[カレリア民話] リスとミトンと針のお話(ORAVA, KINNAŠ TA NIEKLA)
見出し画像

[カレリア民話] リスとミトンと針のお話(ORAVA, KINNAŠ TA NIEKLA)

Kieli

リスとミトンと針のお話

昔、リスとミトンと針の3兄弟がいました。彼らは森に出かけました。3本の分かれ道にあたると、いちばん年上のリスが言いました。
-それぞれ別々の道を進んで、何か見つけものをした者が大きな声で呼ぶことにしよう。

針は途中で切り株を見つけると、大きな声で呼びました。
 - はやく はやく ミトン兄さん
  リス兄さんも ほら急いで!
  チビッ子針が 見つけたよ
  とっても良いもの 探しあてたんだ!

ミトンとリスが走ってきました。
- ぼく、こんな切り株を見つけんだ。
針が言いました。
- これが良いものだって、森の中は切り株だらけじゃないか!
そうして針は叩かれてしまいました。そして再び、別々の道に進みました。針はランピと呼ばれる森の池を見つけ、大声で叫びました。
 - はやく はやく ミトン兄さん
  リス兄さんも ほら急いで!
  チビッ子針が 見つけたよ
  とっても良いもの 探しあてたんだ!

ミトンとリスが走ってきました。
- 何を見つけたんだい?
針が言いました。
- ほら、森のランピを見つけたよ。
針はこっぴどくこらしめられました。
- 何が良いものだ、ただのランピじゃないか!

そして再び,別々の道へと分かれていきました。
針は沼のほとりへやって来ると、トナカイが草を食べているのを見つけました。針はいちばん大きなトナカイにこっそり近づくと、目の前の小高い草むらに身をかくしました。大きなトナカイは草といっしょに針もお腹に入れてしまいました。針がチクリ、チクリとお腹の中からシカを刺したので、トナカイは死んでしまいました。針はお腹からぴょこんと出てくると、再び大きな声で兄たちを呼びました。

 - はやく はやく ミトン兄さん
  リス兄さんも ほら急いで!
  チビッ子針が 見つけたよ
  とっても良いもの 探しあてたんだ!

しかしミトンとリスは言いました。
- 今度は行かないよ、どうせ針がまた嘘をついてるんだ。きっとまた切り株でも見つけたんだろうよ。
針はもう一度、2回目の呼びかけをしました。

 - はやく はやく ミトン兄さん
  リス兄さんも ほら急いで!
  チビッ子針が 見つけたよ
  とっても良いもの 探しあてたんだ!

ミトンとリスは言いました。
- 行くもんか、針はまた嘘をついてるんだ、どうせまたランピでも見つけたんだろうよ。
針はもう一度、3回目の呼びかけをしました。

 - はやく はやく ミトン兄さん
  リス兄さんも ほら急いで!
  チビッ子針が 見つけたよ
  とっても良いもの 探しあてたんだ!

ミトンとリスが、針のところにやって来ました。
- それで,どんな見つけものだって?
針は言いました。
- トナカイを倒したんだ。
たしかに、沼のほとりの小高いところに、死んだトナカイが横たわっています。ミトンとリスは、針の頭をなでました。
- こんな素敵な見つけものをするなんて、お前は良い弟だ!
トナカイを切り分けることにしました。
- さて、煮こむにも、お鍋がないじゃないか。
針がリスに言いました。
- 兄さんには鋭いツメがあるよね、白樺の皮をはぎとってくれないかな、僕らが皮から鍋をつくるから。そうしてお肉を煮ようよ。
針は白樺の樹皮を縫い合わせて、鍋代わりの小さな容器ができました。
- でも、お水がないね。どこから水を手にいれられるってんだ?
針は言いました。
- ほら、ランピを見つけたじゃないか。そこに水があるよ。
ミトンが水を汲んできました。
- でも、薪がないね、どうやってお肉を煮るってんだい?
針は言いました。
- ほら、切り株を見つけたじゃないか。

針が切り株のところへ走っていき、ぐつぐつと煮込みはじめました。そうしてお肉が煮上がると、お腹いっぱい食べ、残ったお肉は家へと持ってかえりました。きっと今でもまだ、お肉を食べていることでしょう、たくわえが尽きていなければ。

ORAVA, KINNAŠ TA NIEKLA

On ennen kolme velleštä: orava, kinnaš, niekla. Hyö lähetäh mečällä. Tulou kolme tiehuarua. Orava (heistä vanhin) sanou:
– Kaikin lähemmä eri tietä, ken mitä šuanou sualista, sen pitäy huhuta.

