何かうまくいかなかったことがあっても個人の責任にしないで組織の課題としてとらえて、組織改革につなげていくことです。

そして、これら5つの要素に加えて組織にとって大切なのは、いろんなタイプの人がいること。
調整タイプ、分析タイプ、牽引タイプ、妄想・発案タイプ、着実タイプなどなど。同じタイプの人しかいないと強みが偏ってしまうのでバランスが悪くなってしまい、組織が前進していかない…

振り返ってみると、コクレオの森は、かなりティール組織に近いな~と思いました。
ただ、自主経営のところが、できているところもあるけど、弱い部分もあるので、今回のABDの内容を振り返りつつ、そこをもう少し構築していけば、いいカタチになるかと思いました。

2図



いろんな価値観や考え方があり、いろんな判断が求められる今。一度立ち止まり、自分たちのあり方をみつめるとてもいい機会になりました。

「強いリーダーシップ」や「誰かに決めてもらいたい」という声が多く聞こえてきますが、本当にそうでしょうか?

私たちは、微力ではあるけれども、無力ではありません。
市民とは、ときには不服従でなければならないこともあります。

誰かが言ったことを鵜呑みにしたり、誰かが決めたことに簡単に従うのではなく、ティール組織のような関係性をていねいに紡いでいくことが、これからの時代を私たちの手で作り、共に生きていくために大切なことだと感じました。

大森さん、本当にありがとうございました!! 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!! ともにミライをつくりましょう!
18
『窓際のトットちゃん』を読み、自由な学校に憧れる。小学校教諭を退職後、市民による学校づくりを目指す。2004 年に「わくわく子ども学校」(現:箕面こどもの森学園)常勤スタッフ、2009年から箕面こどもの森学園校長。現在は、ESDの学校を中心とするSDGsのまちづくりを目指す。

この記事が入っているマガジン

みんなで創る ミライの学校
みんなで創る ミライの学校
  • 11本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。