見出し画像

完全公開!特殊部隊流タクティカル・カービンのセットアップその1〜ストック、グリップ、オプティクスの選び方〜


AR-15が広く普及している理由はたくさんあるが、その一つにモジュラー化されていることが挙げられる。AR-15の初期にはフルサイズのライフルかカービンタイプかの選択しかなかったが、1990年代の中頃からARライフルは非常に進化してきた。

当初はアクセサリー類も銃身に取り付けるシンプルなライトか、キャリング・ハンドルにつけるスコープとかダット・サイト程度のものであったが、今ではオプションもアクセサリーもあらゆるものが揃っている。今やシューターにとっての大きな悩みは、アクセサリーの正しい選び方や使い方が分からない、ということのようだ。サイズの合わないバットストック、アイレリーフに合わせて取り付けられていないスコープ、サポート・ハンドの邪魔になる位置に取り付けられたライトやレーザーなど、枚挙に暇がない。

アクセサリーは正しい選び方も大事だが、正しく取り付けることも同じように大事だ。カービンは自分の体にピッタリと合うようにセットアップしなければならない。「カッコいいから」とセットアップしていてはダメだ。

この続きをみるには

この続き:7,259文字/画像8枚

完全公開!特殊部隊流タクティカル・カービンのセットアップその1〜ストック、グリップ、オプティクスの選び方〜

mil-info

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ネタ資料の収集や翻訳器材に使わせていただきます。よりディープな記事提供のためご支援宜しくお願いします。

3
ミリタリーネタのコアな情報をより詳しく届けます。マニアやサバゲー好きの方必読です。 はてなブログにて日々のニュースも発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。