見出し画像

独り易学研究会 組合理事長からの電報に 風天小畜の巽為風に之く卦

さてさて、本日はと〜〜っても古い、今から77年前の昭和16年9月、易学研究より、無名の易者Nさんの易占例について考えて行きましょう。

今のように携帯電話は勿論の事、固定電話もあまり普及していなかった時代です。連絡を取る手段といえば、お手紙か、緊急でしたら電報、という手段しかないですよね。そのような中、5月早々のある日の事、山陽地方にお住いの、組合理事長さんから、その日の○時○分三宮駅着の汽車に乗って行くが、駅まで来て呉れ、との電報を、Nさんは受け取ったそうです。
理事長がそのまま東京へ行くのか、三宮で下車するのか、又はどのような用事なのか全く見当がつかず、かといって今の時代のように、メールなどで「ご用件は?」などと尋ねる事もできず、筮をして風天小畜の巽為風に之く卦を得られました。

さて、この結果につきまして、貴方なら如何解釈しますか?

私もこの、得られた卦をじ〜〜〜〜〜〜っと拝見いたしました。

この続きをみるには

この続き:996文字

独り易学研究会 組合理事長からの電報に 風天小畜の巽為風に之く卦

星マリア

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

素敵な1日となりますように✨
25
占い師歴33年。趣味=占い。特技=占い。得意分野は周易&霊視。HP『マリアの占い館』から溢れ出た文章をnoteに移動中。 HPマリアの占い館 http://mariafortune.web.fc2.com/