見出し画像

座談会「まんがいのちかしょっぱいか」 真崎守とその他一同

座談会「まんがいのちかしょっぱいか」 真崎守とその他一同
◇まんがコミュニケーション/子ども調査研究所
◇1971年5月1日発行
◇定価100円
◇写経=加藤清司

画像1

画像2

 
自分の描いたものが映画になるとしたら、最初から映画にしちゃったでしょうね。絵がいらなくて文字だけでやっちゃえそうだとしたら、
やっぱり文字でやっちゃうと思うね。だから、マンガでないとできない部分というのは解らないから、それを愉しみに探してゆく………

■<子守唄>から<挽歌>へ

橘川 僕たちが<はみ出し野郎の子守唄>を読んでたころは、こりゃあすぐ潰れるんじゃねえか、もうすぐネタ切れになるんじゃねえかと思いながら読んでたわけですよ。僕だけの感じかもしれないけれど……。

真崎 恥ずかしいですね。そういうことを言われるのが(笑)

橘川 それが<はみ出し野郎の挽歌>に移って全然違う所へ行っちゃったわけでしょう。あの接点というか、飛躍点が非常に解らないんですね。今日は、その辺のところを話していただきたい。

真崎 描く方は飛躍を考えない。<子守唄>のつぎに何がくるか、と自分で考えてゆくと自然にああなったみたい。ほとんど飛躍はしてないんじゃないかな。作為的に持っていこうとしたものじゃない。ただ、<子守唄>を描くまでの期間は駆け出しとしての焦りがあったでしょう。……一ヶ月間全部切っちゃって旅に出たら、あまり焦らなくなっちゃったね。

橘川 僕としてはね、あそこでなにかに分かれた様な感じがするんです。<ジロが行く><ひびく生命>と<挽歌><さびついた命>とは違うような感じで、その両方の用というのが、<子守唄>にはあったようで……。

真崎 それはあるね。そういう言い方だと。すごく当たってんじゃないかなと思う。一本の作品の中でも何でもかんでもやろうとした時期と、もう編集者と喧嘩して行くのとシンドくてかなわんから、……つまり自分側に廻ってくれる編集者とは狎れ合いで好きな仕事しておこうというのと、これは……仕事だあ! と思わないとやっていかない部分と、割と分かれてるけどね。
 何か自分のタイプとしては、理屈でわかっちゃ駄目というみたいな所がすごくあるね。だから動物的カンとか精神的反応みたいなものをアテにして描くとああなっちゃったんだみたいな(笑)、理屈でわかっちゃったら多分絵を捨てて小説にしちゃったみたいな創り方になるね。
僕の場合だと。言葉じゃなくなるんだよね。言葉をどこまで捨てちゃうかという所でマンガ描いて行くと、絵でどういうイメージを出すかというと、イメージが先行しちゃって……歌謡曲やマンガというのはすごくそういう所が多いみたいね。歌謡曲を聴いてて歌詞の意味を解るよりもこのフィーリングが欲しいみたいな所があるね。あれが大事になってきて、するともう主題歌はいらないということころで、主題歌も捨てちゃったわけね。

■死に方について

橘川 それでこれからっていう事になると、今一応死という問題が真崎さんの主題になっていて、今度の<死春期>では、どういう方向に行くのか解んないけど、その辺を少しボロ出して下さい。

真崎 子守唄を歌って、よしよしと育てられて、それから棺桶に足を突込んだら挽歌が歌われて、土壇場で僕はやっぱり死んでもしょうがないなあ、という事件に会っちゃったんで死に切れない。じゃあ死ななきゃどうなるかという部分ね。結構ウロウロさ迷ったり、みっともなく駄目になったりというのがすごくあると思うんだけど、死んだって構わないのに死に切れない。で、何でウロウロ生きてんか? みたいな話が<死春期>で続いて行くんじゃないかと思う。だから気持ちの上では、<挽歌>の次にくる話は<キバの紋章>(少年マガジン)……。

