見出し画像

「食」の絵本②―『ぜったいたべないからね』

"「食」の絵本"第2回目は、マヨセレクトです! 突然ですが皆様は、食べ物の好き嫌いはありますか?今回の絵本は、好き嫌いがテーマになっているあの作品です。あなたの好き嫌いも、もしかしたらなおっちゃうかも!?それでは、お楽しみください◎

マヨ:では私が。『ぜったいたべないからね』。

画像1

『ぜったいたべないからね』
(ローレン・チャイルド 作 木坂涼 訳 フレーベル館 2002年)  ※2016年 新装版発行
【あらすじ】
チャーリーとローラのおはなし。お兄ちゃんのチャーリーは、時々妹のローラの面倒を見なければなりません。でもそれはとっても大変。ローラは好き嫌いが激しいのです。そんなローラが、ご飯を食べられるように、チャーリーは考えました。食べ物の名前を変えてしまおう!にんじんは、遥々木星から来た"えだみかん"、グリンピースは、地球の反対側で空から降ってくる珍しい食べ物"あめだまみどり"。それを聞いたローラは、「なかなかいけるかも」なんて言って食べ始めたのでした。お兄ちゃんの考えたユニークな方法で、嫌いなものでも楽しく食べられちゃう、愉快な兄妹のお話です。翻訳のリズミカルな詞も、お話の楽しさをより引き立てています。

ナナ:えへへへへ。

マヨ:もうみなさんご存じですね。

テン:うん。でもしばらく読んでないから読んで欲しい~!

ナナ:読んで読んで。

テン:あー!サイン入ってる!

マヨ:そう!もろてん~。

ナナ:え~、すごーい!

マヨ:どっかに来ててん。図書館やったかな。そのとき話聞きに行って。

テン:来日してたんやぁ。

マヨ:そうそう。

ナナ:ご本人のサインとかすごいね!

〜マヨ音読中〜

テン:妹、素直やねんな~。色々言いつつ(笑)

マヨ:ええ子やんな(笑)

テン:何歳ぐらいの設定なんやろ?

マヨ:4、5歳くらいかな。

ナナ:名前変えたら食べられるっていいね。

マヨ:実際やってみたら食べてくれるんかな。

テン:いや、まず登場する食材が異国情緒あふれてるからな(笑)

マヨ:ほんまな(笑)

テン:女の子がさ、ママとグリンピースの攻防する絵本思い出したわ。なんやっけ。

ナナ:おかっぱの女の子が表紙にドーンっているやつね。

画像2


『ちゃんとたべなさい』
(ケス・ゲレイ文 ニック・シャラット絵 よしがみきょうた 訳 小峰書店 2002年)

テン:これや(笑)
苦手なのは同じお豆やけど、この本だと何か買ってあげたりとか、交換条件がすごいねんな(笑)

ナナ:そうそう。どんどん増えていくんだよね(笑)

テン:グリンピース食べたらお風呂入らなくてもいいし、アイスクリーム100個買ってあげるし、チョコレートの工場もあげるって(笑)

マヨ:なにそれ~!(笑)ほんで最後ちゃんと食べるん?

テン:ううん。最後は、"だったらママもちゃんと芽キャベツ食べて"って(笑)

マヨ:あっっはははは!(爆笑)

テン:"でもママ、芽キャベツだいっきらいなのぉ"って(笑)  結局、着地点は、"でもママも私もアイスクリームはだーいすき!"っていうね(笑)

マヨ・ナナ:あははははは(笑)

テン:本末転倒(笑) 好きやわーこの絵本も(笑)

ナナ:どっちも食べないんか―いっていう(笑)
まぁ選択肢としてはありだけどさ。

マヨ:まぁ無理に食べんでもな(笑)

テン:でも、このママよりこっちのお兄ちゃんの方が賢いかな(笑)

ナナ:交換条件はね、やっちゃうときりないからね。

テン:それなら「え、それグリンピースちゃうで」って言われた方がおもしろい(笑)

ナナ:"くもぐちゃらん"とか"まんげつぶちゅっと"とか…。

テン:それって、原書で名前どうなってんのかな。

ナナ:原書気になる…!

マヨ:なんなんやろね~!

テン:"くもぐちゃらん"は多分、Cloudy…

ナナ:Cloudy…

マヨ:ぐちゃらん…?ぐらちゃらんってなんや(笑)

テン:"PON PON"とか(笑) ありがち(笑)

ナナ:木坂涼さんだっけ、訳。

マヨ:そうそう。

ナナ:じゃあ、すごいオリジナルで訳してそうだね。木坂さんってあの人の奥さんだよね…えーっと…アーサー・ビナードさん※。

※アーサー・ビナード…
アメリカ生まれ広島市在中の詩人・俳人、随筆家、翻訳家。詩集や絵本の翻訳を多く手掛けています。また、自作の写真絵本『さがしています』(岡倉禎志写真 童心社 2012年)や、『ドームがたり』(スズキコージ絵 玉川大学出版部 2017年)など、原爆をモチーフとした作品も有名です。

テン・マヨ:え!

