見出し画像

【まさにぃin Paris】佐藤直幹さんと「佐藤ローズ」を折りました!

パリからお届け、まさにぃでございます。

この日は1日お休みをいただき、フランス在住の、ある方に会ってきました。

そう。
その方とは…

佐藤ローズの考案者・佐藤直幹さんです!!

お会いできるだけでも光栄なのに、私が滞在するモンパルナスまで、迎えに来てくださいました。

さて。
どうしてこんな事になったのか。
経緯も含めて、この日のことをお話しいたします。
❶Twitterで繋がった縁
❷至福の個人レッスン
❸ヴィヴァルディを大人買い

では、どうぞ。

♦︎♦︎♦︎

❶Twitterで繋がった縁
昨年の秋。
佐藤さんがTwitterで公開していた「カラス」を折った時のことです。
(2018.10.19の記事)

記事を読んだ佐藤さんがコメントをくれて、その時使ったセリアの「Starry Sky」をお譲りすることになりました。

折り紙をフランスへ発送した、数日後。
お礼として、佐藤さん自作のバラ「ロゼット咲きのオールドローズ」が届きました。
(その日は偶然、私の誕生日でした!)
今でも、家宝として大切に飾っています。

そして、先月。
私のフランス出張で、1日休みがもらえる事が発覚。
佐藤さんに「お会いできませんか?」とダメ元でDMを送ったら、まさかのOKをもらえました。

ほ、ほんとに会ってくれるとは…
喜びと緊張に震えながら、ついにこの日を迎えたのでした。

❷至福の個人レッスン
食事をしながら少しお話ししてバイバイ、かと思いきや。

「紙を持ってきたので、一緒にやりましょう」

え?
ほんまに?
佐藤さんと佐藤ローズ折れるの??

ということで。
パリ・モンパルナスのカフェ(言ってみたかっただけ)にて、バラの個人レッスンをしていただきました。

教わったのは「ハイブリッドティーローズ」。
折る強さから整形のコツまで、細かいところまで丁寧に教えてくださいました。

1個目は一緒に、2個目は私一人でのチャレンジ。

もちろん佐藤さんには及びませんが、初めてにしては、それなりに形にする事ができました。

まさか、こんな日が来るなんて…!
生きてて良かった。まじで。

いただいたアドバイスの数々は、まさに目から鱗。

ぜひ今後のコラムで、皆様にシェアしたいと思います。

日本に帰ったら、たくさん作って上達しようっと\(^o^)/

❸ヴィヴァルディを大人買い
夢のような個人レッスンのあとは、佐藤さんから驚くべき一言が。

「私がよく紙を買う場所があるので、一緒に行きましょう」

え?
いいんですか!!!!
何だ、この盆と正月が一緒に来たような展開は!

カフェを後にした私たちは、地下鉄に乗って素材屋さんへ。

お目当ては、フランス・キャンソン社製の「ヴィヴァルディ」です。

独自の粘りと、日本にはない鮮やかな発色が、バラにピッタリの素材。

日本では、名古屋にある「紙の温度」でしか取り扱っていないそうです。
※通販はあります

まずは希少な「真紅」を大人買い。
ネイビー、水色、黄色、紫…
それから、黒いバラも人気が高いということで…

まさにぃの物欲が止まりません。

最後に、絨毯のような「起毛紙」。
箱の内装などに使われる素材で、折りづらいけれど、仕上がりはとても綺麗とのことです。

ヴィヴァルディと起毛髪、トータルで何枚買ったんだろう…

1枚の値段はそんなに高くないけれど、まったく覚えていません。

カードの請求額は…まぁ、何とかなるでしょう!

フランスに行ってフランス製の紙を買い付けるという、とっても貴重な経験をさせていただき、大満足の1日でした。

♦︎♦︎♦︎

これらの出来事はすべて夢で、目が覚めたら日本のスタバで居眠りしていました。

というオチを疑ってしまうくらい、最高の時間を過ごさせていただきました。

お時間を作ってお越しいただいた佐藤さん、本当にありがとうございました!

#佐藤ローズ #バラ #rose #折り紙 #折り紙作品 #おりがみ #origami #paperwork #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。