松本哲也

レコード会社で26年。16年をJPOPの制作部で宣伝担当、5年を映像部門で映画・アニメなどの制作と買付、最後の4年を宣伝部門の統括。50歳直前に退社、フリー12年。還暦の一昨年、脳梗塞からの復活。

メタル侍

   2003年映像部門から宣伝部門に戻り、その後、部門統括になった頃、当時のCEOの廣瀬さんから、エフエム京都、京都府と手掛けた音楽フェスCOOLBEAT in KYOTO2005に続い…

『ポピーthe ぱフォーマー』

 映像部門異動当時、レンタル向けのアニメシリーズも複数やっていたが、掛ける予算も中途半端で売れていなかった。それでも、テレビシリーズだと電波料も含めて、1クール1…

スティーブン·フィリアーズ監督

 前回の『ぼくのプレミアライフ』つながりで、その少し前のこと、スティーブン·フィリアーズ監督の新作を一緒に買いませんかと配給会社からお声をかけていただいた『がん…

村田淳さん

  映画について極私的な文章を備忘録として書きます。村田さんは、レコード会社の映像部門にいたときに出会いました。元々映画に関わりたかったものの、才能はなく、日本…

ぼくのプレミア・ライフ~フィーバー・ピッチ

     コリン·ファースがBBC のドラマ『高慢と偏見』が日本でも話題になって『恋におちたシェークスピア』『プリジットジョーンズの恋人』で、十分人気もあったと思うけ…

DVD市場での幕開け2

  映画も、セル市場向けに、ゴタールの旧作や、ヤン·シュバンクマイエルなどのアートアニメが、外資系CDショップや青山ブックセンターなどで売れはじめた。  塩漬け作…