見出し画像

「時間がない!」はどうしたら解決するのか

やりたいことがあっても、時間が足りないと感じることがあります。そんな時、どう考えればいいのでしょう?

今日は、時間を有効に使うために、私が取り組んでいる3つのことを述べていきます。

「あれもこれもやりたいのに、なかなかうまくいかないなあ」「最近、頭の中がとっ散らかっている」「たくさんのことをやっているはずなのに、できている感じがしない」などと感じていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

1.オンラインマインドマップで、優先順位整理(実際にやっているところを動画に撮りました)

マインドマップができるオンラインのサービスがあります。私が使っているのはマインドマイスターというサービスで、慣れると非常に便利です。

自分は今何の仕事をしていて、いつまでに、どれから手をつければ良いのかが視覚的にわかります。図を入れたりGoogleドライブのファイルにリンクをしたりすることもできます。また、クライアントやチームメンバーとマインドマップのURLを共有することもできるので、互いの進捗確認をする時にも使えます。

実際に使っている様子を動画にしてみましたので、よかったらご覧ください。


2.「やる」ことを目的化しない

私は今年をあれこれ試してみる年だと思っていて(いつもそんな感じですが)、「ちょっとやってみるか」でスタートしたことがたくさんあります。

パッと思い浮かぶだけでも

・YouTubeスタート

・メルマガスタート

・↑周知のための告知記事作成

・週に2回、30分、フィットネススタジオでの運動

など。

どれも目的があって始めたことですが、途中で少し息切れしました。

なぜなら、実際始めてみると、YouTubeは思ったよりも時間がかかるし、メルマガも想定ほどポンポンとは書き上がらなかったからです。

こういう時は、「何のためにやってるんだっけ?」と立ち返ることが重要だと私は思います。

やることそのものを目的化するとしんどい。やることは手段。だから、その手段にしんどさを感じたり、効果があまりないと感じたら、潔く方向転換をするのもありではないでしょうか。

(って考えたら、書くこといっぱい出てきた)

3.優先順位の低いことを「やめる」

私は、2020年の年末から今年にかけて、いくつか新しいことを始めました。1月中旬くらいまで、「あれもこれもやりたいけれど、追いつかない」感覚がありました。

焦るような感覚をどうやって和らげたのか。

それは、「やらないことを決める」です。

例えば、

・夕食はこだわりすぎない。簡単に調理できるよう、カット済みの材料が送られてくるコースを取り入れてみる。

・息子のお世話で無理しない。息子の保育時間を30分長くして、仕事時間を確保する。

・iPadだけでやっていた作業をやめる。(iMacを購入し、作業を効率化)

などです。

やらなくて済むことをやめる。これだけで1日あたり1時間くらいは時間のゆとりが生まれたように感じています。

コーチングの世界ではこの「やめる」ことを「手放す」なんて表現を使ったりします。




▼「変わっていく自分が楽しみになる」なかがみみほのメルマガはこちらからご登録いただけます。

(思考整理・アウトプットの習慣化に役立つグラレコセッションの優先案内、ひとり起業をして学んだことや感じていることのシェアなど)

▼グラフィックレコーダー・コーチ・画家/なかがみ みほ Webサイト



この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!コメントもお待ちしています!
3
画家・グラフィックレコーダー・イラストレーターとして活動中です。頭の中を整理して行動につなげたい方のためのセッションを行なっています。Zoomで話をしたことが、目の前でグラレコ(絵と文字で可視化)されていきます。コーチングプレイス認定コーチ、日本画制作歴16年、第39回日展入選。