見出し画像

#15 【心理学】それって本当に私の事?人からの決めつけを受け入れない!

Mihoko Takata


こんにちは!
現在ブダペスト在住、フリーランスWebデザイナー / オンラインサロンオーガナイザーのMihokoです。

心理学について書いているnoteのタイトルに、【心理学】とつけてみたのだけど、その後に、「こんにちは!Webデザイナーです。」って続くの大丈夫?笑

さて、今回は先日書いた「心の投影」のお話しの、「投影されちゃってた側はどうする?」ということについて書こうかなと。
前回は「投影してた!気づけて良かった!」ということについて書いた。

「投影」って何かというと、詳しくは下の記事を読んでもらうと分かると思うのですが、簡単に言うと、
「自分の見たくない感情を、あたかも【相手】が持っているように責任転嫁する」ことです。

今回はこの、【相手】側になっちゃってたよ!というお話。


相手自身の見たくない感情を投影されちゃうこと

これ、先日私、両親や友人、元彼など、心理的距離が近い関係性の方にやられていたなあ~と気づき、ものすごく腑に落ちたのです。

あんた本当に自分勝手ね~
我がまま身勝手そのまんま!
常識を知らないんやな
お前は本当に人を傷つける人間だ

・・・
これは実際その人達に言われた言葉たち。
これを言われた当時は本当に傷つき、ショックで、私ってなんて最低な人間なんだろうと、すごく自分を責めました。

でもね・・
今思うと、これって、その人たちが自分自身をそう思っている、ということなんですよね。

前回、
「人のことなどはっきりわからないものだ。もし確信を持ってそうだと思っている事があったら、それは本当は自分の事だからだ」
と書きました。

あの時はショックでしたが、これが分かる今なら、本当にそうだったんだなあ・・・と思えます。

「投影を引き受けやすい人」っています。
素直だったり、真面目すぎたり、で、ちょっと自分に自信がなかったりとか、ね。そんな人。
ちょっと内向的で自分を責めやすい人。
何でも自分のせいだと思いがちで、罪悪感を持ちやすい人。
(私もほんと素直で真面目で良い人だからさあ~)
(あっこれちなみに女性性の性質です。こういう方はすごく女性性が豊かな方!男性でも女性でもね。)

私が今日書いたこと、私と同じように、人からされがちかも、と思い当たる方がいれば、
では、次からは「投影されて傷つかないように」どう対策していくか。

もし相手が決めつけるような事を言ってきたら、

「ふーん、○○さんはそう思うんだね、まあ私はそこまで自分の事をそうは思わないけど。」

と、言われた事をいったん信じないようにしてみてください。
言ってくる相手はうまーく罪悪感を刺激してくると思うんですが、そういう心の仕組みになっているんだ、と思ってみてください。

ちなみに、はあ?それってあなたのことじゃないの?と言っちゃうと、(それかそういうエネルギーで返しをしちゃうと、)相手からさらに攻撃が返ってくるので要注意です。だって見たくない感情を押し返されてるんですもの。そりゃ怒りますよねえ。はいはい。すみませんねえ。

むかつきますけど、せいぜい、「(心の中で)バレてますよ。」くらいに留めておいてください。笑
でも不思議とそんな感じで接すると、相手も投影してこなくなるんです。

自分の感情は自分で責任を持つとともに、相手の心の境界線を(相手が先に超えてきたのだとしても)こちらからは犯す事はしない。
相手の感情については相手がどうにかすることです。

これが人間関係を健全に保つということなんですよね。

▼今回この記事を書くにあたり、こちらがとても参考になったので、理解を深めたい方は見てみてください♪


----☆

フリーランスWebデザイナーと、オンラインサロンオーガナイザーをやってます。

▼私のオンラインサロンのWebサイト

▼私のWebデザインスタジオのWebサイト


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Mihoko Takata

Thank you so much♡