三宅町交流まちづくりセンターMiiMo

奈良県の三宅町にある施設です。2021年12月にオープンしました。

三宅町交流まちづくりセンターMiiMo

奈良県の三宅町にある施設です。2021年12月にオープンしました。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    「夢の伴走者」

     三宅町は「自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウン」をビジョンに掲げています。そして、このビジョンを実現するための拠点がMiiMoです。  その取り組みを加速させるため、MiiMoを利用する人やまちの人の「やりたい、夢を叶えたい」に伴走するプロジェクトマネージャーを募集します。  MiiMoは、ありがたいことに町内外の方にご利用いただき、日々賑わいがあります。それと同時に、MiiMoが本来果たすべき役割を果たせていない思いがあります。  今回の募集は、MiiMo、

      • 対話ってむずかしいけど、大切ですね。

        こんにちは松田です。 早いものでもうすぐ2022年も終わろうとしています。 今年はnoteを始めたり、noteに書いたことや書いていないこと、いろんなことを経験しました。 今日はその中でも、三宅町のビジョン・ミッション・バリューのバリューの1つに掲げている「対話」についての取り組みについて書いてみます。 なぜ「対話」なのか「対話」について調べると、「向かい合って話すこと。相対して話すこと。二人の人がことばを交わすこと。」とあります。 一方、三宅町の掲げる「対話」については

        • みぃもでおばけやしき

          こんにちは。松田です。 最近はあまり更新ができていませんでしたが、 今回は、10月15日に「みぃもでおばけやしき」というイベントを行った時のレポートを書きます。 なぜ、お化け屋敷をすることになったか。 MiiMoには「MiiMo子ども会議」というものがあります。    「MiiMo子ども会議」とは、三宅町在住の小中学生を中心とした子ども視点でMiiMoの使い方を検討するチームです。  今までにも、小中学生が集まって企画会議をし、「みぃもでだがしや」というイベントを実施して

          • 先進地視察 20220714~15 その③ NEXs Tokyo ~ まとめ

            こんにちは。松田です。 今回で視察編は最終回。東京都が運営するNEXsTokyoについてと、最後に簡単なまとめを書いていきたいと思います。 前回までの視察記録はコチラから↓↓  前日から天気は良くなかったですが、この日は午後から雨予報。到着する頃にはビショビショになりながら、逃げ込むように建物内へ。 スタートアップ支援 NEXsTokyoは、東京都が運営する、国内外の広域展開に挑むスタートアップのための事業です。三宅町もパートナー登録しており、スタートアップ企業とパート

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 三宅町のこと
            三宅町交流まちづくりセンターMiiMo

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            先進地視察 20220714~15 その② BIRTH-LAB

            こんにちは。松田です。 前回の埼玉県横瀬町に続いて、今回は東京に場所を移し、BIRTH-LABさんにお邪魔した時のことを書きます。 前回 横瀬町編 「コミュニケーション特化のシェアセッションスペース」 なんとなくこの謳い文句だけで、勝手にMiiMoのコワーキングカフェと親近感があるなぁと思っていました。  そんな中、内部をご案内いただいたのは、コミュニティマネージャーをされている青木さん。まずは建物の中を案内いただきました。1階・2階にはカウンター付きのキッチンとか、く

            先進地視察 20220714~15 その① 埼玉県横瀬町

            こんにちは。松田です。 実は去る7月14日・15日の2日間、視察に行ってました。 今回お伺いしたのは、埼玉県横瀬町、BIRTH-LAB、NEXsTokyo、の3カ所です。 今回は、埼玉県横瀬町についてです。 視察の目的視察の目的は、大きくは2つです。 ①コミュニティマネージャーについて ②場所の運営について ①は定義が難しいのですが、MiiMoにあてはめると、 『町のビジョンを理解した上で、「MiiMo」で町や町内外の人々と一緒に歩んでくれる人。』だと私は考えています

            MiiMoのきろく

            こんにちは!松田です。 先日は、MiiMo運営委員会のことについて書きました。 その中ではどんな話がなされているか、ということも少し触れましたが、今年はすでに全6回の会議が行われています。 本当は、1回1回についてnoteでも書いていくのがいいとは思うのですが、これまでの会議分はホームページにも挙げているので、興味をもっていただければ、ご覧ください。(手抜き) 「MiiMoのきろく」について MiiMo運営委員会で話し合ったことは、「MiiMoのきろく」として、Mii

            MiiMo運営委員会

            こんにちは。松田です。 今日はMiiMoの中心。 MiiMo運営委員会についてお話しします。 MiiMo運営委員会とは? どんな話をしているの? MiiMo運営委員会とは? MiiMo運営委員会は上の表でもあるように、MiiMo運営に関わる意思決定機関です。 構成しているのは、役場・住民代表・MiiMoに関わるいろんな分野の代表です。 どんな話をしているの? 会議では、MiiMoの日常について情報を共有したり、その中で出てくる課題を話し合って解決する途を探す、あ

            Mフェス2022 ~三宅のまつり~

            こんにちは。松田です。 今日は、この夏にMiiMoで行う予定だったイベントについて書きます。 MiiMo運営委員会では「Mフェス2022 ~三宅のまつり~」(以下、「Mフェス」)というイベントを9月10日に予定しており、準備を進めていたのですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に鑑みて、花火のみでの開催となりました。 「Mフェス」は、MiiMo運営委員会が主催で行う初めての大規模イベントでした。もともと三宅町には、商工会の青年部が主体となって行われていた「三宅noまつ

            「三宅町で地域通貨の可能性を考える」ワークショップ

             先月11日と12日に行われたHUFFPOSTさんとRethinkPROJECTによるワークショップがMiiMoで行われました。 その時のレポートがHUFFPOSTさんのホームページで掲載されています。 記事はコチラ MiiMoで行われるさまざまな取り組みも、今後noteでご紹介できればと思っています。

            MiiMoと私の仕事と6月

            こんにちは。松田です。 はじめました!とか威勢のいいことを言っておきながら、書くのは難しいなあと感じています。誰かコツを教えてください笑 今日は、簡単にMiiMoのことを私なりに書いていきたいと思います。 MiiMoは町直営(=町が管理したり運営したりする)の施設です。 今は光熱費や施設維持費、スタッフの人件費など運営に関して必要なお金は町の予算から出ています。 細かいことはまたの機会に譲るとして、ゆくゆくは町の手から離れ住民主体でMiiMoの運営が行われ、また、会社

            noteはじめました

            はじめまして。 奈良県三宅町にあるMiiMoという建物で仕事してます。松田といいます。 三宅町は公式noteがあります。(https://miyake-town.note.jp/) MiiMoのこともその中に記事を載せたことがあるんですが、これを機に、なぜかこのタイミングで、noteはじめました。 MiiMoで行われていることとか、私たちが経験したこととか、気張らずに書いていこうかなと思っています。