シモサワ@SNSディレクター

北海道のホテルグループ「鶴雅リゾート」の中の人。北海道旅行が楽しめるような道東を中心とした観光名所や穴場をご紹介しています。歴女でドライブ好き。写真の世界にも少し沼ってます。エクスマ塾54期 A子ママ 職業:SNSコンサルタント&ディレクター

シモサワ@SNSディレクター

北海道のホテルグループ「鶴雅リゾート」の中の人。北海道旅行が楽しめるような道東を中心とした観光名所や穴場をご紹介しています。歴女でドライブ好き。写真の世界にも少し沼ってます。エクスマ塾54期 A子ママ 職業:SNSコンサルタント&ディレクター

    マガジン

    最近の記事

    楽しいところに人は集まる。そのためには自身が思いっきり楽しむこと。〜2022.8.8エクスマセミナーより〜

    仕事には真面目さが大事。 若い頃はそう教えられていました。 でも、真面目さも必要だけど、それだけでは人は集まらないなって思うようになりました。 楽しみたい! そう思っている人に真面目さを伝えても、すれ違うんじゃないかなって。 それに、人気者になる人には楽しさがあって。 楽しい人には、自然に人が集まるんですよね。 今回のエクスマセミナーのタイトルは『なんか楽しそう!』の作り方は紙販促に学べ!でした。 人を笑わせようとする前に自分が楽しむ 楽しいことって人それぞれ違うし

    スキ
    7
      • 骨格診断でファッションへの自信が持てました!

        今までファッションに全く自信が無かった私なんですが、自分の骨格タイプを知ることが服を着こなすことになると教えてもらって...お洋服への気持ちがガラッと変わりました。 人にはそれぞれ骨格タイプがある人にはそれぞれ骨格タイプがあって、ベースとなるのはストレート・ウェーブ・ナチュラルの3タイプあります。 それぞれのタイプで似合うジャンルや、服の形があるんですって。 私はストレートがベースになっていて、ナチュラルがストレートの弱点をカバーするという、ウェーブ以外はイケるいうタイプ

        スキ
        9
        • 神秘的な阿寒湖を体験できる早朝カヌーツアー

          神秘的な湖を体験できる早朝のカヌーツアー 静かな朝靄に包まれる阿寒湖の東側の景色はとても幻想的で、異空間に続くんじゃないかと錯覚してしまうような光景です。 かと思えば、振り返った西の景色は吸い込まれるような青空が広がり、穏やかな水面に全てのものを映し出します。 こんな対照的な光景を一度に体験できるのは早朝ならではのこと。今回、ゲストのアテンドを兼ねて、阿寒ネイチャーセンターさんのガイド付きの早朝カヌーコースに行ってきました。 阿寒湖のカヌーガイドは阿寒ネイチャーセンタ

          スキ
          2
          • 教養を学ぶというのは人を学ぶということ 〜2022.7.12 エクスマ学院2期より〜

            『生き方』って大事だなぁって。 最近、しみじみ思うようになりました。 仕事第一主義の私でしたけど、仕事も生き方があってこそのものなんじゃないかって。 経験こそ全てって思ってたけど、人生の間にあれもこれも経験するには人の寿命って短すぎます。 それよりも知らないということを自覚して、関心を持つこと、知ること、そして、自分で考えることが大切で。 そのために教養を高めるといいと教えてもらったのが2019年の8月。 それまでは気分転換的に読んでいた本や映画を意味を意識して観るよ

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 気軽に発信できる時代だからこそ、愛情を持った専門性が大事

              誰もが気軽に発信できる時代だからこそ、愛情を持った専門性が大事だな。 日本で唯一、土木専門の広報をしている『ドボクのミカタ』代表の小川さんの取材風景を見て、そう思いました。 画ヅラ(映え)が良いところだけ切り取って、聞きかじった内容を発信しても本当の魅力に繋がらないんじゃない?…常々そんな疑問があったんですけど、小川さんの取材への取り組み方を見ている中でその答えが見つかりました。 小川さんは土木が大好きで、その魅力をもっとたくさんの人に知ってほしい!と、元広告代理店にいた

              スキ
              3
              • 土木会社の“売らない”企業発信。その理由とは?

                企業のSNS発信の目的は『売上アップ』のところがほとんどだと思います。 ですが、売上アップを目的としない企業発信をする会社があります。 その会社とは、石川県小松市にある土木建設会社『(株)江口組』さんです。 先日、その江口組さんに会社訪問してきました。 というのも、5月、6月に社員さんに向けてのInstagramセミナーをオンラインでさせてもらって、その後の皆さんの発信のお困りごとがないかなと、聞き取りをしようと思っての訪問だったんですけど、見るもの触れるものが楽しすぎて

                スキ
                4
                • SNS発信には人を巻き込む力がある

                  SNS発信は人を巻き込む力がある。 そのためには、ただ使うのでなく『こうしたい!』という、軸を持って取り組んでいくこと。 浜松市の山奥、佐久間町浦川地区という人口1,000人未満の地位で床屋業をしている乗本さん。 乗本さんは、さびれる一方の地域をなんとか盛り上げたいと、床屋業をしながら取り組まれてます。 その方の7年間の活動を聞いて、SNSが持つ人を繋ぐ力の使い方があるんだなと思いました。 SNSを単なる広告ツールと思っていると効果が出ない SNS発信に関心が高まる企

                  スキ
                  3
                  • 人を巻き込んでいくために言葉の使い方を工夫する〜2022.7.4エクスマセミナーより〜

