見出し画像

「逃げろ」って言われても「じゃあその後どうしてくれんのよ」としか思えなかった

夏休み明け、9/1は子どもの自殺が一番多くなるらしいとあちこちで見かける。

誰もが「命はかけがえのないものだから、学校に行かなくてもいい、逃げていいんだよ」と言っている。わたしも、その通りだと思う。

わたしの場合は登校拒否の経験もあるものの、さして重大にならないうちに学校に再び行くことができたので、「逃げろ」と言われたのは社会人になってからではあったのだけど、ストレスと疲労で思考力の落ちた頭で、よく思っていた。

「じゃあ、ここから逃げたとして、どうしろっていうんんだろう。逃げろっていうあなたは、こんなわたしに何をしてくれるの?」

勇気を出して逃げたとする。でもその先が見えなかったから、「逃げる」ということはちっとも安全なことに思えなかった。まるで、崖から飛び降りるようなことに感じていた。


それでも実際、わたしはたくさんの場所から逃げざるを得なかった。心身を壊し、思考ができない状態になって、ある日プツンと糸が切れたように起き上がれなくなった。その度にものすごく自己嫌悪でいっぱいになり、できなかった自分を責めた。そうして焦って復帰しようと、療養もままならないうちに無理をして同じことを繰り返した。胸の中の黒い塊は増える一方だった。

一方で、生活に困り追い詰められてしまった友達の相談に乗っていたことがあった。わたしは何の専門家でもない、何の力もない人間だから、ただ「逃げて、安全な場所に行こう」と言った。「どんなあなたでもいい、ただ生きていてくれたらいいんだよ。わたしには何もできないから、ただお願いだから生きていて」とも伝えた。

そのときに「逃げて」って「生き続けて欲しい」ってことなんだな、とはじめてわかった。


生きてることは湧くってこと。死んでしまうのは、湧かないってこと。

大好きな人が亡くなったときに読んだ本に確かこんなことが書かれていた。「あなたにはたくさんの未来がある」と言われても、響かないことだってあるだろう。でも生き続けていれば、いろんなものが湧いてくるのだ。

それは喜びや愛おしさようなものばかりではなくて、胸を引きちぎられるような苦しい気持ちもあるかもしれない。でも、死んでしまったら全部湧いてこない。止まってしまうのだ。


自殺が多い樹海の地に、ちょっとした、なぞなぞの看板を置いてあると聞いたことがある。死ぬことを決意してそこへ行った人の中には、そのなぞなぞの答えが気になって一回家に帰り、自殺から逃れることがあるそうだ。


少しだけ楽しいこと、少しだけ気になること、少しだけかわいいことを集めて今まで辛かったわたしは生きている。全部ハッピーじゃなくたって、全部できなくたって、いいと思う。

たくさんの子どもたちが少しでも楽しく生きられるようにするのが、大人になった子どもであるわたしたちの役目だ。

子どもであることが辛くもどかしいこともあるかもしれないけれど、ただ生きていてほしい。小さな頃のわたしを思い浮かべながらこれを書いていたけれど、わたしも、自分のできることをしていくね。

この文章はこれが全てです〜!読んでくださってありがとうございました!気に入ってくださった方は、スキ、コメント、シェア、サポートなどしていただけると嬉しいです(^ω^)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございました😊ぜひ今後もアーティストを続けるためにサポートをお願いします!いくらでも大丈夫です。これからの大切な力になります。

「人を愛すること以上に芸術的なものはないということに気づく。」ゴッホ
514
生きづらいネイティブ、気づいたらすり傷できてる系アーティスト。気づいたら頭燃えてる。 言語オタク(今は英語とフランス語)、☀️双子座×🌛水瓶座のカオスと生きています。 作品👉 https://www.instagram.com/vinaninne

こちらでもピックアップされています

何度でも読みたい
何度でも読みたい
  • 1821本

何度でも読みます。

コメント (10)
心がキューっと締め付けられました。

辛い事いっぱいあるけど

どうか そばにいてくれる人見つかれば

その子は、生きていける。

何もしなくても してあげようとしなくても

ただ そばにいてくれたら良い。
逃げれる場所が、身近な処で無いと、「逃げ場所が無い」と思ってしまう。近所のおっちゃんやおばあちゃんが助けてくれなくなった。
酷い噂の格好の標的にされる。
世の中がおかしい❗でも自分は只のおばあちゃんなら、関係も無い噂は流さない。しない。は、出来る。⤴️
「私の知っているその子はそんな人ではありません」
若いだけで世界は狭い。経験値が少な過ぎる。
ちょっと待て❗その一歩。
生きる為に何をすべきかだけ考えなさい。ベターではなくベストを目指せ❗でもそれはあなたの人生の主人公にあなたがなる事です。
位は言えるかなぁ。暖かい物と暖かい居場所位は貸してあげるよ。
> でも、死んでしまったら全部湧いてこない。止まってしまうのだ。

すみません、何も湧かなくて結構です。
嫌なものが湧いてきたらしんどいのは当然かと思いますが、稀に良いことが湧いてきたとしても結局それを失った時の落差が大きくなるだけなので。
とても読みやすい文章でした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。