見出し画像

真夜中のプレオープン・ファンディング!?★リターンをちょっぴり詳しくご説明・その2【H,I,Jコース】

屋根裏ひみつ結社

こんにちは、東京から鹿児島にノリで移住した星の魔女大貫理音です。
どなた様もお気軽に"りちゃ"とお呼びください。

前回の投稿記事ではリターン品のクライマックス的存在、OとPをお送りしました。

今回は人気の高い鹿児島お土産シリーズについてのご紹介をお届けします!
鹿児島県外のアトリエファンの皆さまにぜひぜひ鹿児島のことを知っていただきたく盛り込んでみたリターンです。

企画詳細は特設ページで熱苦しく語っているので、ぜひご覧ください。

https://mayonacafe.jp/pof/

なんで鹿児島?

この辺りはもう特設ページのモノ語り以上でも以下でもないです。
追加で何か語るとすれば「鹿児島に住んでいる方ってみんなが観光大使だな〜」と心から感じて感銘を受けています。

SNSでちょっと鹿児島のこと尋ねると業者の方でも企業でもない一般の方がめちゃくちゃ詳しく教えてくれるリプライがついたりします。お店に来てくださるお客さまもたくさんの隠れスポットなどを教えてくださいます。

鹿児島に来てから出逢ったばかりの方がいろんなところに連れて行ってくださるし、地元ならではのお話をたくさん聞かせてくださるのです。
地元愛の強い方がこんなにもいるのか!と大変びっくりしたものです。あとスポーツ界や芸能界やクリエイター界隈の鹿児島出身者への応援もすごい。
いわゆる"やらされている感"というより"やりたくてやってる感"で能動的な個人の方が多いように思います。それがたとえ目に付く一部の方だけだとしても、ヒトやモノが宝庫の鹿児島にはもう県内全域にメラメラの情熱を感じているのです。

もしも鹿児島の方が声を大にしても世界に向けて発信できている気がしないな〜なんて懸念があるならば、これはもう同業者に叱られそうなので大きな声では言えないのですがSNSとかメディアなどプラットフォームの仕様のせいだといっても過言ではないと思います。(小声)
最近はネット広告にバズ頼りみたいなITの功罪について真剣に考えたりするようになりました。この辺はまた別の記事で書きますね。(何事も場所を選ぶ必要がある時代)

ちなみに東京生まれ東京育ちのアトリエ支配人は、地元のことを公でどうこうするとかあまり意識したことはないようです。そういえば周りの東京や神奈川出身の友人たちも「あえて自分がしなくても」という温度感。(わたしは広告出身なので何かとPRしたがる気質は特異な存在)

そんな感じになる理由としてはおそらく首都圏だと何をするにも人口が多いので、まず何かをして何かのメディアに取り上げられるみたいな確率はぐんと下が流ことが一つだと思います。
例えば神奈川出身のわたしが神奈川県で何かイベントしたとしても「地元神奈川出身の●●さんがやらかしました!」と何かで取り上げられることはまずないです。(鹿児島ではちょっとしたイベントをして数ヶ月でテレビで特集してもらえたのに……)
「あの女優さんが"東京出身だから"応援しよう!」という都民の声もほとんど聞いたことがありません。(もっと小さな地域コミュニティになるともちろんありますが)
だからこそ鹿児島に住んでいて「鹿児島出身」というブランドパワーは移住してここで暮らすわたしにとってとても輝かしいです。鹿児島出身って素敵。いいなあ。

わたしがかつて故郷の地元観光協会ともお仕事やプライベートでも色々と絡んだときに行政の方自ら「こんな何もないところの魅力がわからない」「資本はない」「商売には向かない」などと言われちゃうようなところから来たので、余計にそう感じるのかもしれません。(そこは行政の介入があまりないことが逆に住みやすさを感じて移住してくるアーティストが多い街でした)(そっちが悪いとかいう意味ではないのです)(わたしは今でも大好きな街)

そんなこんなで地方はまだまだTVだけでなく紙メディアも支えていると感じます。地方局のTV番組も興味深くて観ていて楽しいです。わたし自身もちょっと番組に出ただけでたくさんの鹿児島の方に知っていただけました。ありがたい限りです。

そこで移住者は考えた。

桜島が噴火しても「元気だな〜」の県民が住むマグマシティの真相は、実際に住むまで知らないことばかりでした。噂ばかりを身近な方から聞く火山にちょっとビビってました。実際に移住してみると火山との共存には特にこれといった問題を感じないし(灰が振ること自体が珍しい移住者にはエンタメに感じてしまう。もちろん注意することなどは念頭において)鹿児島市内は以前いた神奈川の街より全然都会だった!コンビニが24時間やってるしチェーン店もある!
少なくとも関東や他の地域にいる周りの方々には新しかったり、知られていないことだったりをわたしの口から伝えています。そしてみんなが驚く。
そんなこんな人の声ってとても重要なのです。クチコミもそうですが文字情報、そして身近な誰かから直接聴くという行為は特に信憑性が高いものです。

