見出し画像

暗号通貨の本命、facebookのリブラ

明日価値が上がるかも下がるかもしれない通貨を日常の買い物や割り勘での支払いに充てられるわけはなく、投機(よく言って将来的な価値の値上がりを狙った長期投資)対象にしかbitcoinはなりえていません。

一方で銀行の暗号通貨*は利用者が少なく、電子マネーはプリペイドカードの域をなかなか超えられない印象で、ブロックチェーンを用いた国際的な共通通貨はまだ登場していません。

*仮想通貨から暗号資産と名称が変わりましたが、今回はまさに通貨ですね

きっとゼロベースで、本当に世の中に求められる暗号通貨が何か、facebookの人たちは考えたんだと思います。そして、しっかりメガベンチャーや決済大手をまきこんでいるところも、ビジネスのうまさがうかがえます。

以下の記事ではリブラの加盟企業や利用シーン、日本での展開など詳しいです。

そうそして、銀行に対するインパクトが相当大きいのではないかと思います。日本ではそもそも法規制上、いつ本格的に普及するかはわかりませんが、金利が低く貸し出しで利益が出せない金融機関が、決済手数料すら儲けがでないとなると、ますます厳しい事業環境となります。銀行の機能のアンバンドル化は避けられず、金融機関ごとのその存在意義が問われます。

リープフロッグ現象として新興国にモバイルが一気に普及しましたが、このリブラもあっという間に広がる可能性を秘めています。国によっては国家が管理する通貨の価値がほとんどなくなる可能性すらあり、すごい世の中になりそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます!嬉しいです。
6
デジタルを中心としたプロフェッショナルファームであるCoum株式会社の代表。プロフェッショナルにとって最高の場所であり、顧客とよりよい明日を共創できる組織を作ることを仲間と共に目指しています。 http://coum.co.jp/