見出し画像

グローバル志向と「世界の旅」の思い出

時々、私達は、昔すごく活躍された方の訃報に触れることがあります。そして折々に、その方の思い出を通して、自らのことも思い出したりもします。

今年はじまってすぐの2019年1月5日に、兼高かおるさんが亡くなられていたことというのを1月の終わりぐらいに知りました。兼高かおるさんと言いましたら150カ国以上を巡った地球上のそれぞれの国の今を感じさせる番組「兼高かおる世界の旅」です。

今現在、私は、非常に幸運なことに、楽天において、世界5カ国複数拠点 総勢150名以上いる研究者たちのマネジメントを統括し、毎月世界のどこかで仕事をしている日々を送っています。例えば、以下はそのうちの一つ、楽天技術研究所シンガポールに言及した記事です。

このようなグローバルな志向の根底には、日曜日の午前10時30分からやっていた、「兼高かおる世界の旅」の影響が色濃くあったのだと思っています。ディレクターもプロデューサーもナレーターもご本人が兼務するというアグレッシブな番組構成の中、日曜のお茶の間へ、いつも世界の様々な街角の雰囲気を届けている番組に、幼少の自分は楽しく想像の翼を羽ばたかせておりました。


こちらは、兼高かおる世界の旅のオープニングです。なぜ番組のテーマ曲がヴィクター・ヤング「八十日間世界一周」なのか、みなさんその理由をご存知ですか? それは兼高かおるさんが、番組開始の一年前に スカンジナビア航空が主催した「世界早回り」に挑戦し、73時間9分35秒の新記録(当時)を樹立したことによっているのです。
今もでこのオープニング曲を聞くと、子供の頃抱いた世界への憧れが蘇ります。(当時という話でいきますと、このオープニング曲と、久保田早紀さんの「異邦人」でしょうか。)Go Global. 世界には驚きと喜びが待っている。その気持を忘れずに日々チャレンジしていきたいです。ご冥福をお祈りします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
アクセンチュアでは法人営業戦略策定からSIまで多様な案件を手がけつつ、日本の先端技術リードを努め、パロアルトの研究所展開にも従事。現在、楽天の執行役員及び楽天技術研究所代表として世界の研究開発を統括。JiIT常任幹事、APECアドバイザー等公職も多数。趣味は古武術と形而上学。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。