見出し画像

ドイツに移住するまでの道のり③仕事探し

2013.12.11

三角屋根の素敵なおうちに住むナターシャ。わたしはリビングにある大きなソファーで寝泊まりさせてもらいながら、仕事を探すことにする。いつまでも彼女の親切さに甘え続けるわけにはいかない。

はじめはベルリンに行こうと思っていた。

大きな街だし、ドイツの首都だし、きっと何かあるだろう。インターネットで見つかる多くの情報もベルリン発だ。

だけど、再会したナターシャや周りの人たちの生活と、穏やかで住みやすそうな街の雰囲気に惹かれていた。私は単に影響されやすいだけかもしれないが、知り合いが一人いることがものすごく心強かった。

そこからいちばん近くにある大きめの街でスパやマッサージの店舗を直接訪ねて、交渉してみる。

初めて歩く灰色の街と知らない人たちに、心臓はドキドキしていた。


画像2


大学で第二外国語として習っていたドイツ語もほとんどしゃべれなかったので、英語でなんとか仕事を探していることを伝える。

はじめに訪ねたタイマッサージサロンの人から返ってきた言葉は

「ビザは?ドイツ人と結婚してる?」

単身ワーキングホリデービザで来た私は、長期滞在できるビザが取れるように労働許可証を出してくれる雇用主を探していた。

家族には日本を出る時に1年だけのつもりと話していたけど、本当はできれば長期滞在したいと思っていたわけだ。お母さん、嘘ついた形になってごめんなさい。

3つ目に尋ねた店舗の人が

「City Spaは?そこで聞いてみたら?」

と教えてくれる。近くのスターバックスのfree wifi を使って、当時こんなメールを送っていた。

Sehr greehrter Herr,

My name is Mayumi from japan.
I'm very interested in working with you as a massage therapist.
I have experience doing massage for 2 years in Tokyo. I can do full body oil massage, reflexology massage, ayurveda abhyanga and thai traditional massage.
I just moved to Germany last week and I have working holiday visa for one year.
I can speak English. and I promise to learn speaking German. I apologize for writing in English now.
If you are interested in hiring me, please contact me with E-mail.
Thank you very much for your time.

Best regards,

返事がすぐに来て、その日の午後にオーナーに会って雇ってもらうことが決まる。その時に提示された条件は、

週40時間のフルタイムで、月給1200ユーロ。有給休暇は年20日。
最初の3ヶ月間は試用期間として月給900ユーロ。社会保険に加入。
住む家が見つかるまで、空いている一室を使っていいよ。


1200ユーロがどういう額なのかその瞬間にはわからなかったが、ドイツでの仕事と当面の居場所が見つかって、とにかく飛び上がるように嬉しかった。

画像2

(その日の夕方撮った写真、クリスマスに向けての光が綺麗だった)

興奮してナターシャに仕事が見つかったよと話すと、一緒に喜んでくれた。

_____________________



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

誰もが自分を大事に生きられる世界が好きです。サポートしてもらえたお金は、フォレストヨガのトレーニングのために使わせてもらいます💛

いつもありがとう💛
23
ドイツ在住7年目。いまを忘れないために、毎日書いています。身体を動かすことと、空を見上げることが好き。

こちらでもピックアップされています

ドイツに移り住むまでの道のりと、これから
ドイツに移り住むまでの道のりと、これから
  • 8本
コメント (4)
ドイツに移住するまでのお話はシリーズだったのですね😊最初のお話はまだ読んでいなかったのでそちらも合わせて読みました。
観光ではなくドイツに根を張って生活してみたい、という強い意志が感じられるメール👍とっても上手にご自分をアピールされてお仕事も直ぐに見つかって良かった!

実はドイツには学生の頃にちょっと憧れていた時期があって😅。。NHKのドイツ語講座など良く観ていました。高校の頃に憧れていた生物の先生が、私の卒業後教職を辞められてドイツに留学されたことがきっかけでした。Gräfrathという街で暮らされていたようでした。ドイツ語学習はあまり長続きはしなかったけど(文字が次々と繋がって難しいイメージ)、ドイツ語といえばドイツ語講座でかかった
99 Luftballons (Nena)を思い出します。
いよいよお仕事の始まりですね。続きが楽しみです✨
凄いですね❗なかなか自分から「雇ってくれ」と直に交渉するというパターンは日本では受け入れられないと感じますが、本来はこうありたいです。
「ここで働きたい」という意思表示をしっかり伝えるには求人を受け身で待っていたのでは叶えられません。

採用が決定されたあとに撮った夜の街が光輝いて見えるのは喜びと希望に溢れたまゆみさんの心をそのまま写したようですね✨
次回を楽しみにしています(^-^)/
Kikko_yyさん、遡って読んでくださりありがとうございます😊
憧れの先生を通じてドイツにご縁があられたんですね。Gräfrathという街は知らなかったので調べたら、ミュンヘンの近くとデュッセルドルフの近く、二つの場所が出てきました。ドイツは昔、国内に独自の国がたくさんあったようで、今も州や街によって方言や言葉、極端に言えば制度まで変わったりします。先生はどんな街で暮らされてたんでしょうね。ちなみに毎年9月に各地やミュンヘンで盛大に開催されるビールのお祭り、オクトーバーフェストは中止されるみたいです。ミュンヘンの州知事はいつも独自の決定(コロナに関しては厳しめの政策)を出すことで注目されています。99 Luftballons、よくカラオケで歌われるのを聞きました!確かにドイツ語は長ーく単語を繋げるので難しいです。続きで、ドイツ語に苦戦していることも書いていきたいと思います。
ベッチーさん、私も実は直接交渉するのにすごくドキドキしました。けれど他に方法がなくて、ナターシャにもどんどんメール送りなよ、とアドバイス(当時は厳しいとも感じましたが今はとても合理的な考えだと思います)をもらっていたので、後戻りできない環境が行動させてくれたんだと思います。
同じ景色なのに、その時の心や感情によって見え方が変わっていたんですね。写真を撮っておいてよかった、と今になって思っています。次回を楽しみにしてくださりありがとうございます💛
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。