見出し画像

みんなでアート  逗子文化プラザ さざなみホール

夏の終わりとともにみんなでアート  みんなでファッションショーが迫ってきて 一気にみんなの気合いも高まってます。

みんなでアートは  障害の方や子供 シニアがモデルさんとなってファッションを楽しむ みんなでファッションショー  車椅子落語  片腕のマジシャン 自閉症ピアニストパフォーマンス、と
みんなが混ざり合う逗子を 体現するようなイベントを目指しています。

でも焦りも少々。

今日は、ホール仕様の打ち合わせに。

今回はオンライン配信が中心なので、撮影側からの視線をメインに考えます。

画像1

画像2

ランウェイやら、背景やら演出やらを決めていきますが  ワンマンで強いアーティストが取り仕切るのでなく、みんなで知恵や意見を出し合いまとめ上げていくところが、時間もかかりますが、逗子らしくて
良いなぁと思います。

そして、何より参加してくれるモデルさんやスタッフが楽しめること!を第一に、

待ち時間をこう使えるように、とか
こんなところで写真が撮れたら、とか 
みんなが安心できるコロナ対策は、なんだろうとか、考え抜きます。 

画像3


それでもいつのまにか集まるプロ集団 

カメラ、動画、VMD、ヘアメイク、照明…

1人1人が自分の一番高いクオリティを出すことに真剣です

モデルも総勢20名以上になりますが、
各シーン入替制。子供から80代まで、
障害も様々なみんながどう楽しんでもらえるか イメージしワクワクしながら 私はひたすら車椅子ドレス製作に とにかく手を動かします!

画像4

画像5

文化庁シンボルマークデータ30%


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます^ - ^
6
逗子の共生社会を体感するイベント『みんなでアート』をZAF2020で開催。 障がいがあっても 認知症でも 高齢でも 子どもでも 大人でも 自然に混ざり合い一緒に楽しむ、 当たり前の風景が逗子にあります。

こちらでもピックアップされています

アールブリュットzushi
アールブリュットzushi
  • 5本

楽しいと思うことを楽しいと思う方法で。プリミティブなPowerに圧倒される瞬間がある。アートの根源を見つけてワクワク。感動は技術ではなく込めた想いにあるんです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。