水叉直

小説家になることを目標にしております。多くの人の心を動かせればと思い、文章を書き続けま…

水叉直

小説家になることを目標にしております。多くの人の心を動かせればと思い、文章を書き続けます。 【電子書籍】『もしも、あなたの明日なら』発売中 【書籍】『桜咲く頃』3/31~ Amazonで発売中! https://www.amazon.co.jp/dp/4910692959

マガジン

  • トランスミッション

    • 91,273本

    参加数550名以上、フォロワ数1400名以上。気楽に、気ままに、自由に配信したい人はご参加ください。🌱概要①執筆した記事を広めたい ②評価を集めたい ③ンテンツを広めたい いずれかに該当する人にはおすすめ。🌱マナー①連続投稿はしない ②社会一般的に不適切な記事は投稿しない ③トップ画面は変えない🌱参加希望者は,マガジンの固定記事からコメントしてね(ง •̀ω•́)ง

  • 「どこかの誰かの1日」

    誰かの1日、覗いてみませんか? どこかにいる誰かさんの1日を記していく、ショートショート集です! 読んでくださった人の気持ちを少しでも温かくできればと思います😁

  • 『J-BRIDGE 』

    連載小説『J-BRIDGE 』をここにまとめていきます。その後、完成させます。

  • 画像を使用していただいた方々

    私の画像を使用して書いていただいた方々の記事になります。

  • ロールプレイ(仮)

    ロールプレイ(仮)という作品の断片を入れていきます。ここからパズルを組み立てて、一枚絵にしていきます。

最近の記事

  • 固定された記事

はじめまして水叉 直と申します。簡単ですが自己紹介をさせていただきます。

【はじめに】 出身地:大阪 生年月日:1997年4月19日 血液型:B型 最近まで住宅会社で働いており、二級建築士の資格を取得しましたが、本当にやりたいことである小説家を目指す為退職。 成功する根拠は特にありませんが、目指してみることなく諦めることができるほど利口ではありませんでした。 簡単ではないと思っておりますが、目指すことを決めてから毎日がワクワクです! こちら、SNS、ブログのURLです、良かったらチェックしてください。 【ブログ:ひげだるまハウス】 https

    • 潜水艦みたいに生きてます

      • 世界が終わりそうなくらい神鳴り鳴ってますね

        • 相手の感情なんてわからない、わかるはずがない。恐ろしいのは、考えているうちに勝手な理想像を作り出してそれと合っているかの答え合わせを始めてしまうこと。 そうなったらもう壊れてる。 相手も自分も、きっともっと自由なんだよ。

        • 固定された記事

        はじめまして水叉 直と申します。簡単ですが自己紹介をさせていただきます。

        • 潜水艦みたいに生きてます

        • 世界が終わりそうなくらい神鳴り鳴ってますね

        • 相手の感情なんてわからない、わかるはずがない。恐ろしいのは、考えているうちに勝手な理想像を作り出してそれと合っているかの答え合わせを始めてしまうこと。 そうなったらもう壊れてる。 相手も自分も、きっともっと自由なんだよ。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • トランスミッション
          とらねこ 他
        • 「どこかの誰かの1日」
          水叉直
        • 『J-BRIDGE 』
          水叉直
        • 画像を使用していただいた方々
          水叉直
        • ロールプレイ(仮)
          水叉直
        • 七つ目の大陸
          水叉直

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          今年もなんとか応募できました。

          今年もなんとか応募できました。

          チャリを忘れた

          自転車をどこにおいたか忘れた。 こうなると、驚くほどに探しようがない。 記憶を辿ってみるものの、心当たりが浮かんでくれない。 もちろん、エアタグなんてものもついていない。 街中を歩き回ってチャリを探す、そんな日曜日を過ごしてます。

          チャリを忘れた

          踏ん張りどころ来ました。 たぶんここが人生のターニングポイントなんです

          踏ん張りどころ来ました。 たぶんここが人生のターニングポイントなんです

          推敲作業がとてつもなく楽しいです

          推敲作業がとてつもなく楽しいです

          相手の気持ちを想像すること。それをサボっている人が使う言葉は、ちょっと鋭さが過ぎるんじゃなかろうか。

          相手の気持ちを想像すること。それをサボっている人が使う言葉は、ちょっと鋭さが過ぎるんじゃなかろうか。

          作品のタイトルを決めるのがとても苦手です。

          作品のタイトルを決めるのがとても苦手です。

          文学フリマ大阪に申込みました。 抽選にもれないことを願います。

          文学フリマ大阪に申込みました。 抽選にもれないことを願います。

          目の前で、始めて購入していただきました。 握手させてもらいました。 温かい時間でした。

          目の前で、始めて購入していただきました。 握手させてもらいました。 温かい時間でした。

          連載小説『J-BRIDGE』16.

          「いらっしゃい」  無愛想な店主の声がなんとか耳に聞こえる。声のする方を見ても人はおらず不思議に思う明石だったが、隙間から年老いた男性の姿が見えた。腰が曲がりきっているせいで、その姿はまたすぐにカウンターの陰に隠れる。 「あの辺座ろっか」  リリーが指差した方には、壁に向いてL字のカウンターがあった。全部で七席ほどしかない店内は、明石達の他に客はいない。 「空いてて良かったですね」  明石にだって、こんなことを言うくらいの気遣いはできる。 「時間帯かな? ちょうどピークが過ぎ

          連載小説『J-BRIDGE』16.

          連載小説『J-BRIDGE 』17.

          「じゃあ私こっちだから。今日もまたよろしくね」  定食屋の会計は、食い下がる明石を頑として撥ねのけたリリーが全額支払った。「お姉さんに任せなさい」とリリーが言ったときには、申し訳なさと情けなさでどれほど年齢のことを話そうかと思った明石だったが、結局黙っていた。 「ごちそうさまでした、……それと、ありがとうございました」  店を出て五分ほど自転車を押してきた二人は、別々の方向へと散る交差点の信号で止まっている。リリー側の青信号が、ちかちかと点滅し始めた。 「やばっ、行くね、お疲

          連載小説『J-BRIDGE 』17.

          桜咲く頃

          今日は4月3日でした。 街を歩いていると、たくさんの新社会人とおぼしき方々が歩いておられました。 不安や期待を胸に、門出の日を迎えた彼ら彼女らは、とてもきらきらと輝いていて、そんな姿が見られるから、この季節は好きです。 そんな新社会人の皆さんに、私水叉はこの曲をお送りさせていただきたく思います。 色々な出来事とこれから歩んでいくと思いますが、どうかたくさん藻掻いて、たくさん足掻いて、地に這ってでも少しずつ前に進んで、幸せをその手に掴みこんでください。 負けないように、私もも

          桜咲く頃

          連載小説『J-BRIDGE 』15.5

          初の著書、『桜咲く頃』についてはこちらの記事をどうぞご覧ください! 明石が地蔵のようにカウンターに立ち尽くして一時間が経った頃、リリーは彼に店内の掃除を命じた。  はじめはダーツホールのテーブル辺りを拭き上げていた明石。その次は椅子の脚、ビリヤード台、トイレへと、導かれるように店の隅へと向かっていく。辰野たちの帰り際に彼らと顔を合わせることも無く、リリーがそんな明石に何か言うことも特になかった。 「ありがとうございましたー! おやすみなさい!」  午前五時のおやすみが響き

          連載小説『J-BRIDGE 』15.5