見出し画像

バファリンな彼。ー半分は優しさで出来ています。ー

出会いは、16歳。
なんと、そこから20年話したことはありません…。

かれこれ約20年、話したことのない高校の同級生を覚えていた理由は、彼が日の当たるサイドの人だったから。

そんな彼とわたしですが、この夏不思議なご縁もあって初めてコトバを交わすことに。
高校生の彼は、わたしとは対照的で「THE目立つ人グループの目立つ人」でした。

で、少なからず大緊張で始まった今回のインタビュー。

インタビューしに行ったサイドが気を遣っていただくという謎の展開。
(美味しいコーヒー、ご馳走さまでした。笑)

知れば知るほど、いい味出してくるおおにしこうだいくんの正体を、少しでも掴みたくて。
megumiの眼鏡👓、スタートです‼

------------------------------------

全うに、いい人で。その上、人たらし。
大西くんを一言で言うそんな人。(もちろん、いい意味‼)

今回インタビューを前に、彼を表すイメージを事前に書き連ねたイメージシートを見て、
「8割当たってんでー‼」と、笑ってくれた。(一安心。)

で、事前に書いたイメージ。
とにかく「いい人」
全うに「いい人」
穏やかで、優しい人。あとは、いい人過ぎて失敗してそうってこと。
恋とかね(笑)

実際、話を聞いてみても、イメージを壊さない、いい人。
仕事やプライベート、恐らく答えづらい質問もあっただろうに、嫌な顔ひとつせずに、1つ1つ丁寧に答えてくれる。

インタビューをする前は、この「いい人イメージ」をぶっ壊すような¨熱(爽やかさと逆に暑苦しい所)¨と¨黒い所¨があれば、そこを書きたいって思ったけれど、どれだけ聞いてもイメージをガクッと覆すような所が見つからなかった。

ここで、1つ。
誤解を招かないように、言いたいのが。
「いい人」っていう言葉を、時々「どうでもいい人」の置き換えてとして使うことがあるけれど。
断言します。
『単なるいい人』じゃないんです(笑)

「人たらしやなぁ。」っていう、コメントを伝えた時だけ、ほんの一瞬表情が曇ったんやけど、わたしが使った【人たらし】っていう言葉は、最上級の誉め言葉。

人から愛され。
そして、勝手に人が寄ってくる。
そういう意味。

仕事のやりがいや独立して良かったことに話が及んだ時に。
「自分自身を信頼してくれるお客さんが出来たことが一番嬉しいし、その人をもっとよくしてあげたいって思うし、やりがいを感じるよ。」と、教えてくれた。

わたしが、ファンの人?と聞くと、ファンって呼んでいいか分からんけど。と。

間違いなく、その患者さんたちはあなたのファンだと思います‼(力説)

少しだけ自分の話を書かせて下さいね。
幼稚園くらいの時に、「いいお友だちがたくさんいて毎日楽しい。」と母に話したところ。

メグがお友だちに優しくしてあげてるから、いいお友だちがたくさんいるんだよ。と答えが返ってきました。

いい歳になったけど、これだけは頑なに信じていて。

大西ファンの人はきっといい人ばっかりで、それはやっぱり彼の人柄やんなぁと、話を聞いている際ずっと考えてた。

まわりにいる人は鏡。
その人たちに真摯に向き合っているからこそ、いいお客さんがついてるんだろう。
話をしていると、その後ろにいるであろう、優しく温かい人たちが見える気がした。

ちなみに、大西くんをなぜいい人と思うのか言語化するわ!!
と約束したので、言語化に努めてみたいと思います(笑)

とにかく、基本的に笑顔。
表情が曇ったり、ちょっとナーバスな表情することがあっても、基本ベースが笑顔(笑)
こんな人、あんまり見たことない。

あと、話していて思ったのは。
インタビューされているというのに、隙あらばこちらにアドバイスをしてくれる。
直接会ったのはインタビューの日を入れても2回やのに、すでにいくつか心と体に関する助言してくれた。

その人のことをよく知らなくても、自分の知識や経験で知っていることがあれば探して伝えてあげることが出来る。
そこが、いい人に感じる源ではないか、と思うのだけれど。
どうだろう(笑)

悩んだり、しんどくなってうずくまったり。
抱え込んで、もう動けなくなってしまうことは、誰にでもあって。
それは悪いことなんかでは決してなく、むしろ必要なことで。

大切なのは、その都度どうやって乗り越えたか。
そして大西くんは、そういう事1つ1つと丁寧に向き合ってきた人なんだと思う。

だから、目の前にいる何だかの形で辛かったりしんどかったりしている人に、自然と共感したりアドバイス出来る引き出しが増えて、今に至るのかな。と。
でも、その苦労や努力を決してひけらかさない。そこが、また素敵‼

インタビューの終盤で、
「大西くんは、ホンマにおもしろい人やなぁ。」
って、言ったら。ホンマ?面白かった?と、唐突に真面目な顔に。

「おもしろい」っていうのは、すごく大事なキーワードなんだよね。

その後、大西くんに感じるのはFunnyじゃなくてinterestingだという説明をしたら、頭上に大量の「?」が浮かんでました(笑)

世の中には、色々なおもしろいが存在して。
瞬発力で面白い人もいれば、じわじわと興味の泉が枯れない人もいると思うのです。

わたしのファインダーを通した大西くんは、確実に後者の人でした。
だから、また会いたくなるし、リピーターになるお客さんがたくさんいるんだろうなぁ。

ちなみに、ご本人にはお伝えしませんでしたが。
「あ、この人ちょっと天然ボケ寄りの人やな。」と感じてました(笑)
それを含めても本当に面白かった‼(笑)

※カップに注目‼天下一品のラーメンを溺愛されてます(笑)

1度会ったらファンになる。
知れば知るほどinterestingな人でした‼

ちなみに、大西くん。接骨院を経営されてます。
施術しながら、体も心もゆるめてくれる。そんな先生です。
今回ここに書ききれなかった(書くことが出来なかった。笑)魅力もたくさんある先生なので。

体か心。どっちか一方でも疲れてたら、
いっぺん会いに行ってみ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキして下さってありがとうございます!
日本の片隅、京都在住。 文章書くのも読むのも大好きです。 読んで下さったあなたをくすりと笑わせられるよう。 ゆるく、ちょっとだけ熱く綴っていきます。