新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アメリカのレストラン業界の5年後は。。。

コロナ禍の中私はJetroの日本食レストラン相談窓口のコンサルとしていろんなレストランの方とお話ししてきました。店内営業ができない中テイクアウトやデリバリーにフォーカスするようにお話を皆さんとしていました。

そして6月15日からロサンゼルスはバックトゥーノーマルになりつつあるのですがコロナの前にはもう戻りません。うん千鳥いいじゃん何言ってるの下には大きな変化はゴーストレストランの台頭です。アメリカのミレニアム世代はコロナの前の2017年でさえも週に3回はデリバリーのオーダーをしていました。コロナでその割合は多くなり2025年にはレストランビジネスの21%がゴーストキッチンになるというのが米国大手不動産会社CBREの予測です。更にアメリカは人件費が高いためレストランを開けようとすると少しおしゃれなレストランにしようとすると1億でも足りない位です。またウエイターやウェイトレスさんもミニマム賃金が15ドルからと言う人件費高騰のアメリカです。そんな中ゴーストキッチンだと初期投資が2万ドルぐらいから始められるので新規参入はゴーストキッチンで成功したら対面レストランと言う形も多くなり。一旦ゴーストキッチンに移ったレストランは高級レストランでない限り元には戻らないでしょう。

ただこれは日本のレストランの皆様でアメリカに出てみたいと言う方にとってはチャンスかもしれません。1億を投資しなくても自分のレストランのお味がアメリカで受け入れられるかをマーケットリサーチレベルのお金でトライすることができます。。

アメリカは外食比率が日本に比べて格段に高いです。トライしてみたい方は今がチャンスです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宜しければシェアお願いします!ありがとうございます!
ロサンジェルスで広告代理店起業18年目 2人の男の子をアメリカで出産、ワーキングマザー歴24年 2020年 D2Cサミットでキーノートスピーカー 日経プレミアシリーズより できるアメリカ人11の仕事の習慣 発刊 趣味 子育て  特技は 仕事