「保育」につながる本たち

13

読み返し読書 『小さなチーム、大きな仕事』

2018年の反省のひとつは、インプットするときの量を求めた分、質を少し疎かにしてしまったこと…

色彩のない自分の、諦めと回復 #gatebysentence

会社員を辞めたことに心残りはないけれど、遠のいてしまったことの一つに「読んだ小説について…

保育士が読んだ 『インターネット的』

最近ようやく、「インターネット」が好きだなぁと、素直に言えるようになりました。 “HTMLっ…

保育士が読んだ 『We are lonely, but not alone.』

「現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ」。そうサブタイトルがつくこの本は、い…

『モチベーション革命』と保育

この1〜2年で、「モチベーション」という言葉自体を聞くことが増えました。 僕自身が会社を辞…

『世界一子どもを育てやすい国にしよう』

ライフネット生命の創業者・元会長の出口さんと、フローレンス代表・駒崎さんの対談で構成され…

『子どもたちのミーティング』

「りんごの木 子どもクラブ」は、横浜市にある認可外の保育施設です。 僕は以前に『ほいくる…

『保育所保育指針 ハンドブック』

「保育所保育指針」とは、保育所の役割や運営するための基準、保育が目指していく方向性などが…

『「学力」の経済学』

この1〜2年で、幼児教育の重要性ってすごく見直されるようになったのかな?と感じることが増え…

『保育ナビ 2017年7月号』

『保育ナビ』は、保育のあり方や園のマネジメントにフォーカスした、フレーベル館発行の雑誌で…