見出し画像

創作》白と黒

白い世界に、ポツンと1つ黒を落とす。
黒はゆっくりと広がり、薄まりながらもしっかりと世界を濁していく。

黒はどうしようもなく強いのだ。

では、黒に白を落としてはどうか。
残念ながら、黒はあっという間に白を飲み込んでしまう。
黒はそれこそ光すらも飲み込んでしまうのだ。
これはいけないと、
何度も何度も落としてみるが、黒が白になることはない。
頑張ってみたけれど、黒がすこぅし薄まる程度だった。

「ままならないなぁ…」

僕はそう呟いて、カップの縁ギリギリまでになったカフェオレを、そっと口に運んだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めぇ〜〜♡
3
創造と想像をくりかえす、黒いヒツジ。

こちらでもピックアップされています

意味不明小説集
意味不明小説集
  • 82本

自分の意味不明小説や、noteで見かけた不条理だったりホラーだったりする、星新一系の意味不明ショートショート(1頁漫画も)をまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。