マルカワみそ農園

福井県越前市で大豆を栽培しております。 有機農業、自然栽培大豆栽培に関することや「土作…

マルカワみそ農園

福井県越前市で大豆を栽培しております。 有機農業、自然栽培大豆栽培に関することや「土作りから味噌作り」そんな考えを情報発信します。 https://marukawamiso.com/

マガジン

最近の記事

大型雑草イタドリが蔓延る

暗渠を閉めた後、除草作業を行いました。 しかし、早朝から雨が降っていたため、約1時間ほどで作業を切り上げました。日中から圃場に入りました。 お昼からは風が抜けるので、気持ちいいです。 画像にするとこんな感じです。 梅雨明けももうすぐ。 8月15日までに除草を終了する段取りのため、ラストスパートしています。 しかし、SGGK若林源三のように大きく立ちはだかるのは大型化したイタドリという雑草です。 6月頃には見かけなかったのですが、7月の梅雨でメキメキと伸びました。 お陰

    • 北陸近畿クボタスペシャルフェア2024IN福井が開催

      農機具の展示会が福井産業会館で開かれる 先日、農機具のクボタさんから展示会のDMを頂いたので立ち寄りました。 展示会のいいところは各メーカーさんが出展されているので、使用している機械の使い方やご担当者さんとお会いできる点です。 岡山の農機具メーカー「小橋工業株式会社」 まず、最初にコバシのブースにお伺いしました。 創業1910年。岡山の鍛冶屋さんから事業を展開されています。 経営理念は「地球を耕す」 小橋工業さんは、農水省の依頼で中耕ディスクを開発されました。 実績と

      • 里のほほえみ大豆が開花。農福連携も視野に入れる。

        さとのほほえみの花の色は白色 今日も草取りから始まりました。 昨日は雨上がりの午後から農作業しやすい天気でした。雨でなかなか圃場に入れなかった分、暗くなる19時頃まで除草をしました。 気温が高くなかったので、汗も吹き出すことなく、作業できました。 梅雨も末期になってきたので、除草のペースを上げたいと考えています。 「農福連携」を提案を社長としました。 いま、除草にどうしてもハマりっぱなしになっているので、 福祉の方と一緒に除草をすることを考えています。 ほぼ一人で草取り

        • 朝顔のグリーンカーテン。逆境がもたらす成長もある。

          会社の窓側のグリーンカーテンが茂ってきました。 今の時期はアサガオの花がキレイに咲いています。 青いアサガオが多いのですが、白色の花もところどころあります。 グリーンカーテンの良いところは、窓のカーテンと違い、外側の地べたから葉が茂っているので、窓や壁の温度上昇が少なく、冷房代が節約できます。 市販のカーテンでは、窓とカーテンの間にどうしても熱が溜まってしまいますが、グリーンカーテンですと、地温の上昇から防ぐ事ができます。 思い入れのあるグリーンカーテン 私は3年前から

        大型雑草イタドリが蔓延る

        マガジン

        • 農業記録
          1本

        記事

          農業記録 2024年7月初旬

          カメムシの警報が福井県でも発令される。 積雪が少なく、気温が高いのが原因。 今からどんどん増えていく見通し。 社長とも相談したが、来年は木酢液なども検討か??

          農業記録 2024年7月初旬

          makitaの電動刈払機MUR369が故障

          梅雨ですが、午前中の天気の良い時に畦畔の草刈りをしていました。 このMakitaの電動刈払機は私の農機具の中でもお気に入りの一つです。 騒音が静かで、リコイルスターターを引っ張らなくてもボタン一つで起動できるのが良い点です。 またチェーンソーや刈払機は長時間運転すると、機械の振動で振動病という職業病が起きる場合があります。(手指のしびれなど) この刈払機は長時間使用しても振動による手の負担が少ないです。 また、ガソリンを使用していないので、排気ガスもゼロです。 デメリット

          makitaの電動刈払機MUR369が故障

          カメムシ被害:大豆の茎が吸われると?

          今日も早朝の手除草から1日が始まりました。今日も1日頑張るぞ! 大豆畑の報告ですが、現在、カメムシが発生しています。 100株中、20〜30匹ほどのカメムシが圃場にいる状況です。 これにより、大豆の茎がカメムシに吸われる被害が出ています。 カメムシが増えた原因は早撒きか? カメムシにも種類が色々とありますが、今はイチモンジカメムシという背中に一本線があるカメムシが多いです。写真は幼虫なのですが、成虫になると、より緑が濃い身体になります。 「カメムシを発見したら収量が

          カメムシ被害:大豆の茎が吸われると?