                    誰もがSNSを使って気軽に発信できる時代だからこそ気をつけていきたいのが『伝わる伝え方』 地域や会社を活性化させていくには、そこにいる人たちとの連携や協力が必須なんですよね。一人でできることには限りがあるから。 一緒にやりましょう! そう言っても、なかなかやってもらえない。 それは伝え方が足りてないからなんだなと、自分の力不足を痛感してます。 かといって、そこで諦めるわけにはいかないから常に学びの姿勢は止めららない、そう思っています。 先日行われたエクスマセミナー。

                    スキ
                    7
                    • もっと使いこなしたい方へ! オンラインセミナー<Instagram運営のコツとポイント解説〉のご案内

                      Instagramって使いづらいな… ずっとそんな風に感じていました。 というのも、投稿者名の表記がユーザー名(英数字)になっているので、一目では誰の投稿なのかというのが分かりづらいし、誰なのかが分からないからコメントのやり取りもやりづらくて。 こんなに使いづらいのに、でも話題性はあって。 なんでだろう? そう思ったのがきっかけでした。 会社の発信をInstagram中心にしてみようと取り組み出して半年。 やっと、Instagramの効果的な発信方法を見つけました。

                      スキ
                      9
                      • 熟成させた言葉を使う

                        時代とともにいろんな言葉が出てきますよね。 流行り言葉や、短縮言葉。 意味が理解できればなるほどなんですけど、聞きなれない言葉は戸惑います。 先月、あるオンラインセミナーを受けたんですけど、冒頭に「今日のアジェンダは…」と聞きなれない言葉を聞いた瞬間、その後の話に集中できなくなってしまって。 言葉の使い方って大事だなと思った次第です。 知らなかった私も私ですけどね。(笑) 言葉は人間独自のコミュニケーション 言葉を使いこなせるのは人間だけ。 だからこそ、人間同士のコミュ

                        スキ
                        1
                        • テクニックだけでは分からない感覚は第三者に聞いてみる

                          SNS発信する際「この写真でいいのかな?」って戸惑うことがあります。 写真テクニックを学ぶのに、今はとてもいい時代で、検索すればたくさんの記事が出てきます。 テクニックだけでは分からない感覚は第三者に聞いてみる テクニックを学んで撮影したものの…答え合わせができないってこともありますよね。 そういう時は、第三者の意見を聞くといいですよ。 それも、一人や二人ではなくて、なるべく多く聞いてみる。 そのために私はよくTwitterやFacebookで呼びかけをします。 私

                          スキ
                          2
                          • 自分の好きなものやコトを発信する理由

                            SNS講座やレクチャーの際には「好きなことを発信に取り入れていきましょう♪」とお伝えすることが多いです。 というのも、SNS発信を習慣化するためには、義務感だけでは続かないからです。 ですが、自分の好きを晒すのは恥ずかしいとか、特別に好きなことがないとかいう方が案外多いんですよね。 私もそうです。今でも自信を持ってこれが好きです!というのがなくて。 でも、日常には心惹かれることがたくさんあります。 細かいことだけど、それを集めていくのが楽しくて。 好きには自分の感性が

                            スキ
                            18
                            • 心荒むときほど優しくありたい

                              陽射しが春めいてきているものの、気温は相変わらずのマイナス14℃の阿寒湖の朝。 家の中にいると陽射しの強さに惑わされて、暖かくなったのかと錯覚してしまうんですよね。うっかり、薄着になろうとしちゃいました。 優しくありたい 人と積極的に関わろうとすると、良いこともあるけれど、そうでもないこともあります。 すれ違ったり、意図もしないことから敵対されてしまったり。 若い頃はそれを正そうと言及したりしたんですけど、最近はそれも人間の性だから仕方がないことだなと。なりゆきにまか

                              • フォロワーを増やしたいなら、プロフィールを充実させること

                                SNSプロフィールは投稿内容と同じぐらい大事 企業向けSNSコンサルのお仕事をさせてもらう際、重要視しているのはプロフィール設定です。 プロフィール欄というのは、自分が思っている以上に見られているものでして。TwitterやInstagramのフォロワーが思ったほど増えないのは、プロフィールが充実していないってこともあります。 その投稿がいいなと思えば「いいね」につながります。そして、さらに、その投稿をした人はどんな人なのか?って見にきます。そこで、よく分からないないよう

                                スキ
                                5
                                • Twitterを楽しむのに年齢は関係ない

                                  大人ほど敬遠しがちなSNS 企業向けのSNSのコンサル仕事をしていると、「SNSは若い人にやらせればいいんでしょ」という言葉をよく聞きます。 SNSは若い人の集まりだから、若い人がやればいい。 そんなふうに捉えている方が多いんですよねー。 でも、下手にやらせて炎上したらどうしよう、とか、礼儀を欠いた内容で企業イメージが落ちたら困る…などなどマイナスイメージが膨らんで、結局、発信への取り組みが疎かになる。 そういう企業さんがまだまだ多いです。 そもそも、SNSは若い

                                  スキ
                                  9
                                  • セルフリノベーションで温かみがある店舗「カフェ津別珈琲」に行ってきました!

                                    2021年7月30日にオープンした「cafe津別珈琲」さんへ行ってきました! こちらのカフェは、セルフリノベーションされた店舗でして。 オープン前から、その様子をずっとツイートされていたんです。 こだわるポイントが私と似ていてて…うんうん、そうだよね。とか、勝手に妄想しちゃうんですよね〜(笑) だから、できる前から楽しみにしてました。 楽しみにしていたくせに、この間、やっといけたという… これには事情がありまして。 私が行こうと思う日は、定休日なんですよね〜。 今月は

                                    スキ
                                    3