テン:(調べて)ほんまや~!

マヨ:へぇ~~~~すぎょい。

ナナ:原文知りたいな~!最初の食べ物なんだっけ。

マヨ:えっとね~、"えだみかん"。

ナナ:枝ミカン(笑)

マヨ:"えだみかん"、"ころもうみ"、"まんげつぶちゅっと"…。

ナナ:すごい日本語センス(笑)

マヨ:でもこうやって食べてくれたらいいよね。

ナナ:楽しく解決するって、いいよね。「食べなさい—!」とか交換条件とかじゃなくて、最後は子どもが自分から食べたくなる、っていうのが一番いいよね。

マヨ:ほんまにこれで食べてくれるんか知りたい。

テン:フィールドワークでやってみよう(笑)

マヨ:ほんまやなぁ(笑)

テン:大人でもできるやん。私キノコ嫌いやからなんか名前つけて~って(笑)

マヨ:なんやろ~。でもセンスいるよな。名前だけじゃなくて、バックストーリーもいるやん。

ナナ:そうだよね。人魚のなんちゃらで…とか。

テン:世界観を丸ごと作らなあかんもんな。名前とともに、設定を。

マヨ:そうそう。だからこそ幼稚園とかでやったら楽しそう。

ナナ:小学生とかでもいいかもね。

マヨ:面白そう!

テン:結局、「食育」とはいえ「食べる」ってことを楽しむとか、食事する過程が面白いとかさ。美味しい美味しくないは勿論あると思うけど、「食べなさい」って言われて食べる、みたいだと自発性は無いよね、ナナもさっき言ってたけど。遊び食べも、やりすぎたらお行儀悪いけど、食事を楽しめる努力をしてるところが、すごくいいお兄ちゃんやなと思うねん。食べるの楽しくないとか、"食事=いっつもつらい思いをする時間"とかのイメージになったら、食べれるもんも食べられへんもんな。

マヨ:そうそう。楽しないもんな。そこが一番でかいよな。この絵本は、食べさせる側も食べる側も、どっちも嫌な思いしないねん(笑)

テン:ところでさ、それって写真のコラージュ?

マヨ:そうそう、写真と手描き、あと布とかもある。コラージュやね。

ナナ:お洒落よね。

テン:戸棚のところに文字いれるのもいいなぁ。

マヨ:うん!おしゃれなんよなぁ、ほんま。

ナナ:発想がステキ。

マヨ:画面よく見ると、ニンジンと女の子とか別々に作ってて。一緒じゃないねん。

テン:エリック・カール※の技法みたいな。tuperatupera※もか。

※エリック・カールは、言わずと知れた大人気絵本『はらぺこあおむし』(偕成社 1976年)の作者ですね。tuperatupera(ツペラツペラ)も、『やさいさん』(学研 2010年)などの絵本や、子ども番組のアートディレクションでも人気の絵本作家です。どちらも、様々な素材を画面に貼り付ける"コラージュ"という技法を得意としています。

ナナ:そうだね。

マヨ:あと構図がおもしろい。大胆で。

マヨ:あとはこんな候補もあったよ。『うどん対ラーメン』(田中六大 作 講談社 2016年)。

ナナ:あはははは。それあるねー!

テン:なにそれ知らん~!

マヨ:あと『たべもんどう』(鈴木のりたけ 作 ブロンズ新社 2015年)。

ナナ:あぁ~、のりたけさんの謎かけのだね。

マヨ:それから、『しろくまちゃんのほっとけーき』(わかやまけん 作 こぐま社 1972年)、『うどんのうーやん』(岡田よしたか 作 ブロンズ新社 2012年)。

テン:わー出汁飲みたいー、うどんー(笑)

ナナ:単純に、食べ物の絵本っていいよねぇ。加藤休ミさん※とか、さいとうしのぶさん※とか…美味しそうな絵本。それだけでいいよね。

※加藤休ミさんは、クレヨン画で食べ物をリアルに再現した『きょうのごはん』(偕成社 2012年)などで人気の絵本作家。さいとうしのぶさんは、食べ物をユーモアたっぷりに描く絵本作家で、『あっちゃんあがつく』(みねよう原案 リーブル 2001年)などが人気です。

マヨ:うん。美味しそうなだけでも十分。


嫌いなものを無理に食べさせるのではなく、楽しんで食べられるようにする、これも立派な食育ですよね。食事の時間は、やっぱり楽しい方がいい!
人参やグリーンピースは苦手だけれど、"えだみかん"、"あめだまみどり"、それから「ぎょうれつきいろ」なら食べられるかも!…あ、「ぎょうれつきいろ」ご存知ありませんか?小人が行列してでも食べるという、黄色いあれですよ!わかりましたか?
さて、まだまだお腹は空いています!次の絵本は何でしょう??

画像7


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
絵本が好きな3人組|性格も仕事もバラバラの3人が、絵本についてラジオのように楽しく語ります|*毎週水曜更新予定*☆FMマヨ.7のnoteでは、絵本を横において一緒にページをめくりながら読み進めてもらうのがおすすめです。