見出し画像

「逃げろ」って言われても「じゃあその後どうしてくれんのよ」としか思えなかった

夏休み明け、9/1は子どもの自殺が一番多くなるらしいとあちこちで見かける。

誰もが「命はかけがえのないものだから、学校に行かなくてもいい、逃げていいんだよ」と言っている。わたしも、その通りだと思う。

わたしの場合は登校拒否の経験もあるものの、さして重大にならないうちに学校に再び行くことができたので、「逃げろ」と言われたのは社会人になってからではあったのだけど、ストレスと疲労で思考力の落ちた頭で、よく思っていた。

「じゃあ、ここから逃げたとして、どうしろっていうんんだろう。逃げろっていうあなたは、こんなわたしに何をしてくれるの?」

勇気を出して逃げたとする。でもその先が見えなかったから、「逃げる」ということはちっとも安全なことに思えなかった。まるで、崖から飛び降りるようなことに感じていた。


それでも実際、わたしはたくさんの場所から逃げざるを得なかった。心身を壊し、思考ができない状態になって、ある日プツンと糸が切れたように起き上がれなくなった。その度にものすごく自己嫌悪でいっぱいになり、できなかった自分を責めた。そうして焦って復帰しようと、療養もままならないうちに無理をして同じことを繰り返した。胸の中の黒い塊は増える一方だった。

一方で、生活に困り追い詰められてしまった友達の相談に乗っていたことがあった。わたしは何の専門家でもない、何の力もない人間だから、ただ「逃げて、安全な場所に行こう」と言った。「どんなあなたでもいい、ただ生きていてくれたらいいんだよ。わたしには何もできないから、ただお願いだから生きていて」とも伝えた。

そのときに「逃げて」って「生き続けて欲しい」ってことなんだな、とはじめてわかった。


生きてることは湧くってこと。死んでしまうのは、湧かないってこと。

大好きな人が亡くなったときに読んだ本に確かこんなことが書かれていた。「あなたにはたくさんの未来がある」と言われても、響かないことだってあるだろう。でも生き続けていれば、いろんなものが湧いてくるのだ。

それは喜びや愛おしさようなものばかりではなくて、胸を引きちぎられるような苦しい気持ちもあるかもしれない。でも、死んでしまったら全部湧いてこない。止まってしまうのだ。


自殺が多い樹海の地に、ちょっとした、なぞなぞの看板を置いてあると聞いたことがある。死ぬことを決意してそこへ行った人の中には、そのなぞなぞの答えが気になって一回家に帰り、自殺から逃れることがあるそうだ。


少しだけ楽しいこと、少しだけ気になること、少しだけかわいいことを集めて今まで辛かったわたしは生きている。全部ハッピーじゃなくたって、全部できなくたって、いいと思う。

たくさんの子どもたちが少しでも楽しく生きられるようにするのが、大人になった子どもであるわたしたちの役目だ。

子どもであることが辛くもどかしいこともあるかもしれないけれど、ただ生きていてほしい。小さな頃のわたしを思い浮かべながらこれを書いていたけれど、わたしも、自分のできることをしていくね。

この文章はこれが全てです〜!読んでくださってありがとうございました!気に入ってくださった方は、スキ、コメント、シェア、サポートなどしていただけると嬉しいです(^ω^)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
291
Artist, JPN 生きづらいネイティブ芸術家。趣味は外国語です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

この記事が入っているマガジン

コメント7件

何度も読み返したくなります。
逃げなさいと言われました。交番の警官に、恥をかきたくないから、助けてと言えないなら、止めなさいと言われました。でも帰らない方が良いとも言われてました。
おばあちゃんだから出来たとも思っています。若い人が簡単に命を落とすのは悲しい。その世の中から逃げる術が無い。と思ってしまう。
若い頃の私がそうであった様に、夏休みも後もう少し、生きていたら、良い事があるよ。きっとあるから、魔法の言葉は有りますよ。
老婆心で心配します。不安定な世の中が怖く死を選ぶ子ども達。
精神科に入院させても生きていて欲しいと思う親御さんを、私は立派だと思っています。
NORIKOさん
つらいご経験をされたのですね。コメントありがとうございます。
仰るように、特に若いうちは、個人差もあるとは思いますが「人に助けを求める」ということがすごく難しいのではないかと思います。
つらい環境から逃げるのは負けではないか、とわたし自身も感じていましたし、今の日本の空気感がそれを強くしてしまっていると感じます。

また、「精神科に入院させても生きていて欲しいと思う親御さんを、私は立派だと思っています。」というお言葉が、とても胸に響きました。
わたし自身も他人事ではないということもありますが、健康の度合いを問わずできるだけたくさんの人と味わいたい言葉だと思いました。ありがとうございます。
希死念慮に苛まれていた時期がありました。だけど、いざ死ぬとなると怖い… あれこれ考えてやっぱり面倒になって、のらりくらりと日々を過ごしては自己嫌悪になってました。

そんななか、私の場合アニメや漫画、映画に助けられました。「続きが気になる…まだ死ねないかも」って思わせてくれる作品がありました。まだ素晴らしいものが私の知らない何処かにあるかもしれないですね。

少しずつ、自分のメンタルに良さそうな事をコツコツ始めてから、前向きに考えられるようになっています。生きづらい子どもたちに何かすぐにしてやれないけど、心に寄り添えるような事を発信していきたいなと改めて思いました。

また読み返したくなる記事をありがとうございます😊
心がキューっと締め付けられました。

辛い事いっぱいあるけど

どうか そばにいてくれる人見つかれば

その子は、生きていける。

何もしなくても してあげようとしなくても

ただ そばにいてくれたら良い。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。