橘川 真崎さんはよく交通事故のマンガを描きますね。あんなのは、あの死に方っていうのは、核兵器の問題と同じだっていう気がするんです。

真崎 もっともポピュラリティーのある加害的な死に方は、今なんか交通事故なんかは、マンガに出た場合、説得的しやすく、象徴的な感じがするのね。だから腹切る死に方と、飛び込んでくる死に方――自分は死ぬ気がしなくて――<眼の中を夜がさまよう>なんか、子供が二人、今日帰ったら何をするかって話してて、すぐ後でガバッて死んじゃうみたい。そういう死に方って、積極的な自殺とすごく違う気がするのね。不本意な感じ、(笑)はあるんだけど。ゴダールなんか、平気で使っちゃうでしょ。<軽蔑>なんかでは、非常に唐突な感じがした。今では、あれはもう唐突でなければ、という気がするんで。あの唐突さだけがイマ的な感じがするなって気がするね。
 でも、死に対しての漠然とした予感みたいなのは、ずうっとあるみたいね。それは好んであるわけじゃなくて、どうせ死ぬんだ、みたいなのがわりと長くあって、ただ、どう死ぬんだ、という積極的な欲望が未だないんで……。

■ストーリーの問題

斎藤 真崎さんのなかで、ストーリー嫌悪みたいなのがあるでしょう。

真崎 ストーリーってのは、僕は本当に解んないんですよ。ストーリーは作るものって感じはないんですよ。在る(黒丸)ものみたいな感じがあって。だから、ストーリーを積極的に否定したり肯定するという意識がなくて、あんまり関わらないみたい。それが、少年誌なんかでは、ストーリーがないと買ってくれない。という事があるので、その場合にはストーリーを意識しますけれど。だから、<はみ出し野郎>に関してはストーリーをほとんど意識しなかったですね。
それから、<子守唄>と<挽歌>で決定的に違ったのは、ストーリーで持たせたり、泣きを入れてゴマをするみたいな気持ちを捨てちゃって、もういつ切られても仕方ないという感じでね。あれは編集会議では何べんも切られる話になったんですよ。だけど、へんな担当者が付いていましてね。これが辞表片手に毎日やってくれるわけですよ。それで、<挽歌>は12回続けられたんです。もう止めて商売しようか、と言うと、俺は何のために今日までやってんだというわけですよね。
だから、僕みたいなのが、「漫画アクション」みたいな雑誌に一生懸命に描いても、絶対に駄目だね。この話は何の話ですかなんてね。

斎藤 話にならないね。

編集部 ストーリーのことですけれど、たとえば白土三平とか手塚治虫とかの長編まんが、あれの話のすじだけを拾ってきてストーリーといい、あれはストーリーがあるからストーリーまんがだ、なんて言ってきたというのは、非常に便宜的な文学主義が、まんが批評のなかに入り込んだ結果じゃないか。ただすじをつなぎあわせてというより、まんがのストーリーの概念というのは、やはり何か文学あたりのストーリーというのとは違う何かがあるんじゃないだろうか。その辺のところをうかがいたいんですが。

真崎 今だとゴダールが出てきちゃって、ゴダールファンがいる割りにはゴダールマンガというのが描けないみたいなところがあるみたい。なぜか「どですかでん」で大ヒットして、「どですかでん」方式でいく梶原一騎になっちゃって、梶原一騎でないとマンガとしてお客さんと会話できない世界が、この4・5年でほとんどできちゃったみたいな気がするのね。だから、<ワル>なんかその典型だと思うけど、絵がいらないで、ネーム読んでいけば全部解る。
 描く側のぶっちゃまけた話を言うとね、手塚まんが以後、えんえんと作ってきたまんがの方法論というのがあって、それを梶原さんとか、小池一雄さんとか佐々木守さんが今ダメ押ししているという時代だと思う。とすると、それをみなれている読者っていうのは、マンガの読み方というのを方法として持っちゃっている。それと正面から喧嘩してもできないなあ。という恐怖感がすごくあって、だから、文字を取り払っちゃえば済むかというと、やっぱり読ませるという方法も読者の癖としてあるわけだから。その方法にのっとって読者をだましていく方法は?と考えると面白いけれども。
 セリフ取っ払っちゃった方法だと、佐々木マキさんでも赤瀬川源平さんでも、そこまで行っちゃうと、逆に額縁に入ったタブロオと変わんなくっちゃうんじゃないか。という気がするわけね。<夜盗のごとき訪れ>では駄洒落遊びって言われちゃったんだけど、言葉に意味なんてないよ、というところを大事にしたかったんで、男の言う言葉、女の言う言葉、同じ言葉だけどまるで関係ない。それがまた言葉らしいみたいなところがあって。イメージの拡散ということはあるわけだし、やっぱり描く側の押し付けたいというところがあるような気がする。言葉で限定させておきたい、と。つまり、特売品のなかの、豪華品なのか、普及品なのか、みたいなね。

