頭痛を診ている女性Dr
女性が活躍するために
見出し画像

女性が活躍するために

頭痛を診ている女性Dr

多くの女性が28日~40日に一度の割合で起こる

身体の不調のために少なからず苦労をしている方が多いかと思います

それは言葉で表現してもわかってもらいにくい言外の要素もあって

なかなか男性にそうした大変さを伝える事が難しいのではないかと思います

そうした時に女性である私のような立場の人がいれば

そのハードルが下がるのですが上司が男性という会社が多い中では

「頭痛があるから休みたい」とは言いにくいのではないでしょうか?

また実際に頭痛を専門とした女性医師を探すのは本当に至難の業で

探しだしたとしても「予約は1ケ月以上先です」と受付に言われたら

手元の市販薬で済ませてしまおうとなるのも自然な事ではないかと思います

今この時点で2021年に発売された片頭痛予防治療薬の3種類の注射剤

2022年6月8日に発売された片頭痛の急性期の痛みを取る飲み薬

があると知っていらっしゃる方はどれだけいるのでしょうか?

ほとんど知られていない理由の一つに「薬機法」という法律があります。

薬効や薬の名前を出して宣伝活動をしてはいけないと言います。

しかしその一方で「女性総活躍社会」という言葉がある通り

国は女性に活躍してもらわなくてはいけないと言っています。

2つの相反する事の葛藤の最中に居るのですが

ジェンダー順位ほぼ最下位の日本にとって

女性にとって朗報となる宣伝をしない訳にはいかないと

こうした活動を細々と継続しています。

多くの女性が悩む片頭痛の啓蒙活動をしていかなくては

女性が活躍する社会には程遠いのではないでしょうか?

noteを書きながら「多くの女性に届け!」と願って書き続けています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
頭痛を診ている女性Dr
女性に多い頭痛領域を専門的な目線でお届けしています。約20数年目の女性医師として多くの女性の味方でありたいと発信しています。保有資格は頭痛協会認定医 日本内科学会認定医 日本老年医学会専門医指導医 日本リハビリテーション科専門医指導医です。何かのお役に立てれば幸いです。