Niekla i löytäy männeššäh tervaškannon. Niekla huhuou:
 – Kiijä, kiijä, kintahaisen,
    oravaisen oikutte!
    Niekla-rukka löyvön löysi,
    šai šuuren šualehen!

Ne juoššah (kinnaš ta orava).
– Löysin mie tervaškannon, – niekla šanou.
– Mi šualis tämä on, tervaškantojahan on täyši meččä.
Häntä lyötih šiinä. Mäntih tuaš eri tietä. Niekla löytäy vesilammin ta alkau huhuta:
 – Kiijä, kiijä, kintahaisen,
    oravaisen oikuttele!
    Niekla-rukka löyvön löysi,
    šai šuuren šualehen!

Kinnaš ta orava tullah:
– Mitä šie löysit?
Niekla šanou:
– Vesilammin löysin.
Nieklua lyyväh, piekšetäh:
– Mi tämä šuuri šualis on, kun vesilampini on!

Lähetäh tuaš eri huaroilla mänömäh.
Niekla mänöy šuon laitah. Kaččou, kun petrakarja šuolla šyyväh kortehta. Niekla mänöy kaikkein šuurimman petran eteh mättähällä ta pistäytyy korttehen šiämeh. Šuuri petra šöi korttehen tai nieklan šöi marahaš. Niekla pistelöy, pistelöy petralla marua — tai kuolou petra. Tulou niekla petran marašta ta karjuu tuaš vellijäh:
 – Kiijä, kiijä, kintahaisen
    oravaisen oikuttele!
    Niekla-rukka löyvön löysi,
    šai šuuren šualehen!

Kinnaš ta orava šanotah:
– Emmä nyt lähe, niekla tuaš valehtelou, min lienöy tervaškannon löytän.
Niekla tuaš toisen kerran:
 – Kiijä, kiijä, kintahaisen
    oravaisen oikuttele!
    Niekla-rukka löyvön löysi,
    šai šuuren šualehen!

Kinnaš ta orava šanotah:
- Emmä nyt lähe, niekla tuaš valehtelou, min lienöy vesilammin löytän.
Niekla huhuou kolmannen kerran:
 – Kiijä, kiijä, kintahaisen
    oravaisen oikuttele!
    Niekla-rukka löyvön löysi,
    šai šuuren šualehen!

Tullah kinnaš ta orava:
– Mi šiula nyt on šualis?
Niekla šanou:
– Mie ammuin petran.
Petra venyy kellottau kuollehena mättähällä. Kinnaš ta orava piätä šilitetäh nieklalta:
– Kun näin hyvän šualehen šait, nin nyt olet hyvä veikko.
Tai nyletäh še petra.
— No nyt pitäis miän ruveta keittämäh, nin ei ole kattilua.
Niekla šanou oravalla:
– Siula kun on terävät kynnet, nin mäne kiso tuohta, luajimma tuohešta kattilan ta sillä keitämmä lihua.
Niekla ompeli tuohiropehen kattilakše.
– Ka ei ole vettä, – šanotah. – Mistä nyt vettä šuamma?
Niekla šanou:
– Löysinhän mie vesilammin, šielä on vettä.
Kinnaš kävi vettä.
– Ka ei meilä ole i puita, millä keittyä tätä lihua.
Niekla šanou:
– Löysinhän mie tervaškannon.

Niekla juokšou tervaškannon, ruvettih keittämäh. Siitä hyö keitettih, šyötih ta loppuset lihat vietih kotihih. Niitä vielä i nyt šyyväh, kun ei liene loputtu.

