名称未設定アートワーク

人の言葉が生まれる瞬間

「沈黙を恐れない。相手が話すことを考えているようなら、待ってみる」

そんなことを、以前とある「話を聴くためのワークシップ」で教わったことがある。この言葉を教わってから、相談を受けるときや「ここは自分が話を聴くときだな」と思った時は、いつも意識的に「待つ」ことをするようになった。

相手の話を聴き続けるということには気力体力が必要なので、時間を区切るなどして、できる範囲で行うことも大切らしい。

ーーー

思えば、わたしは相手の話そうとしていることに見当がつくと「こういうことじゃない?」みたいに話してしまうことが多かった気がする。自分も一緒に発見できた気がして嬉しかったのだけど、もしかしたら、わたしが何か言うことで踏み潰されてしまった相手の気持ちがあったかもしれない。

たとえ近い意味のことを聞き手が感じ取れていても、その人が自分の言葉で話すことは、もっと豊かな意味合いを含んでいる。ほんの少しの言葉の違いだって、そこに必ず意味があるんだと思う。

わたしはずっとカウンセリングを受けていて、ひたすら話を聴いてもらうという時間をずっと体験してきた。最初は「こんなこと話したら変って思われるかな」と思っていたことも受け止めてもらえると感じたことで、話すことがとても楽しくなった。

カウンセリングという場ではなくても、話をしたり聴いたりする場面はたくさんある。最近は人と話をすることが、とても楽しいし嬉しい。

ーーー

相手が話すのを待っている時間。それは何気ない会話の機会でも、すごくワクワクする時間に変わった。相手は、宙を見たり、下を向いたり、腕を組んだりする。様々な仕草とともにその人の頭の中で「考え」が「言葉」になって、口からそっとこぼれ落ちる。その瞬間に立ち会えることが幸せだ。魔法みたいだなと思う。

ーーー

昔のわたしは多分、「聞く人」だった。カウンセリングで聴いてもらう喜びを知って、これからは誰かの「聴く人」になりたい。聞くより、聴くの方が、「耳」が大きい。ちゃんと耳を、体を傾けて聴ける、人の沈黙を包み込める、そんな人になりたいと思う。

👇ぜひ継続型課金マガジン(月額300円)購読での応援もお待ちしています!秘密基地のように、日々考えたことをもっと細かく書いたり、お知らせがあると先行して書きます。毎週、水土日の3回更新しています٩( ᐛ )و


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございました😊サポートもぜひお願いいたします。2021年、海外でいくつか展示に参加するなど今後もアーティストを続けるお力をお借りしたいです!いくらでもご無理のない範囲でお願いします🌸

「危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ。」岡本太郎
85
気づいたら駆けずり回ってすり傷できてる系アーティスト。人生を自分の手で面白くし続けるよ✌️ピアノを弾いたり語学で遊んだり。話題広め🏄‍♀️ 🇫🇷2021年企画展2回@パリ https://www.instagram.com/vinaninne

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 20107本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (2)
はじめまして。この記事を読んで思い出したことがあります。わたしの友人に,かなり無口な人がいます。質問してもなかなか答えが返ってこないので「どうしてなの?」と一度聞いたことがあります。すると彼は「答えを考えている」と言いました。「じゃあずっと待ってればいいの?」と聞くと,「はい」という返事が。それ以来,「彼が答えるまで待つ」というのをやってみたところ,答えが返ってくるまでの時間が徐々に短くなり,その後普通のテンポで会話できるようになりました。そういう会話をすることに慣れていなかっただけなのかもしれません。待つことの大切さを学べた経験でした。突然のコメント,長々と失礼しました。
藤澤さん、コメントありがとうございます!無口に見える方って実は何を言うかすごく考えて場の空気を読んでたりするんでしょうね。そこで「どうしてなの?」と聞いた藤澤さんの姿勢がとても優しいなと思いました😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。