大統領就任式2つのシナリオ
見出し画像

大統領就任式2つのシナリオ

マレーの虎

シナリオ1:左派政権と独立戦争

ジョ・バイデンは20日の就任と同時に弾劾され、副大統領カマラ・ハリスが大統領に就任。彼女のバックには、ジョージ・ソロスの影が大きくちらつく。

そうなれば、米国は極左政権誕生で、日本の民主党と同じかそれ以上に、 ほぼ全国民が絶望するディストピア社会が実現する。

トランプ陣営はテキサス州の独立を皮切りに、共和党優勢で、トランプを 指示する州が集まって左派政権に反対し、米国の独立精神に賛同する集団が、国家を二分する独立戦争を起こす。

シナリオ2:緊急臨時軍事政権の誕生

実は今すでに、水面下でとんでもない大逆転劇が進んでいる可能性が非常に高く、トランプのバックですべての作戦計画を考えているのは、直家Goさんが言うAI頭脳である可能性が高い。

1月6日の暴動でバイデン&ペロシ&DS側は、トランプを見事にはめて、 大逆転で勝利したように表では見えているが、実際に大きな罠を、すべての計画を知った上で仕掛けたのはトランプ陣営だった可能性がある。

一つは、ドサクサに紛れてデルタフォースがペロシのPCを奪取。最終的に 犠牲者として選ばれたのが愛国者で元マリーンの女性軍人。

この犠牲者は配役を完全に間違えた可能性がある。

おそらく、この事件でバイデン側とトランプ側に別れていた軍内部が、団結する結果になった可能性がある。

それが、今、アメリカ全土は及ばず、世界中で起きている計画停電と大量逮捕劇につながってくる。

今、DCに集結している大量のアメリカ軍の目的は、宣誓の瞬間に関係者    一斉逮捕と全国一斉緊急放送に向けた準備の気がしてならない。

この動画の関西人浅ヤンのバイデン宣誓ギャグが、全世界中継の中で見らることになるかも知れない。

菅首相とビルゲイツが電話会談!?

最後に最近の日本に関する動きで心配な動画を発見したので、その動画を  注意換気の目的で貼って起きます。

米国の派手な闘争にかまけている場合ではない、日本の市民ユーチュバーは、米国大統領選挙以上の熱量で、自国の闇をあばく戦いをやらなければ、日本人の生存そのものが危うい!

国際情勢を知り、この大動乱を一緒に生き抜く仲間を募集中!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。励みになります。
マレーの虎
日本バブル経済真っ只中で感じた日本の危機。あれから、30年。 海外での長い生活から、今、はっきりと目に見える形で、 日本国家と日本民族は、存亡の危機にある。 http://www.reservestock.jp/page/step_mails/15814