見出し画像

Android版Google Authenticatorのアカウントエクスポート機能を利用する

こんにちは、エミックの松尾です。以前の記事において、kintoneの2要素認証で使うモバイル端末の機種を変更する際の注意点について紹介しましたが、Android版のGoogle Authenticator(Google 認証システム)であればデータのエクスポートが可能です。今回の記事では、Android版Google Authenticatorで利用できるアカウントエクスポート機能について記しています。

kintoneで2要素認証を利用する手順

2020年7月に行われたアップデートで、kintoneは2要素認証に対応するようになりました。cybozu.comにログイン名とパスワードを使ってログインする際に、ワンタイムパスワードアプリに表示されている確認コードの入力を要する設定にして安全性を高めることができます。kintoneで2要素認証を有効にする手順の詳細については以前の記事を参照してください。

2要素認証で使うモバイル端末の機種を変更する際の注意点

2要素認証を有効にしている状態で、ワンタイムパスワードアプリをインストールしているモバイル端末の機種を変更する場合には注意が必要です。kintoneの2要素認証を有効にしたままモバイル端末の機種変更を行うと、アプリによってはデータが移行されない場合があるからです。注意点に関連する情報については以前の記事を参照してください。

現在利用しているAndroid端末でアカウントをエクスポート

新旧両方のAndroid端末が手元にある状態であれば、Google Authenticator(Google 認証システム)のエクスポート機能を利用することができます。

Android版Google Authenticatorにあるエクスポート機能を利用した上でデータを新しいモバイル端末に移行すれば、kintone側で2要素認証設定を一時的に無効にする手順は不要になります。

現在利用しているAndroid端末でアカウントをエクスポートするには、Google Authenticatorを起動した後、画面右上にあるオーバーフローボタンをタップします。そして、メニューの中にある[アカウントを移行]をタップした後、[アカウントのエクスポート]をタップします。

現在Google Authenticatorを利用している端末でアカウントをエクスポート

指紋で認証もしくはパスワードを入力して本人確認を行います。

指紋で認証もしくはパスワードを入力して本人確認

エクスポートするアカウントを選択した後、[次へ]をタップするとQRコードが表示されます。現在利用している端末上でQRコードを表示したまま、新しい端末にGoogle Authenticatorをダウンロードします。

新しいAndroid端末のGoogle Authenticatorでインポート

新しいAndroid端末でGoogle Authenticatorを起動した後、[使ってみる]をタップします。

新しいAndroid端末でGoogle Authenticatorを起動した後の画面

続けて、画面下部に表示されている[既存のアカウントをインポートしますか?]をタップします。

画面下部に表示されている[既存のアカウントをインポートしますか?]をタップ

[QR コードをスキャン]をタップします。

[QR コードをスキャン]をタップ

“写真と動画の撮影を「認証システム」に許可しますか?”というメッセージが表示された場合には、[許可]をタップします。

今まで使用していた端末に表示されているQRコードをスキャンすると、アカウントを移行することができます。アカウントが移行されたことを示す確認メッセージが表示されれば移行作業は完了です。

iPhone版Google Authenticatorではエクスポート不可

2020年9月11日現在、iPhone版のGoogle Authenticatorにはデータのエクスポート機能がなく、機種変更した場合に新しい端末にデータが移行されません。

Google Authenticatorを使用していてiPhoneの機種を変更する場合には、kintone ヘルプで案内されている通り、2要素認証の設定を無効にしてから再度有効にする必要があります。kintoneでワンタイムパスワードアプリを利用した2要素認証を無効にする手順については、以前の記事を参照してください。

まとめ

Android版Google Authenticator(Google 認証システム)で利用できるアカウントエクスポート機能について解説しました。2020年9月11日現在、iPhone版のGoogle Authenticatorにはアカウントのエクスポート機能がなく、機種変更した場合に新しい端末にデータが移行されません。一方、Android版Google Authenticatorにはアカウントエクスポート機能が備わっています。新旧両方のAndroid端末が手元にある状態であれば、アカウントをエクスポートする機能を使用して、Google Authenticatorに登録されているアカウントを新しい機種に移行することができます。この手順でデータを新しいAndroid端末に移行すれば、kintone側で2要素認証設定を一時的に無効にする手順は不要になります。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
株式会社エミック代表取締役。FileMaker 18 認定デベロッパ、kintone認定 アプリデザインスペシャリスト(2020年2月)、kintone認定 カスタマイズスペシャリスト(2020年3月)。 https://www.emic.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。