可もなく不可もない『パーフェクトワールド 君といる奇跡』

タイトル通りの印象。
つまらなくはないけど、めっちゃ面白くもない。
理由は後述。

初恋の先輩と再会したら車椅子に乗っていた、
というところから始まるラブストーリー。

障害の残る体になってしまって相手に迷惑をかけたくないという
優しさと諦めの表裏一体な心理状態の岩田剛典と、
それでもすべてを受け入れていっしょにいたい杉咲花の
まっすぐな純愛が眩しい。

杉咲花の身に何かが起こっても、
今の自分の体じゃ何もしてあげることができないと悔やむ
岩田剛典の姿が印象的だったかな。

ただ、それだけであった。
ここがつまらなくはないけど、面白くもないところ。
せっかくの恋路なら、わかりやすい敵が欲しかった。

俺は、それが須賀健太や芦名星になると思ってたんだけど。
須賀健太は杉咲花の同級生役で、
てっきり「車椅子のやつなんかより俺にしろよ!」
ってグイグイ行くのかと思ってた。
芦名星は岩田剛典のヘルパー役で、
てっきり「あたしならあの人を支える覚悟がある!」
ってグイグイ行くのかと思ってた。

それぞれ好意はあったかもしれないけれど、
そんなそぶりはほとんどなく。
それがあると、もうちょっと楽しめたかも。

いい話ではあったけどね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくださってありがとうございます!
映画が好きなただのアレです。一時期、脚本家を志してスクールに通うも、思い通りの話にならなかったり、書いても何かのパクリのようになってしまうことに嫌気がさし、筆をおいてしまいました。でも映画は好きなので、ただひたすら観ようと思って観ています。最新映画の感想がメインです。