■世代

真崎 盃ちゃん(子守唄、挽歌の主役)の死に方というのは、自殺の典型だと思いますね。殺す他に自分の死に方がないみたいで。あれはすごくスケベな描き方したんですけどね。結局、腹切って死んじゃうのが40代で、ドカーンというのが30代で、ドージョって死んじゃうのが20代なんで、それから死ぬことすら知らないガキっていうのが一人いて……

橘川 女ということもありますね。

真崎 ウン、女子供は一蓮托生。ヤバイけどね。ただ世代によって死に方を少しずつ変えたいって気がするね。変わって欲しいって願望がありますね。僕なんか、そろそろ30で。

橘川 それで聞きたいんですけど、真崎さんは来年で30歳ですね。それで<眼の中を夜がさまよう>で、ドント・トラスト・オーバー・サーティーって言ってましたね。それで来年はやっぱり重要っていうか、J・レノンが今年の10月で30になったわけだけども、その前にビートルズは解散しなければならなかったでしょ。20というのはパッションの問題だから、パッションのはくしょん、で成っちゃうわけだけど、30というのは思想が関わってくると思いますしね(笑)

真崎 ただ、それは誕生日からの30台と時代意識としての30代というのとは、すごくズレているような気が最近しますね。僕なんかだと、いまの自分の感覚って20代のガキみたいな所があるね。街へ出るでしょう。35歳以上の人と話すと絶対駄目なのね。駄目っていうのは、狎れ合いの会話というのができちゃうのね。いくら話しても傷つくことはないし、結論はちゃんと用意されて話すみたいで、20代ってのは話してピンピン来るのね。相当ガックリくるしね、2日位は仕事ができなくなったりしてね。
 思考方法は、 やっぱり僕の齢と20の人とずいぶんズレがあるね。だからそれは、狎れ合いで話しても解らないものだけど、僕も興味があって……

斎藤 「間引かれ派」というのは何ですか? あれはよく解んないんだ。

真崎 僕も解んないですね。記憶がないから、認識としてはないわけですよね。後から理屈をつけるわけです。それは文句をいわれたら、何も答えようがないんですけど、やっぱり、産めよ殖やせよ、という事が解んないわけですよ。で、解りたいという気があるんですよね。割とどっちでもいいや、みたいな暮らしをしてるでしょ。
 白土三平さんの作品に出てくる死に方だとね、結局、飢えがあって、何とかがあって、一揆か、というのがあって、あの裏には一揆に行かなければ、うば捨てに行くみたいなところがあるんですよね。だから、生まれた結果、やっぱり駄目なら死ねみたいなところがある。僕の時代というのは何かこう、いつでも飛行機に乗って飛び込め、みたいな事を課題にして産ませられた。それで産むたびに町内でお祝いしたみたいなもんでね。飛び込む者ができたからお祝いするというのは、とても面白いと思う。
 焼け跡っていうのは記憶がまばらにあるね。戦争の記憶なんて、何にもないです。ただ考えて行くと面白いと思うと、それは戦争だったりチャンバラの時代だったりするわけだけど、時代とか場所とか関係なく、とても面白い時ってあるんだよね。
国中みなヒステリーみたいな所があって。個人の自殺は今一生懸命描いているんだけど、国をあげての自殺なんて、とても想えないよね。国をあげて自殺するなんて、壮大なロマンであって(笑)

