見出し画像

肩こり対策マニュアル

肩コリは女性がもっとも多く訴える症状で、男性では腰痛に次いで2番目に多い症状ですね。

画像1

画像2

引用元:平成28年の国民生活基礎調査

このようにこれだけ多くの方が悩んでる肩コリ。
この記事を読んでるあなたも、肩コリに悩まされてるのではないでしょうか?

そしてこれを解決するために

・マッサージ
・ストレッチ
・筋トレ
・有酸素運動
・湯船につかる

などの何かしらの対策をしている事と思います。

ですが、、、

これらで肩コリは解消されましたでしょうか?

もちろんこれらで解決される人もいます。効果があるのは事実なので。

ですがあまり変わらない人もいるのです。

その場は軽くなる。緩んでスッキリはする。だけど持続はしない、、、

そんな感じだと思います。

何故肩コリ解消法とされてるこれらの方法を実施してもなかなか解消されないのかというと、その理由の1つに身体の使い方が変わっていないからというのが考えられます。

どれだけマッサージしてもストレッチしても筋トレしても、日常での身体の使い方。運動時の身体の使い方がきちんとしてなければ、すぐに今の動きのクセが出てしまい、元の固さに戻ってしまうのです。

ではどうやってその身体の使い方を変える事ができるのか?

それは、、、本編でお話しますね。笑

目次は以下の通りです。

動画は49分48秒と盛りだくさんで、更に今回の記事では、ワークの取り組み方を3ステップに分けても紹介してるので、
「どれから始めたらいいのかわかんなー!」
という方は、これを参考に取り組んでくださいねー!

そして「1.肩コリとは?」までは読めるので、ご興味ある方はぜひ読んでみてください!

1.肩コリとは?

まずそもそも肩コリって何?というところから説明していきますね。

肩コリとは、首から背中、肩に関わる筋肉の鈍い痛みや圧迫感、違和感、不快感の事を言い、肩周辺の筋肉が緊張して血流が悪くなってる事が原因と言われています。

そしてこの肩コリで緊張するのが僧帽筋

画像3

あー肩がこった!と言って多くの方が触る、首の付け根から肩の端の間にあるのが僧帽筋ですね。

画像4

なので肩がこると、ここをマッサージしたりストレッチしたりと緩めようとします。

画像5

ですが冒頭にも書きましたが、これらをやってもその場しのぎにしかならず、本当の意味で改善される事がなかなか難しいのが現実です。

そのためこれを解決するには身体の使い方を変えなければならないのですが、それにも手順があります。

主な流れとしては

固い筋肉を緩める

使えてない筋肉の働きを高める

使えてない筋肉を繋げて使えるようにする

このような感じです。

なので、まず最初は肩コリになると固まる僧帽筋と、更に僧帽筋と繋がりのある筋肉を緩めるところから入ります。

この続きをみるには

この続き: 6,150文字 / 画像23枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ブログやYouTubeのまとめにもなってるし、より深い話にもなってます。 ・トレーニングやストレッチの精度を更に高めて効果を確実に出したい! ・身体について深く知りたい! ・関節痛をなんとしても改善したい! そんな人にオススメです

有料記事全部セット。単品で買えば800円〜1500円。マガジン購入で11000円(現在13900円分の有料記事が入ってます)。今後有料記事…

または、記事単体で購入する

肩こり対策マニュアル

柴雅仁|ブログに書けない身体調整の全て

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
80
関節痛のセルフケア&スポーツマンの動きを変えるパーソナルトレーナー/拠点は横浜鶴見・蒲田/本を5冊出版/ブログ「セルフケアラボ」を運営https://selfcare-lab.com//「自分の身体は自分で正す」がテーマ/noteはブログやYouTubeより深い内容(全て有料)

こちらでもピックアップされています

身体調整のまとめ
身体調整のまとめ
  • 13本
  • ¥11,000

有料記事全部セット。単品で買えば800円〜1500円。マガジン購入で11000円(現在13900円分の有料記事が入ってます)。今後有料記事が追加されても、マガジン購入してくださった方は、追加料金なしで読むことができます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。