お蝶さん

編集者・ライター。広島を拠点に、映画や演劇などの芸能、医療関係を主に取材、執筆しています。何より、本と映画、演劇が大好きです。最近は環境問題にも興味があります。
    • 2020年ブックレビュー
      2020年ブックレビュー
      • 30本

      小さい頃から本ばかり読んでいました。物語の世界に逃げ込み、遊ぶのが大人になった今でも好きでたまりません。1年間に読んだ本について、書きためていこうと思います。(1冊読んだらご褒美にチョコレートを買ってもいい、という子どものようなマイルールを作っています♡)

    • entertainment
      entertainment
      • 11本

      演劇、映画関係者を中心に取材し、紙の媒体やウエブに掲載した記事や試写会などのレビューを紹介しています。

    • お悩み相談
      お悩み相談
      • 1本

      女性向けの情報誌でお悩み相談を担当しています。もう3年を過ぎました。お悩み相談って、回答者の人生経験やインテリジェンスがあからさまになり、本当に恥ずかしい。質問者の気持ちが少しでも楽になるように、頭を悩ませながら回答となる原稿を執筆しています。その記事を紹介します。

    • 未来と、エコと
      未来と、エコと
      • 3本

      地球環境のために、私たち一人一人に何ができるのだろう。ヒントを探るため、環境問題や地球に優しいライフスタイル、資源の節約につながる記事を蓄積してみます。

2020年ブックレビュー 『またね家族』(松居大悟著)

劇団ゴジゲンを主宰し、映画監督でもある松居大悟さんに、勝手に親近感を抱いている。演劇をしている長男と次男は、ゴジゲンの舞台を割と観ていて感想を教えてくれるからで…

2020年ブックレビュー『何様』(朝井リョウ著)

朝井リョウさん原作の映画『何者』を観た。すごくいいなと思い、原作を読もうと図書館で間違えて、『何者』の続編『何様』を借りてしまった。「え?映画と違う??」なんて…

2020年ブックレビュー 『むらさきのスカートの女』(今村夏子著)

文句なしに面白くて一気に読んでしまった。今村夏子さんの芥川賞受賞作『むらさきのスカートの女』。面白過ぎて読み終わった後、また最初から読み直した。 近所に住む風変…

試写会日記vol1『パヴァロッティ 太陽のテノール』(ロン・ハワード監督)

「神の声を持つ」といわれたオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティのドキュメンタリー。この映画を観た後は、パヴァロッティが歌う「誰も寝てはならぬ」が耳から離れなくな…

2020年ブックレビュー『ペスト』(アルベール・カミュ著)

新型コロナウィルスが世界で猛威をふるい始めると、カミュの「ペスト」が本屋から消えた。やっと手に入れて読めた。 新聞やNHKのEテレ番組「100分deで名著」でも取り上げ…

『愛の不時着』勝手に座談会➁

韓国ドラマ『愛の不時着』勝手に座談会の後半では、「ふじちゃく沼」「ヒョンビン沼」にどっぷりとハマりながらも、南北の分断、物語の大切さなどを真面目に語り合った。そ…