だからこそインターネットという世界から星の魔女(のお店)を見つけて選んでくださる方には、わたしから何かを受け取って良かったと思っていただきたいと考えています。
例えば当店はセレクトショップですから、もちろん別のセレクトショップで同じ商品が売っていたりさらには安値で売っていることもあるかと思います。
そういう時に「鹿児島でお店を営む星の魔女りちゃという人間を信じてその価値を受け取りたい」と思ってくださる方に対して、自分ができうることは何でもしたいのです。

お金を支払って商品を得るというのは店舗として最低限のサービスです。その一歩先のサービスをわたしはおもてなしとして皆さまと一緒につくっていきたいと考えています。
わたし個人の力ではまだまだ至らないことばかりですが、同じ気持ちでいてくださる方とだったらもっともっと何でもできると信じています。そんないろいろが生まれる場所にしたい。

そんな野望をふつふつと抱くわたしからの《特別な鹿児島のお土産》をご用意してみました。
毎度お馴染みの方も、鹿児島に足を踏み入れたことがない方も、お手元に届く商品は星の魔女があなたのためだけに選ばせていただくものです。
どうかお楽しみいただけますように。

また前置きが長くなってしまった。

★Hコース:スペシャルお土産

どんなものが届くの?

気軽にスペシャルを味わえるレターパック。厚みや重さにあまり支障のない菓子類やちょっとした調味料、お飲み物などが中心になると思います。もちろん小さめの雑貨などもお届けできますよ!
在庫の限りですがクッション代わりにローカルスーパータイヨーのエコバッグに入れてお届けします。

わたしの大切なコレクションたち。(白赤は東京オリンピック記念デザイン)

中身のリクエストもぜひぜひください。「お酒のおつまみが欲しい(鰹系や黒豚系がおすすめ)」「甘いものが好き(おすすめ丸ぼうろあります)」「キャラクターが好き(いろいろいます)」「白くまが好き(食品サンプルまであるよ)」などお好みを自由にお書き添えいただけるととても嬉しいです。

いつ届くの?

こちらのプランは配送が混雑していない限り1週間以内にはお届けできるようにがんばりますね。

届いたものが苦手なものばかりだったら?

食品などになりますので、不良品以外の返品や交換はご遠慮いただいております。もし食べられないものが多い方やご心配がある方は「甘いものだけはNG!」など苦手なものを備考欄にできる限りお書き添えいただけると良いかなと思います。

★Iコース:エクストリームお土産

どんなものが届くの?

エクストリーム60サイズは小脇に抱えられるくらいのダンボールです。小さ目の焼酎やめんつゆやお醤油などちょっと重いものもイケます。火山灰を回収する黄色い袋をモチーフにしたエコバッグとか火山灰の缶詰とか火山灰を使ったマグカップとか桜島のティッシュケースとか缶バッジなどなど、鹿児島ならではのクリエイターさんによる鹿児島アートや雑貨小物も豊富で素敵なものばかり。
雑貨やアート好きな方はお好み("ほんわかする感じ"とか"クールな感じ"とか"夜っぽいやつ"とか、ニュアンスでもばっちりOKです)を備考欄にどうぞ。
あ、タイヨーのエコバッグ(推)もご希望があれば先着でお入れします。

鹿児島在住の作家さんの作品もお迎えいただけます。おすすめ作家さんをぜひご提案したいです。この機会にいかがですか??

引用元:海嶌あありすけ @aliceke93 さん

いつ届くの?

こちらのプランも配送が混雑していない限り1週間以内にはお届けできるようにがんばりますね。

届いたものが苦手なものばかりだったら?

全てのコースで返品や交換はご遠慮いただいております。もし食べられないものが多い方や「こんなものが届いたら嫌かも」などのご心配がある方は、苦手なものを備考欄にできる限りお書き添えいただけると良いかなと思います。

★Jコース:アルティメットお土産

どんなものが届くの?

アルティメットをお選びのあなた。本気(マジ)ですね。お届けする80サイズは割としっかりめの大きさです。大きな調味料やお酒なんかも入ります。地元農家さんのお野菜セットなどもいいですね。お菓子セットだと10回くらい遠足に行けそうな量になると思います。しつこいようですがタイヨーのエコバッグ以下略。

いつ届くの?

こちらのプランも配送が混雑していない限り1週間以内にはお届けできるようにがんばりますね。

届いたものが苦手なものばかりだったら?

全てのコースで返品や交換はご遠慮いただいております。備考欄にはご遠慮なさらずドシドシお書き添えくださいね。いったもん勝ちですよ!

★特設ページがあります!

そんなわけで、こちらに写真付きでわかりやすい感じの特設ページをご用意しました。
ぜひぜひ、隅々までみてやってください!!!

何から何までセルフ運用中★

皆さまのご支援を心よりお待ちしております!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
屋根裏ひみつ結社

いつもご支援ありがとうございます。企画や活動に役立たせていただきます。