          大豆の不定根、確認したら生えていた。

          今日も圃場に入って草取りを行いました。 9時には30度以上になるので、8時30分には切り上げました。 大豆の株間を少し掘り下げてみたら、大豆の不定根が生えていました。 以前、大豆の土寄せの記事を書きましたが、自分の圃場でも生えていてホッとしました。 大豆がたくさん落ち混み合っていた場所の大豆を間引いて引っこ抜いてみると、大豆の子葉がある場所から根が張っているのが確認できました。

          大豆の不定根、確認したら生えていた。

          大豆の不定根。土寄せのタイミングは遅くても早くてもだめ。

          昨日は久しぶりの晴れでした。 長靴が濡れていて、足元がとても不快だったので、キレイに水洗いして、乾かしました。 この写真の手袋は機械作業でも農作業でも使いやすいので、愛用しています。しかし、ナイロンと天然ゴムでできている手袋なので、乾きにくいのが玉にキズです。影干しでもあまり乾きません。 長靴は去年まで埼玉行田の「力王」の長靴を使っていたのですが、資材メーカーのカラヤさんにはもう置いていなくて、他のを使っています(涙) 軽くて疲れにくく、使いやすいんですがねぇ。 商品棚か

          大豆の不定根。土寄せのタイミングは遅くても早くてもだめ。

          雨の日の除草。どうせ作業服は濡れる。

          安定と信頼のおける天気予報アプリは気象庁とNHK 今日も除草の時間がやってまいりました。 6時から3mm/hの降雨があると気象庁の予報が発表されていて、予想通りに降雨が記録されました。 私にとって、気象庁とNHKの予報アプリは最も信頼できる情報源です。 早朝の天候は、昨日の19時頃の予報をチェックしていれば、ほとんど外れることはないと言っても過言ではありません。 気象衛星ひまわりさん、気象予報士さん、天候に携わる方々すべての方々、本当にありがとうございますm(__)m 従

          雨の日の除草。どうせ作業服は濡れる。

          帰化アサガオは大豆畑に侵食すると大被害

          要対策外来種に指定される外来植物「帰化(きか)アサガオ」という言葉をご存知でしょうか? アサガオは小学校の教材やグリーンカーテンにもなる植物なのですが、 帰化アサガオは農家のやっかいな天敵なのです。 帰化アサガオとは 帰化アサガオとは、日本に侵入した外国の植物の一つです。 本来の生息域ではない場所へ(意図的であるかどうかにかかわらず)人間によって運ばれ、 人間の管理下を離れたので、天敵もいなくて、繁殖し放題になってしまいました。温暖化の影響もあり、今は日本全国に生息して

          帰化アサガオは大豆畑に侵食すると大被害

          久しぶりの晴れ。

          今日は晴れました。 土は湿り気だったのですが、今日も除草を行いました。 晴れ間になんとか、という気持ちで休憩などもせずに、突き進みました。 空の写真を撮ったら、圃場の写真も撮るのを忘れてしまいました。 お昼からは除草もやりたいのですが、じゃがいもの収穫を行いました。 土が乾いているとは言い難いのですが、収穫適期に収穫しようと判断しました。 2人で収穫したのですが、あまり捗らなかった。

          久しぶりの晴れ。

          大豆にカメムシが。

          カメムシを見たら収量が1割減る今日も早朝の草取りの前にパシャリ。 今日も頑張ります。 雨が降ると体が濡れるよりも、長靴が濡れるのが一番つらい。 写真の左側にスギナが生えています。 除草した場所なんだけどな、、、 地獄草という別名は伊達ではありませんね。 しかし、株間や株元がきれいに除草されていれば、今からは下草に抑えられるはずです。 通路は8月ごろにオーレックという機械で除草を予定しています。 大豆にカメムシがたかるようになりました。 「カメムシを発見したら収量が1割減

          大豆にカメムシが。

          大雨が来る前に…。

          今日は大雨が来る前に、除草を少しでも進めようと圃場に入りました。 6時頃からポツポツと降ってきて、大粒の雨が降り出しました。 作業を粘ることなく、すぐに立ち上がりビニルハウスに向かいましたが、びしょ濡れになりました。休憩後、お昼から除草を行おう…。 「さといらず」という大豆も種を撒きましたが、芽が出てきました。 中耕除草を一度して、梅雨入りと大雨を迎えています。 どうなることやら。

          大雨が来る前に…。

          渡り鳥であるツバメの巣立ちも近い。

          ツバメは2000km以上の海を渡る。 会社の玄関にはツバメの巣があります。 毎年、ひと家族以上のツバメが巣立ちを迎えていきます。 2014年。創業100年を迎えた時にこの新社屋が出来上がりました。 その時にやってきたツバメの家族はたった一つでした。 今はその家族が増えたのでしょうか?3個以上の巣があります。 親鳥は子どものためなら危険を顧みない 去年になりますが、外敵でもあるカラスが巣を荒らすために、防鳥ネットを雨樋に取り付けました。 脚立で巣の近くに近づいた時の

          渡り鳥であるツバメの巣立ちも近い。

          大豆の花が咲いた。水が必要になる開花期に突入。

          開花期の大豆は水稲よりも水分を要求する。大豆の花が咲きました。いつも感じることですが、控えめに咲く大豆の花は可憐です。 「   ふつくしい…  」 (誤字ではありません) 観賞に浸りたい気持ちはあるのですが、今の時期はやること盛りだくさんです。 梅雨で自分の間で圃場に入ることができませんし、雨がふると雑草は猛スピードで成長します。 除草。除草。けど、咲いてくれてありがとう。 大豆は乾燥に強く、窒素分も少なく育つ作物なのですが、花が咲く時には水分と窒素分が必要になります

          大豆の花が咲いた。水が必要になる開花期に突入。