見出し画像

完全公開!特殊部隊流セットアップ!〜任務と敵情に応じたカービンのカスタム〜

CQBのセットアップ

建物を制圧するような直接行動の任務を命ぜられた場合、至近距離の戦闘(CQB)となることを想定するのが普通だ。銃はレッド・ドットのオプティクスを装着した短いカービンを携行するだろう。その理由はなぜかと言えば、狭い空間では全長が短い銃の方が取り回しやすいし、レッド・ドットやホログラフィックのサイトは至近距離で素早く照準できるからだ。

しかし、単に市街地での作戦だから敵は近い距離で戦いを仕掛けてくるとは限らない。CQB用のセット・アップだけでは敵と戦うには不十分だ。敵の戦術・戦法を無視して、任務のみに基づいた準備をしてしまうと、手痛いしっぺ返しを食らうことになる。これは特殊部隊員達が幾多の激戦の経験から学んだ教訓だ。

この続きをみるには

この続き: 2,612文字 / 画像4枚

完全公開!特殊部隊流セットアップ!〜任務と敵情に応じたカービンのカスタム〜

mil-info

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネタ資料の収集や翻訳器材に使わせていただきます。よりディープな記事提供のためご支援宜しくお願いします。

2
"MODERN INFANTRYMAN"をテーマに現代の歩兵戦闘技術を紹介していきます。 サークル「新・歩兵操典」では歩兵戦闘技術の知識の普及を目指し、現代の日本歩兵である陸自普通科隊員のために参考となる記事を配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。