見出し画像

『WORKSHOP DESIGN ACADEMIA』 をリニューアルし、新規会員募集を再開します

2019年7月8日、ミミクリデザインが提供する、ワークショップデザイン論を体系的・継続的に学びたいファシリテーターのためのコミュニティ『WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA)』のサービスコンセプトの刷新と特設ウェブサイトのリデザインを行いました。また、それに伴って、新規会員の募集を再開いたします。興味のある方は下記ウェブサイトより詳細をご確認ください。

新たなコンセプトは、「ワークショップデザイン論を体系的に学び、現場で活きるファシリテーションの力を育むコミュニティ」。思想から手法まで、ワークショップデザインに関する「知」を幅広く紹介し、様々な領域で活躍するファシリテーターが学び合い、高め合える学習環境を提供します。

コンセプトに込めた思い

近年、様々なところで「ワークショップ」という言葉を耳にするようになりました。ワークショップとは、コラボレーションをしながら何かを創りだす学びの技法であり、アート、デザイン、商品開発、組織開発、まちづくり、教育など、幅広い領域で活用されています。

新しい事業や商品を開発するイノベーションのため、従来の研修では解決できない組織の人材育成課題にアプローチするため、市民を巻き込みながら地域活性化を推進していくためなど、今やワークショップやファシリテーションは新しい価値創造のために不可欠な手段になっています。また、課題が複雑化する現代において、創造的な対話と議論の場をファシリテートするスキルは、これから必要不可欠な技能になるでしょう。

2017年12月にリリースされたWDAでは、10年間のワークショップデザインの研究成果を土台に、最新の理論とノウハウを継続的に学べるコンテンツの提供や、相互的な学習を支援するためのコミュニティづくりを推めてきました。今回の刷新したサービスコンセプトは、そうした提供価値の方向性を示し、様々な領域の知識を意欲的に獲得・探求しながら自身の組織、コミュニティでワークショップを実践するファシリテーターの成長を支援したいとの意志を込めて、設けられました。

各コンテンツ紹介

WDAでは、ワークショップデザイン論や関連領域について体系的、継続的に学べるように、日々様々なコンテンツを提供しています。

■動画コンテンツ(週1回配信)
毎週配信される動画コンテンツでは、ワークショップデザインや関連領域について理論と実践の両面から学べます。過去配信した90本以上の動画も見放題。WDAでしか見ることができない研究会のアーカイブ、書籍の解説、ディスカッション、最新の学術的知見を踏まえた講義などがあり、1本あたり平均15分の長さのため、通勤時間やお昼休みなど、隙間時間にも効率よく学習できます。

※part2〜4はWDA会員のみご覧いただけます。

■メールマガジン「ファシリテーションのヒント」(週1回配信)

調査研究や実践知から得られた知見をもとに、効果的なファシリテーションのテクニックや心構えに関するノウハウ「ファシリテーションのヒント」を毎週メールマガジン形式で配信します。ヒントは「ワークショップにおいて起こりやすい問題(状況)」と「問題に対してどのように対処するか(行動)」の2編から構成されています。

例)
「参加者の姿勢に着目する」

<状況>

ワークショップの間、特に前半のうちは、ファシリテーターは一人ひとりの参加者を観察し、指示通りにワークが進行しているか、活動に没入しているか、違和感を感じていないか、退屈にしていないか、プログラムが順調に進んでいるかどうか把握する必要がある。しかし参加者の人数が多くなればなるほど、すべての参加者の状況を把握するのは難しくなる。

<行動>

参加者の活動への没入具合は、上半身の姿勢をみればわかることが多い。活動を楽しみのめり込んでいる参加者は、自然と上半身が前傾になる。逆に活動に違和感を感じていたり、退屈にであったり、グループにうまく溶け込めていない参加者は、椅子の背もたれに体重を預け、グループを俯瞰している場合が多い。俯瞰している参加者の意見がグループにブレイクスルーを起こす場合もあるため、後傾姿勢の参加者の様子は丁寧に観察しておくとよい。

ほかにもメールマガジンでは、新作動画コンテンツ、新規イベントのお知らせ、コミュニティ活動の様子など、WDAを楽しみ尽くすために必要な情報について網羅的に知ることができます。

■講座・研究会

組織開発、商品開発、人材育成、地域活性などの領域でワークショップを活かして活躍するゲストを招いた研究会や、ミミクリデザインのメンバーが持つ専門性を活かした講座を月に4本以上開催。WDAメンバーだけが参加できる研究会や講座、交流会などに、無料あるいは特別価格でご参加いただけます(一例として、過去に開催されたWDA限定講座・研究会のイベントレポートを下記に掲載します)。


■オンラインコミュニティ


WDAメンバー専用のFacebookグループで、ワークショップデザイン周辺領域の情報交換、WDAメンバー限定のお知らせ等を行なっています。共通する関心やテーマ別の学習コミュニティでは、独自に勉強会や研究会を開催したり、メンバー同士で一緒に動画コンテンツを視聴したりと、コミュニティの特性を生かした学びの文化があります。コミュニティの様子は毎月公開している活動レポートからご覧いただけますので、よろしければどうぞご笑覧ください。

新規コミュニティ会員の募集スタート!

リニューアルに伴い、新規会員の募集をスタートします。興味のある方はぜひ下記URLより詳細をご確認の上、お申し込みください。たくさんのご参加、お待ち申し上げております。

▼『WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA)』特設ウェブページ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
最新のワークショップデザインの方法論を駆使しながら、集団の創造性を引き出し、複雑な課題解決のプロジェクトをファシリテートする、株式会社ミミクリデザインの公式noteです。

こちらでもピックアップされています

NEWS
NEWS
  • 32本

ミミクリデザインからのお知らせをまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。