瞑書家KAORI

筆先に降りてきたものを 墨で紙に紡いでいます。 流派も資格も肩書きも無し。 観てくださった方の心に映って 新しい息吹がゆっくりと…。 魂に届く何か…を描き続けます。
    • 瞑書図書館

      • 21本

      一冊の本から始まる私物語を綴ります。 本が先か、筆が先か…。 創作に向き合いながら呼び起こされた記憶を 「本」から探ります。

    • 【墨絵本】線のたび

      • 10本

      埋もれていたスケッチブックを発掘したことから、思いつきで始まった物語。 墨絵本。

+4

超古代史

黒戌 仁 著 ★2021年12月27日(月) 発売‼️…ということで、発売前なので、 まだ拝読していま…

+2

線のたび(9)

宙の子は、懐かしく心地良さに 身を委ねたまま、眠りに落ちた。 しばらくして、深いところか…

+3

線のたび(8)

宙の子は、すれ違って行った何かを 見送ったあと、再び下へと進んだ。 あぁ、あの辺りかな? …

+5

アリとニノ

クルバン・サイード 著 この小説。 初めて出版されたのは、1937年。 オーストリアの出版社か…

+4

線のたび(7)

宙の子は、今から向かおうとしている、 遥か下に観える碧色らしき何処かから、真っ直ぐに昇っ…

+6

神を描いた男・田中 一村

小林 照幸 著 田中一村という画家を知ったのは、実は、某焼酎のラベルが初めてだった。お土産…