見出し画像

生活期のセラピストになろうと決めるまで…。その2


とある出会いが私を変えていくのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

https://note.mu/mijukunast/n/n4ae4eadec705の続き。

老健STの楽しさを教えてくれたのは、他でもない「利用者さん」だった。

こんな20代の小娘にやさしく接してくれて、時には仕事に対して励まし、時には叱ってくれる。活き活きと生活を送っている利用者さんを見ていたら、老健の仕事がだんだん楽しくなっていくのを感じた。

もちろんまだ心の中では「早く病院で仕事したいな~」の気持ちは残っていた。この時は7割病院志向のままだった。

ついに転機が訪れた。

それは1年目の冬。とある利用者さん(Aさん)と出会った。

この人との出会いが私の考えを変えていった。

Aさんは退院後すぐにやってきた。第一印象はリハビリにものすごい期待を寄せている方だった。

介護保険下では医療保険と違って、リハビリは最大3単位なんてできない。(と教わったけど、施設によっては3単位分出来るのかな?ちなみに私の施設では短期集中加算対象外は1単位~2単位が限界)

Aさんは納得できなく、毎回「リハビリの時間が短い」「病院はもっとやってくれた」など言われながらAさんとリハビリをしていく。40分を1時間ほど延長したり、時間が許す限り私も必死に行った。Aさんは決まって「早く治りたい、どうにかしてほしい」という方だった。

時間が足りないなんて…。仕方がないよ…病院のセラピストは介護施設のリハビリの時間の事なんて知らないもん。

…私も病院にいたら知らなかった事では…?

Aさんに病院の事を聞くと、「○○(リハの内容)がメインだった」「こんなリハビリだった」と話してくれる。

家族の事も、毎日どんな事をしているのか?といった話も聞いた。最初はリハビリの時間を言われるのが嫌だったからだが、そのおかげなのか気づいたことがあった。

「あれ…病院のリハビリとAさんの日常生活がリンクしてない…ような?」

ここで初めて病院のリハビリに違和感を覚えた。(病院セラピストの事を批判しているわけではないですよ)

他にもAさんにかかわってから、ケアマネさんと電話することが増え、他の事業所にも電話することが増え…。

Aさんの症状しか見なかった私が、いつの間にかAさんの生活・活動にSTができる事は何かを必死に考えるようになった。リハビリをいかに生活に落とし込むか、近づけるか…気づけば生活期に関する本や文献を探すようになっていた。

最終的にAさんは再入院し、通所リハビリは終了となった。ここにはほんの一部しか書かなかったが、Aさんにはたくさんの事を教わった。症状以上に「利用者さんの生活を見る事」を。それがセラピストの仕事なのだ。症状も大事だけどね。

そして「病院で働きたい」という意識が変わりつつある瞬間でもあった。

さらに続く!

#コラム #言語聴覚士 #苦悩 #リハビリテーション

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
言語聴覚士です。老健で個別リハビリ・集団リハビリ・介護予防を行ってます。もっと地域で働きたい!フリーで動きたいと密かな野望を抱いてます。小児~成人まで地域で支援していけるSTになりたい。

コメント5件

コメントありがとうございます。私何亜kでよければ。ちょこさんのもやもやが晴れれば幸いです。主任さんから「入るのはやめてください」というのは、STリハビリを終了しろということでしょうか?
あと、参加と活動に結びつけるのはとてもむずかしいですよね。私も今でも悩んでいます。私の場合は、利用者さんととにかく話す。20~30分リハビリなんかしないでとにかく話す。世間話から始めて、今この人は「何のためにリハビリをしたいんだろう?」「この人は何が出来るんだろう?」を考えます。「興味関心チェックシート」というシートを使ってもいいと思います。また、失語症の方の場合は、家族に話を聞くことが多いです。連絡ノート、電話を使って話すことが多いです。生活期リハは本当に難しいです。職場のPTさんOTさんにも聞いてみてもいいかもしれません。私もどうしても参加に結びつかない時は頼ってました(笑)
コメントありがとうございます、返信遅くなり申し訳ありません。
なぁなぁで入るのは辞めてほしい、と言う事だと思います。主任は10年以上経験のあるOTなので、辛辣なアドバイスを頂いてます。
ご利用者と話するの大事ですよね。当たり前のことなんですけど。。時間に追われてついついゆっくり話しできない事もしばしばで。。ながとさんからコメントいただおてハッとしました。
興味関心チェックシート使ってみました!シートがあると視覚的に分かりやすいですね!
一番困るのはご利用者は認知症がばりばりあるのに、家族がそれに気づいてないのか、自宅に返したいと仰る時です。
本人の出来る事が少なすぎて何からフォローしていけばいいのやら。。
コメントありがとうございます。私の経験では、認知症重度の方でできる事は自力摂取くらい。そしたらその自力摂取を最後まで保てるようにワーカーさんに介助は入らないでくれって頼んだりしてますね。できる事が少なかったら少ないなりにその能力を落とさないようにする…それがその方の尊厳を守ることになるのかな?と思ってますが、言うのは簡単ですが本当に難しいですよね。ここはワーカーさんやナースとの連携も大事になってきたりしますね。家族に関しては、「能力が落ちていく親を認めたくない」という家族は沢山いますよね・・・。私もまさにそんな家族と戦ってます(笑)一気に現実的な話をすると怒りを買ってしまったり、信頼がなくなってしまう事が多いです。少しずつ慎重に差くぐりながら話してます・・・。そういう家族ってドクター・ナースの話も聞かない場合もあるので中々手ごわかったりします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。