新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【喫茶ランドリー】楽しい支援のカタチ*今こそ、想う気持ちをあの人へ*ポストカードギフトの発売!リアル店舗での再会を夢見て

喫茶ランドリーを応援してくださっている地域の皆様、全国の皆様、いつもありがとうございます。コロナウイルスの感染拡大で、皆さまの生活にどれほどのストレスがかかっているものか、いつも気にかけており、非常に心苦しく感じております。

画像1

コロナと共に営業について考え決断したこと

画像2

今、私ども株式会社グランドレベルが運営している「喫茶ランドリー」は2つあります。ひとつは森下・両国にある本店(写真左)、もうひとつは神奈川県の座間駅前にあるホシノタニ団地店(写真右)です。

本店は先の1月で2年が経ち、3年目以降を皆さんとより楽しもうと、またホシノタニ団地はオープンから4ヵ月を経て、暖かい季節のはじまりと共に団地周辺も活用したことやろうと、それぞれいろいろな準備を進めて参りました。

下のリンクは、メディアに取り上げていただいた最も新しい記事です。2年間で育まれてきた本店の様子がまとめられています。

その矢先、コロナの影響を受けはじめました。ホシノタニはコロナ当初に近隣のエリアで感染者が出たこともあり、3月から休業に。一方、本店は、ある日お来店者が数名に落ち込む日もあったのですが、もう少し考えることにしました。

一時休業を何度も検討したのですが、それでも毎日、おひとりの方や親子の方など、地域の皆さんが、ポツ、ポツと来て下さいます。お話をうかがうと、どの方も家で息の詰まる想いの中、少しでも外で過ごせることに大きな喜びを感じられている。ほんの一言でも交わす会話こそがが今、地域を支えるために一番求められていることだと痛感しました。

画像3

喫茶ランドリーは、営利目的だけのお店ではありません。「どんなひとにも自由なくつろぎ」というモットーのもと、さまざまな地域のハブとして機能する場として、今決断すべきことは何かを考え続けていきました。

そして、その使命をまちに保ち続けるため、3月末から下記のようにして、その都度最善の形に変容していきながら、運営を継続していくことといたしました。

1.お客さま・スタッフの小さなやりたいの実現を、全力で応援していく
 →4月から軒先八百屋さんが水木金ではじまりました。地域の方々の買い物時短に貢献しはじめています
2.ソーシャルディスタンシングの秩序づくりとゼロ密空間づくり
 →フードメニューのテイクアウト開始による、お家ご飯の推進
 →軒先の扉は常に全開とし半屋外状態での営業を行っています
3.殺菌消毒剤の設置と利用促進
4.キッチン内及び従業員の衛生管理の遵守
5.スタッフの個人意思した尊重したシフト作りと営業時間の短縮の調整

 →勤務するかどうかは、スタッフの意志を反映し、営業時間は下記のように短縮することにしました。平日11〜18時、土日祝11〜17時

大変な状況に置かれているのは、どの方も同じだからこそ、寄付やクラウドファンディングなどには頼らず、自力で頑張っていこう。そう思って上記のような対応を、3月末からその都度考え取り組み続けてきました。

しかし、厳しい経営状況であることは変わらず、そこに緊急事態宣言と、昨日(2020年5月4日)に発表されたその延長が重くのしかかって来ました。緊急事態宣言が5月6日で解除されて、そこまで持ちこたえることができれば、回復させられそうだともがいてきたのですが、より長期的に今の状況が続いてしまうと、閉店ということも、考えざるを得なくなってきそうです。

今だからこそ言葉で想いを!送れるポストカードギフト

このような状況下であったとしても、応援してくださる方もいるかもしれない。そこで、田中元子と私は、ただの支援ではなく、この時だからこそ楽しめる支援のカタチはないかと、この度「送れる 〠 ポストカードギフト」というものを、つくらせていただきました。

こんなポストカードです。

画像4

このギフトカードは、「喫茶ランドリー 森下・両国 本店(東京都墨田区)」と「喫茶ランドリー ホシノタニ団地(神奈川県座間市)」の2つのお店の、お食事、洗濯・乾燥、レンタルミシン・アイロン、レンタルスペースにご利用いただくことができるものです(お釣りが出ないタイプとなります)。

画像5

ポストカードギフトは、2000円、3000円、5000円の3種類で、ポストカードの写真はどれも、建築写真家・阿野太一さんによるもの。この美しいカードギフトは、友人にギフトとして送ってもよし、お手元で愛でていただいてもよし、もちろんご自身で使っても、さらによしです。

画像6

2000〜5000円のものは個人の方向け、ステイホームの自分やご家族へのご褒美として。また、それ以上のもの、たとえば1万円のものは、家事室で3時間ワークショップを開催し、数名が飲食をされようなイメージ。5万円や10万円は、これからの貸切イベントや撮影等のご利用や、また会社の福利厚生として、社員の皆さんでご利用いただいても嬉しいです。