斎藤 つまり真崎・守氏とか僕とかっていうのは、戦争は終ったというのは覚えているけどさ、どのような責任も考えられないわけね。

真崎 そのとおり。

斎藤 にもかかわらず、その中に幼児体験としてはさ、ブザマに抑制された、というのかな、あるいは染めあげられたものとしてさ、俺の中に一種のヨコシマなものとしてね(笑)、そういうものが残っているんじゃないかと思う恐怖感はあるよ。

真崎 変な話だけど、佐野美津男さんが<浮浪児の栄光>って言うだろ、<栄光>なら立派だなという気がするのね。野坂昭如が、焼け跡でグレるという。グレる意志があったというのは、すごいなあ、と思う。羨ましいよね。野坂さんのやっぱり読んでて、自分でじゃあどうすべえか、という判断は自分でちゃんと持ってて、何かやってきて、いくら悲愴な言い方をしても、僕なんかからみれば、立派なもんよ。少なくとも何かの事件に自分の意志を働かせられたというのがあれば、それはそれでね。やむをえないとか、仕方なかったとか色々あっても、やはり意志の働く余裕が許されたというのは、とても羨ましいね。

編集部 はあ、そういうもんですか。世代ってのは、世代のちがうところからみると、見取図が全部違ってくるんでしょうね。意志を働せる余裕が許されたのが羨ましいっていうのは、どういうのでしょう。

真崎 たった今、現在考えてる話ってのは、一人遊びとは何か、ていうんで、ヘンな話だけど、死んでも学校に行きたくないって泣きながら学校へ行ってみたいなのは、大人になってどうなっちゃうのか。養老院のなかでちゃんと暮らしていける人と、暮らし切れない人がいて、そういうのは自殺しちゃう、暮し切れる人というのはガキの頃そういう体験を通ってきた人で、養老院に入っても一人遊びができちゃう人でね。
 孤立というのは、ほんの一時期だと思うのね。それが一年も二年もたつと、それは孤立じゃなくなって、きっと慣れになってしまう。

斎藤 それは僕には割とよく解る気がするんだ。で、一人でいられる子は、カッコいいとか強いとか聞えるわけだけど、逆にイザとなりゃそうやってやっていけるということがあって、日常性の中ではさ、他の人以上に滑らかでないと、こりゃ塩梅よくないということがあってさ。だけども、駄目だと思えば全部駄目になってもやって行けるみたいなものがね、中にある。そういうタイプの人が、真崎さんのマンガによく出てくるけどさ、僕にはすごく解るんだな。

真崎 幼児期の孤立体験なら、僕の世代みなそうなんです。自分の年代の人に話すとね。皆俺もそうだって言っちゃうんです。これがいやらしくてね。恐いわけですよ。<ジロが行く>って話はそれだけなんですよね。孤立してたガキはどこへ行くか、て、行きどころがないわけですよね。皆なが、抒情だなんだっていうでしょう。一生懸命やるほど皆な裏目に出ちゃうじゃないか(笑)というヒドイ話なんだ、あれは。幼児体験で孤絶状態に陥った子が、もの心つくとどういう状態になるか解んないけど、要するに物事に対する執着心とか向上心がすごく欠落してゆく感じしますよね。だから出世してやろうという意識がすごく希薄になりますし、僕なんか同業者がビル建てて旗立ててっていうの無条件で尊敬しちゃうのね。俺はそういう感じ、30年持ったことがない、同じ世代の人がなぜそうなるのか解んない。解んないから、そこだけ俺は駄目だみたいなものがあって、それから向上心とか、これだけは譲れないみたいなものが、要するに熱血男子スタイルのものが、あまりないんですね。どうでもよいじゃないの、みたい。

この続きをみるには

この続き: 3,438文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

橘川幸夫関連の資料を整理します。

または、記事単体で購入する

座談会「まんがいのちかしょっぱいか」 真崎守とその他一同

橘川幸夫

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

幸い多し。
10
参加型社会一筋

こちらでもピックアップされています

橘川幸夫コミュニティ・マガジン(思考note)
橘川幸夫コミュニティ・マガジン(思考note)
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額1000円。★since 2016/04

コメント (1)
20歳の橘川が、初めて会う人気漫画家に、ずいぶんとなめた口きいてますねw そうそう、この号で、僕の真崎守論も掲載されていたはず。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。