単語

orava [名] リス
kinnaš [名] ミトン
niekla [名] 針
velleš [名] 兄弟, 兄, 弟
tiehuara [名] 道の分岐点, 交差点
eri [形] 異なる, 別々の
sualis [名] 入手, 獲得, 戦利品, 獲得物
huhuta [動] 叫ぶ, 大声を出す
löytyä [動] 見つける
tervaškanto [名] 樹脂の切り株
kiijättyä [動] 速やかに運ぶ, 疾走する, 全速力で走らせる
(oijota [動] 急いで出かける, 急ぐ, 走る)
rukka [名] かわいそうな人, 不幸な人
löytö [名] 見つけること, 発見, 見つけもの, 掘り出し物
lyyvvä [動] 打つ, ぶつ, たたく
lampi [名] 池
pieksyä [動] なぐる, 殴打する
šuo [名] 沼, 湿原, ぬかるみ
laita [名] 端, はずれ, すそ
petra [名] 野生のトナカイ, 鹿
karja [名] 動物の群れ
korteh [名] トクサ属の植物
mätäs [名] (草などに覆われた)小丘, でこぼこ
pistäytyö [動] 駆け込む, 走って隠れる
šiämeh [副] 中へ, 内部へ
mara [名] 腹, 腹部, 胃腸
pissellä [動] ちくちく刺す, 針で刺す
kuolla [動] 死ぬ, 亡くなる
karjuo [動] 叫ぶ, 大きい声を出す
velli [名] 兄弟, 兄, 弟
lietä [動] (可能法で用いて)~かもしれない
ampuo [動] 撃つ, 射撃する, 射る, 仕留める
venyö [動] 横たわる
(kellottoa [動] 横になる, 寝そべる)
silittyä [動] なでる, さする, アイロンをかける
veikko [名] 兄弟, 兄, 弟
nylkie [動] 取り外す, 分解する, 皮をはぐ
keittyä [動] 煮る, 煮て作る, 沸かす
kattila [名] 鍋
terävä [形] 鋭い, 鋭利な
kynsi [名] 爪
kis kuo [動] 破る, 引き裂く, ちぎる, 皮をはぐ
tuohi [名] 白樺の表皮
liha [名] 肉
ommella [動] 縫う, 縫ってつくる
ropehut [名] 白樺の皮からできた小さな容器
loppuni [形] 最後の, 終わりの
loppuo [動] 終わる

出典

所蔵:ロシア科学アカデミー カレリア学術研究所(KarRC RAS)
採取地:ペトロザボーツク(ただし話し手はカレヴァラ地区出身)
採取年:1947年
AT 90

上述のKarRC RASの他、フィンランドのSKS(フィンランド文学協会)口承文芸保存局にもいくつかのバリエーションが収蔵されていますが、その出自はカレヴァラ地区(ヴィエナ・カレリア)に限定されていると見られています。

日本語出版物

・「子どもに語る 北欧の昔話」, 福井信子/湯沢朱実編訳, 2001, こぐま社
 └『りすとてぶくろと針』

つぶやき

カレリア民話の中でも、好きなお話の一つです。
同じような呼びかけが繰り返されるのは、(カレリア)民話の特徴ですね。こうした呼びかけは大抵、韻を踏んでいます。残念ながら訳ではそこまで表現できなかったのですが…。

また Niekla-rukka を「チビっ子針」と訳しましたが、正確には「哀れな針」で、いじめられっ子であることが伺える言い回しです。
それにしても、面白い組合せの兄弟ですね。

ちなみにロシア語に訳されると、リス(Белка)、ミトン( Рукавица)、針(Иголка)はすべて女性名詞なので3姉妹になってしまいます。

>> KARJALAISIE RAHVAHIE ŠUARNOJA(カレリア民話)- もくじ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Passipo! Kiitoš! ありがとうございます!
Kieli
自分の基盤であるフィンランド,憧れやまないカレリア。多くの伝統を共有しながらも,その伝統が異なる方向へと新たに「創造」されていく双方文化から目が離せません。しばらくは主にカレリア語独学記録,カレリア民話の和訳、ときどき伝統楽器カンテレやカレリアの音楽について綴っていきます。