もちろん、それぞれを自由に組み合わせて購入いただくことも可能です。もし、応援していただけるような方がいらしたら、このポストカードギフトを購入いただければと考えました。

友人の方へのギフトにも!【郵送代行】も行います

喫茶ランドリーらしいポストカードってどういうものなんだろう? これはずっと考えてきたことでした。そして今、これまでに体験したことない状況の中で、どのひともみんなが悩み、苦しみながらも、頑張られています。

そんなときに、ふと思ったのです。

こんなときだからこそ、想う気持ちをカードに書いて送る、その大切さに触れるのは、とても豊かなことかもしれない。

画像7

大切なあのひとは、今、どんな気持ちでいるのでしょう?

あなたは、今、どんな気持ちですか?

ぜひ、今の機会に、さまざまな想いをポストカードに乗せて、気持ちのやりとりをしてみませんか?

画像8

もし、このやりとりがきっかけになって、近いうちに、あなたの大切な人と、喫茶ランドリーで再会していただけたとしたら。

また、ポストカード一枚から、これからの喫茶ランドリーを育む、新たな出会いへとつながることがあれば。

スタッフ一同、これ以上嬉しいことはありません。

画像9

なお販売は、BASEに設置したオフィシャルショップ【喫茶ランドリー BASE店】にて行うことにしました。もし購入していただけそうな方がいらしたら、下記の2つについて検討ください。
https://kissalaundry.theshop.jp/

【1】ご自身で利用、ご自身で送りたい方
・ご自宅に封書で郵送させて頂きます。
・複数枚の組合せの購入も可能です。
・喫茶ランドリーからの小さなメッセージを同封させて頂きます。
・友人知人、恋人、ご家族などの皆さまに送るもよし、ご自分へのプレゼントにもよし。ギフト付きのポストカードとして、自由にご利用ください。

【2】送付を依頼されたい方
・購入の際、【備考欄】に送りたい方の【郵便番号・住所・氏名】をご記入ください。
・送り先に封書で郵送させて頂きます。
・喫茶ランドリーより、送り主さんのお名前を添えささやかなメッセージを同封させて頂きます。

画像10

また、このポストカードギフトの発売をきっかけに、今後、喫茶ランドリー店内で、ささやかにはなりますが、ポストカードや関連グッズを販売したり、またお店でお手紙を書きや易くするコーナーをつくりたいとも考えています。

そうして、喫茶ランドリーという場所が、離れたところに暮らす人たちにもつながる、さまざまな想いのハブにもなっていければ。

最後に。小さなお子さんから、おじいさんおばあさんまで、すべての年齢・立場の方々が、これからも大変な状況にあると思いますが、どうかご自愛ください。もし、我々どもでできることがあれば、気軽に何なりと申しつけください。

それでは、これからの喫茶ランドリーの小さなチャレンジを、みなさまと共に楽しませていただくために、どうかよろしくお願いいたします。

https://kissalaundry.theshop.jp/

1階づくりはまちづくり

2020年5月5日 喫茶ランドリー オーナー 大西正紀


大西正紀(おおにしまさき)

ハード・ソフト・コミュニケーションを一体でデザインする「1階づくり」を軸に、さまざまな「建築」「施設」「まち」をスーパーアクティブに再生する株式会社グランドレベルのディレクター兼アーキテクト兼編集者。日々、グランドレベル、ベンチ、幸福について研究を行う。喫茶ランドリーオーナー。

*喫茶ランドリーの話、グランドレベルの話、まだまだ聞きたい方は、気軽にメッセージをください!

http://glevel.jp/
http://kissalaundry.com

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

多くの人に読んでいただきたいから、記事は全部無料に!その分ってわけではないけど、サポートいただける方がいたら嬉しいです。いただいた分は、国内外のさまざまな移動費等に。また、そこでの体験を記事にしていく。そんな循環をここで皆さんと一緒に実現できたら最高です。よろしくお願いします!

ありがとう!喫ラのまちの家事室で遊ぶ子どもたち
154
ハード・ソフト・コミュニケーションを一体でデザインする「1階づくり」を軸に、さまざまな「建築」「施設」「まち」をスーパーアクティブに再生する株式会社グランドレベルのディレクター兼アーキテクト兼編集者。日々、グランドレベル、ベンチ、幸福について研究を行う。喫茶ランドリーオーナー。

この記事が入っているマガジン

グランドレベル研究所*日本
グランドレベル研究所*日本
  • 30本

1階づくりはまちづくり! ここでは日本における、グランドレベルをデザインとコミュニティの観点から楽しく見ていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。