見出し画像

テレワーク×チームコミュニケーションがつくる大事な世界の話

柏木誠|プロジェクトデザイナー

2016年7月に「おかいもの研究室」というユーザテストを軸にしたUXコンサルティングサービスをNHN テコラス株式会社で立ち上げました。(2018年6月にNHN JAPAN株式会社に所属を移動、2019年11月まで活動を続けておりました。)


この「おかいもの研究室」をやっているときに知り合ったのが、当時ポップインサイトCEOをしていた池田朋弘さん(現、株式会社メンバーズ執行役員)。本日は池田さんの書籍、11月27日発売の「テレワーク環境でも成果を出す チームコミュニケーションの教科書」の応援noteです。


さて二人の出会いを簡単に書くと、当時ポップインサイトの営業の方が(木島さんだったかな)NHNに営業にきました。

で、営業の話しを聞きながら私も「おかいもの研究室」がつくりたい世界の話しをしていたら「ピン!」と来たらしく、「絶対に社長(池田さん)と気が合うと思うから是非会って話してみて!」的な提案を受け、ほうほうそれは面白そうだ。と思ってたら、かぶせるにように「実は・・・・。ポップインサイト、リモートワークで池田さん横浜に住んでいるんですよね。横浜でも大丈夫ですかね」と言われた。

「問題ないです!」(まぁ私町田市在住だから隣だしね。)って返したら「実は横浜の端っこなんですよね」って言われた場所が、私の家から二駅隣。(めちゃ近いじゃん。歩いて30分くらい。)

ってことでコメダ珈琲店で落ち合う。速攻で意気投合。ちなみに2人の会話はあっちこっち高速で展開します。「あ、同じ人種ですね」。


続いて、池田さんのnote

noteを読む前から本は購入したんですけど、とても大事な事が書いてあった。

「テレワークだからこそ実現できること」の章の以下の文章が過去の自分と重なる。

何より「ずっと寝ているだけ=ただの病人」という状況だった自分が、「働いている=普通の生活を送っている人」という状況になったことで、前向きに生きていられるようになりました。

私も20代のうち7年間は闘病生活、「ずっと寝ているだけ=ただの病人」の期間が長かった。でも少しだけど自宅でも仕事をしていた時期もあった。この瞬間だけは「普通の生活を送っている人」の状況。

当時はテレワークなんて発想がある会社は皆無で、ポップインサイトは残念ながら存在していなかったけど「テレワーク×チームコミュニケーション」ってのは本当に大事なんだよね。「社会との隔離」ってホント辛くて、そして私20代の記憶ってグレーなんですよね。今は元気なので忘れちゃうけどね。

だから、私もこの本は全力で応援しないといけない。過去の自分の為にもね。(池田さんの応援noteが過去の自分への応援noteになったな。まぁいいか。)

以下は池田さんのnoteより

『テレワーク環境でも成果を出す チームコミュニケーションの教科書』で整理した内容が、より良い職場環境を作り、より楽しく幸せに働ける人を増やす一助になればと、心から願っています!

読むのが今から楽しみだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
柏木誠|プロジェクトデザイナー

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

柏木誠|プロジェクトデザイナー
プロジェクト最初の課題は関係者間で"様々なズレ"があること。これを2つのデザイン側面(設計のDESIGN、意匠のdesign)から整理し「共創の景色」を描くことで解決するプロジェクトデザイナーを名乗っています。非同期かつ境界が無い世界のプロジェクトマネジメントについても思案中