見出し画像

「折り鶴」を美しく作ろう。マニアックな必勝テクを、折り紙先生が全力伝授!

会社のアニバーサリー企画として、お客さんに折り鶴をプレゼントすることになりました。

職場では、みんなで折り鶴を量産中。
外国人の方が相手の窓口なので、これを機会に日本の文化に触れて、楽しんでいただけたら嬉しいです。

さて。
せっかくの機会なので、私も「折り鶴」と真剣に向き合ってみました!

「美しいツル」を折るために、細部まで徹底的に突き詰めました。
本では決して教えてくれない、マニアックな解説をお送りいたします。

❶展開図から折ってみよう
❷カドの「スキマ」をコントロール
❸背中をふくらませるコツ
❹羽が浮いたまま立つ!?

では、どうぞ。

♦︎♦︎♦︎

❶展開図から折ってみよう
折り鶴の一番ポピュラーな折り方は、こんな方法かと思います。

◯三角に折る
◯もう一度三角に折る
◯開いてつぶす
◯裏返して、開いてつぶす
(以下略)

実は、もっと良い方法があるんです。

折紙講師の参考書「おりがみ4か国語テキスト100」では、3通りのアプローチが紹介されています。

その一つが、今回のやり方。
正方形からダイレクトに折り筋をつけ、一気にたたむ方法です。

ムダが一切なく、折り線を合わせやすいので、早く正確に折ることができます。

❷カドの「スキマ」をコントロール
これは、私の完全オリジナル。

22.5°に折り筋をつける際、「頭」と「尾」になる部分は、中心に少しスキマを空けておきます。

ピッタリ合わせると、最後の中割り折りで内側で紙が寄り、重なってしまうんですよね。
これは物理的に避けられないので、ズレる幅を予測し、離しておくわけです。

一方で、「羽」になるカドは、極限までピッタリ合わせてOK。
ここは、後半に動かすことはありません。
裏側の紙を見えなくなるくらい、完全に閉じてしまいましょう。
(重ねちゃダメですよ!)

あとは、鶴の基本形まで一気にたたんでいきます。
そこからは、テキストどおりです。

これらを実践すれば、さらなるハイクオリティ折り鶴を作れるはずです!

❸背中をふくらませるコツ
せっかく綺麗に作ったのに、最後にクシャッと潰れてしまったら悲しいですよね。

どうしたら綺麗なドーム型になるのか、私なりに考えてみました。

羽の根元をしっかり持って、軽く引っ張るのはいつもと同じ。
(羽の先端を持つと、ビリッといきます)

膨らんできたら、前後を内側にカーブさせてみましょう。
中心から外側へ、両端から指を這わせて丸みを付けると、綺麗に仕上がります。

首と尾がすっぽりカーブに収まるので、背中の膨らみにもぶつかりません。
一切シワにならないので、とってもオススメです。

❹羽が浮いたまま立つ!?
背中がフラットな状態で立たせると、羽が左右にピンと伸びて、「凛」とした姿勢を見せてくれます。

倒れずに安定するのは、中割り折りの根元が、ちょうど4点で接地しているからです。

(背中を膨らませると立たなくなるのは、根元がキュッと閉じてしまうから。)

前後左右で等しく折れていることと、中割り折りが根元までシッカリできていることが条件。

内側がシワにならないよう、揉み込んで伸ばしてあげましょう。
(と言いながら、ちょっとシワが見えちゃってるのはご愛嬌ということで。)

手汗や湿気でクタッとなる前に、短時間で仕上げるのがコツです。

おしとやかに佇む本来の形も風情がありますが、この方法でキリッと姿勢良く仕上げるのも、オススメの折り方です。

♦︎♦︎♦︎

いかがだったでしょうか。

この方法は展開図を理解する必要があるので、ビギナーの方に教えるときは使いませんが、自分で折るときは100%この方法で折っています。

ちなみに私は「背中はフラット派」だったのですが、❸の方法と出会って以来、どちらも好きになりました。

フワッと膨らむ瞬間って、特に外国の方にウケるんですよねぇ。
先日のフランスでも大好評でした。

皆さんのお好みは、どちらでしょうか?

#折り鶴 #papercrane #折り紙 #折り紙作品 #おりがみ #origami #paperwork #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。