見出し画像

「もしエム」第1章~MCEIの若手会員が本気で取り組んだ成果を大公開!

アクセスいただきましてありがとうございます。MCEI TOKYO noteチーム、中の人です。

MCEIのTwitterでは少しずつ発信していましたMCEI 『もしエム』プロジェクトの舞台裏をnoteでも公開いたします!

「え?もしエムプロジェクト?何それ?」という方は、プロジェクトについて概要を紹介しているこちらの投稿もぜひ!

今回は、MCEIマーケターが企業のお悩みを解決する『もしエム』プロジェクトの全容を報告させていただきます。

ご一緒させていただいたのは、女性の就業先の紹介やお片付けコンシェルジュサービスにより、頑張る女性を応援する企業【インブルーム株式会社】。

今回ご依頼いただいたインブルーム様のお悩みは、なんと「新規事業ECサイトの立ち上げ」!とても大きなプロジェクトでしたので、一体どのようなお悩みをお持ちなのか、ヒアリングから始めました。

「お片付けのプロ集団、お片付けコンシェルジュがおすすめするアイテムを取り揃えたECサイトを立ち上げたい」
しかしながら、新たな試みのため社内にノウハウがないこと、そしてSNSマーケティングにも力を入れたいがどのように始めるのが良いのか、お悩みの様子でした。

インブルーム様の野村社長からは『自社だけでは生まれてこないようなアイディア』に期待頂いており、メンバー一同俄然やる気が沸いてきました!

隔週でコンサルティングの機会を設け、進捗確認と新規事業の立ち上げのアドバイスを行いました。様々な業界のマーケターで構成されたメンバーが、各自同じ宿題を持ち帰り、ECサイトのデザイン案について意見をお伝えしたり、プロモーション施策としてお片付けの日や事例を交えながら動画の活用について提案したり、パートナーとなる協力会社の多岐にわたるアドバイスなどをさせていだきました。インブルーム様も積極的に疑問点や質問を投げかけてくださいました。

基本的にはオンラインでの打ち合わせでしたが、時にはリアルでも顔を合わせ、アイディアを出し合いました。若手マーケターも持っている知識を最大限に活かし、お互いにとって常に意見が飛び交い、成長に繋がる機会になりました。

そしてなんと『もしエム』の活動中に、片付けることで部屋も気持ちも整うことから「十(とお)月十(とお)日=ととのえる日」を『お片付けの日』として片付ける楽しさを知ってもらいたいという、インブルーム様が申請した10月10日が『お片付けの日』として日本記念日協会に認定されました!

ECサイトのオープンまで着々と準備を進めている様子やお片付けコンシェルジュならではのこだわりが込められた商品を伺っているうちに、私たちメンバーもすっかりインブルーム様のファンに。

そして、ついに…!

2023年1月11日にインブルーム様のECサイト 『お片付けコンシェルジュSELECT』のオープンが発表され、メンバー一同で発表会にお邪魔させていただきました。実際に商品を見させていただき、作り手とお片付けコンシェルジュの熱い思いが伝わるものばかりでした!まず見た目がスタイリッシュでおしゃれ、しかも便利な機能性も備わっていて、さすがお片づけのプロと女性の目線から考えられていると感じました。

そしてInstagramでは、お片付けコンシェルジュが片付けのお悩みを解決する収納術を発信しています!物が溜まりがちなクローゼットや収納スペースが限られるキッチンが素敵空間に生まれ変わるアイディアが盛り沢山です。ぜひ皆様も覗いてみてください♪

さて、メンバーの一声で始まったMCEIマーケターが企業のお悩みを解決する『もしエム』。約2ヶ月間ご一緒いたしましたインブルームの皆さまからは、

・もしエムチームの皆さまから、惜しみない的確なアドバイスを頂けたことに感謝しています。
・今回のコンサルティングで会社の雰囲気まで変わりました。ECサイトを絶対に成功させたいです。

などなど、とても嬉しい感想を頂きました。

『もしエム』プロジェクトを通して、少しでもお力になったことがありましたらメンバー一同とても嬉しく思います。
こちらこそ貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

最後に少しだけお知らせです。
2023年春、『もしエム』プロジェクト第2弾の始動が決定しました!何かお困りごと、お悩みを解決したいことがありましたら、ぜひお知らせください。
プロジェクトについて、MCEI TOKYOのホームページやTwitterでも発信していきますので、ぜひご覧ください!

————
MCEI TOKYO HP
MCEI TOKYO Twitter

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!