読み終えた本の備忘録。やたら偉そうなブックレビュー。ネタバレには注意していますが、若干含まれてしまうかもしれません。映像・文章の無断転載はご遠慮ください。All rignts reserved.

人類が劇的な終焉を迎えるなら、この眼でそれを見てみたい 【ブックレビュー】伊坂幸太郎『終末のフール』(集英社、2006年…

著者:伊坂幸太郎 書名:終末のフール 出版:集英社  本書と出会ったのは、私が高校生のときである。当時の恋人は読書が趣味で、高校入学以来、ずっと図書委員を務めてい…

簡単ではない人生に 【ブックレビュー】又吉直樹『火花』(文藝春秋、2015年)

著者:又吉直樹 書名:火花 出版:文藝春秋   今更、書評をするまでもない。「文學界」に掲載された当初は、史上初の増刷がなされ、即単行本化。2015年、第153回芥川賞…

多様な「幸せのかたち」 【ブックレビュー】三浦しをん『愛なき世界』(中央公論新社、2018年)

著者:三浦しをん 書名:愛なき世界 出版:中央公論新社  小説を2冊くらい買って帰ろうと思いながら、書店をウロウロしていたときに見つけて手に取った一冊。三浦しをん…

想像の上をゆく伏線回収 【ブックレビュー】辻村深月『かがみの孤城』(ポプラ社、2017年)

著者:辻村深月 書名:かがみの孤城 出版:ポプラ社  本屋大賞の受賞作は、おもしろいだけではなく、読みやすい作品という印象がある。「趣味は読書です」と言えるように…

真夜中の恐怖体験 【ブックレビュー】道尾秀介『いけない』(文藝春秋、2019年)

著者:道尾秀介 書名:いけない 出版:文藝春秋  本書は、道尾秀介先生によるミステリー小説である。帯には、「体験型ミステリー」などといった宣伝文句が記載され、いか…